「ホスピタルクラウン」 公式サイト


道化師と小児患者との間に小さな奇跡が生まれた。 「すべての子どもに笑いを」闘病中の子どもたちを無償で励ましつづけている、一人の道化師(クラウン)の手記。 つかの間の笑いが患者たちにやさしい風を起こしていく。

著:大棟耕介
発行/発売:サンクチュアリ出版
1400円+税
ISBN:978-4-86113-904-8
2007年2月9日発売

- ブログ -
- 最新エントリー -
{POSTIT4}
- カレンダー -
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2017年12月 次月>>
- ブログ内検索 -
 

サインについて
昔からショーのあとに、子どもにねだられてサインをしましたが、
こんなに本格的にサイン会をすることは初めてですし、とても戸惑いました。

一つは、純粋に恥ずかしい。

もう一つは、自分が生意気な売れっ子気取りしてみられないか、心配でした。

でも、自分の大切な人たちに本を読んでいただくうちに、感謝の気持ちが現れました。
その感謝の気持ちを、サインにすることは必要だと感じました。

少なくともサインをしているときは「Just For You !!」
本を読んでくれる人のための時間です。
病院訪問とすこしかぶりました。

考えが変わってからは、一生懸命サインしたくなりました。

皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

from 大棟耕介(クラウン“K”)


人気ブログランキングへ
| http://www.sanctuarybooks.jp/clown/blog/index.php?e=11 |
| from Clown K | 08:00 AM | comments (0) | trackback (1) |

ホスピタルクラウン
本日ラシックにてぶらぶら買い物をしていたら、衝撃的な本を発見!!僕のいとこ大棟耕...
| 名古屋育児日記 | 2007/03/04 10:25 PM |
 
PAGE TOP ↑