Home > ブック > ノンフィクション > スリー・カップス・オブ・ティー

ブック
ご希望の本を探したり、買うことができます

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS

 
スリー・カップス・オブ・ティー 1

クリックで拡大表示

トラックバックはこちら

  1. スリー・カップス・オブ・ティー

グレッグ・モーテンソン、デイヴィッド・オリバー・レーリン(著)
藤村奈緒美(訳)

2010年03月25日 発売
ISBNコード 978-4-86113-941-3
体裁/B6並製・568ページ・束28ミリ

価格:1,900円+税

1杯目はよそ者、2杯目はお客、3杯目は家族

2001年9月11日、アメリカで4機の旅客機が、次々とビルに激突、または墜落した。
そのとき、敵地(アフガニスタン)にいた一人のアメリカ人青年は、世界中の大きな誤解"に気づいていた。

全米で360万部突破。ニューヨークタイムズ・ランキング30週間1位。ベスタセラーリストに154週ランクイン。
話題の感動ノンフィクションがついに上陸します。

この本をもっと詳しく知りたい方はこちら

トラックバック

このエントリへのトラックバックURL
トラックバックは管理者の確認後に公開します。
本エントリにリンクしていないトラックバック、およびリンクだけでコメントがないものは許可しません。

トラックバック URL
このリストは、次のエントリーを参照しています: スリー・カップス・オブ・ティー
トラックバック受信一覧
  1. 『スリー・カップス・オブ・ティー』

    スリー・カップス・オブ・ティーposted with amazlet at 10.04.11グレッグ・モーテンソン デイヴィッド・オリバー・レーリン サンクチュアリパプリッシ...
    モチベーションアップとメンタルトレーニングに生かすための読書日記 2010/04/24 18:19:52

  2. 『スリー・カップス・オブ・ティー』

    世界は誰かの一歩から変わり始める。ほんとうに。 ものごとにはすべて「現場」がある。それが実際に起こっている場所。大きな「変化」の物語は、それが起きた後に語られるから、しばしば上澄みの華々しいところばかりに目が向けられるし、現場の地道な歩みが見えてこないことも多い。だけど、世界の変化はつねに具体的なものだ。ビジョンや感動的な出会いや言葉だけでは変わらない。誰かが自分の足で小さな一歩を踏み出す。そこからすべてが始まる。たぶん、そこからしか始まらない。 『スリー・カップス・オブ・ティー 1杯目はよそ者、2...
    tacanoblog 2010/05/03 23:52:07

  3. アメリカの約束

    最近、本に埋もれています。貪るように読んだ本の中から特に印象に残っている本をひとつ。 「スリー・カップス・オブ・ティー」 グレッグ・モーテンソン デイヴィッド・オリバー・レーリン著 サンクチュアリ出版 ニューヨークタイムズのベストセラーリストに154週連続でランクインされたことも知らず「とてもいいから読んだら」・・・と先に読んだKUROからリレーされた本で ジャンルも、その中身についても何の前情報もなく、カバーもその中のイラストもとても好みだわ♪くらいの動機で読み始めた私。 とてもシンプルな解りやすい言葉と短いフレーズで書かれているので、すぐに読めるから、たくさんの方に読...
    よろず茶屋 2010/05/19 18:45:17

  4. 「スリー・カップス・オブ・ティ」グレッグ・モーテンソン

    スリー・カップス・オブ・ティーposted with amazlet at 10...
    【本ナビ】 一日一冊読書感想集 2010/11/22 19:11:04

おまかせ本選びサービス

ジャンル別書籍リスト

通販ランキング

RSS