「ホスピタルクラウン」 公式サイト


道化師と小児患者との間に小さな奇跡が生まれた。 「すべての子どもに笑いを」闘病中の子どもたちを無償で励ましつづけている、一人の道化師(クラウン)の手記。 つかの間の笑いが患者たちにやさしい風を起こしていく。

著:大棟耕介
発行/発売:サンクチュアリ出版
1400円+税
ISBN:978-4-86113-904-8
2007年2月9日発売

- ブログ -
- 最新エントリー -
{POSTIT4}
- カレンダー -
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2017年10月 次月>>
- ブログ内検索 -

イベントレポート!
少し遅くなりましたが、
2月25日(日)に、いまじん中川戸田店で開催された
「ホスピタルクラウン」発売記念イベントの様子をお伝えします。
大棟さんたちが活動の拠点とする名古屋での開催ということで、
クラウンショーも一段と盛り上がりました。


棚一面に並んだ「ホスピタルクラウン」。赤い鼻の表紙がトレードマークなんです。


さぁ、クラウン“K”の登場です。さっそく子ども達が集まります。


みんなついておいで〜


足長の登場にこどもたちもびっくり!


クラウン“テルダー”さん。


ショーを始めるよ〜!特設会場には溢れんばかりのこどもたちや家族連れで大賑わいです。


得意技に、歓声があがります。


道具がつまったトランクが、即席テーブルに早代わり。サインがとってもかわいいんです。


また会おうね!

人気ブログランキングへ
| http://www.sanctuarybooks.jp/clown/blog/index.php?e=13 |
| お知らせ | 09:41 AM | comments (x) | trackback (0) |
『ホスピタルクラウン』感想
『ホスピタルクラウン』をお読みいただいた読者さんから感想のお手紙をいただきました!
_______________________________________


初めまして。
テレビで大棟さんのことを知りました。
その後、ネットで検索してこの本のことを知りました。
素敵ですね。大棟さんの考え方が素敵です。
「人に何かをしてあげている」という驕りがなく謙虚でクラウンとしての誇りを持って行動されていることが本を読んで強く伝わってきました。
私も『友達』になれたらと思わずにはいられませんでした。
(34歳・女性)


表紙の暖かさに思わず購入しました。
素敵な笑顔が沢山あって ほっくりしました。
こういう仕事って素敵だな、大変そうだけれど、素晴らしいお仕事だな、と感動しました。
子供が笑えないなんて 私には信じられませんが、そんな辛い毎日を送っている子供が沢山いるんですね。
その子供達に笑顔が戻るなんて、なんて素敵な事なんでしょう!
私もぜひお会いしたくなりました。
なので、HPを検索しました。
サイン会に出かけたかった、残念!
これからも 笑顔のために精進してください。
素敵なホスピタルクラウンに感動、そして乾杯です。
(46歳・女性)


私はこの本を読んで切なくなって泣きました。
クラウンという素晴らしい仕事でありながら、パッチの言葉にあった理想の世界が「道化師のいない世の中」という現実。
そして道化師の奥深さ。
非常にいい本でした、前から読みたいとは思っていたのですが、たまたま東京出張で時間が空き飛び込んだ渋谷の書店でサイン入り本を発見したので即買いました。
これからもクラウンというお仕事をがんばってください。
(31歳・男性)


働き始めてもうすぐ1年が経ちます。仕事に追われて自分でも笑顔を忘れている事、看護学生だった時の純な気持ちを忘れていることにふっと気づきます。そんな時書店で何気なく見つけた一冊。
すっと心に入ってきました。でも同時に考えさせられました。うまく表現できないですが。でもこの本に会えてよかった。
(21歳・女性)

 
本日、書店で貴著を購入し、一気に読ませていただきました。
「ぼくができるのは、ただ思うこと」−この一言に本当に心が打たれました。
大棟さまがたいへん真面目な方だということも伝わってきました。
後半のご自身の青春時代を語っているところは自分に重なるところもあり、共感をもって読ませていただきました。
病院の子どもたちの笑顔のために、これからの一層のご活躍を心から願っています。本当に素晴らしい1冊をありがとうございました。宝物にします。
(36歳・女性)

先日ホスピタルクラウンのオーディションがあるのを新聞で知り、応募したいなあと思いながら勇気と自信がなくて見送ってしまいました。でもオーディションに多数の応募があり、幅広い年齢層のさまざまな方達がチャレンジされた記事に感動し次回は私も応募してみたいと思いました。今は音楽ボランティアで老人施設を中心に回っていますが、笑いの必要性も感じています。まだ南京玉簾しかできませんがバルーンもしてみたいです。
(45歳・女性)


人気ブログランキングへ
| http://www.sanctuarybooks.jp/clown/blog/index.php?e=12 |
| お知らせ | 05:14 PM | comments (x) | trackback (1) |
サインについて
昔からショーのあとに、子どもにねだられてサインをしましたが、
こんなに本格的にサイン会をすることは初めてですし、とても戸惑いました。

一つは、純粋に恥ずかしい。

もう一つは、自分が生意気な売れっ子気取りしてみられないか、心配でした。

でも、自分の大切な人たちに本を読んでいただくうちに、感謝の気持ちが現れました。
その感謝の気持ちを、サインにすることは必要だと感じました。

少なくともサインをしているときは「Just For You !!」
本を読んでくれる人のための時間です。
病院訪問とすこしかぶりました。

考えが変わってからは、一生懸命サインしたくなりました。

皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

from 大棟耕介(クラウン“K”)


人気ブログランキングへ
| http://www.sanctuarybooks.jp/clown/blog/index.php?e=11 |
| from Clown K | 08:00 AM | comments (0) | trackback (1) |
書店について
今いろいろな書店さんを出版社さんと一緒に廻っています。

どこの書店さんも自分の本を平積みにしてくれていて、
すごく嬉しいですし、
すこし恥ずかしいです。

訪問はいろいろなパターンがあります。
普通の大棟耕介としてとしていくときと、
Kとして、じっくりパフォーマンスするときと・・・・・・。

どちらも楽しいです。そして嬉しいです。

from 大棟耕介 (クラウン“K”)

人気ブログランキングへ
| http://www.sanctuarybooks.jp/clown/blog/index.php?e=10 |
| from Clown K | 02:47 PM | comments (0) | trackback (0) |
サイン本が置いてある本屋さんです。

現在、話題沸騰中の『ホスピタルクラウン』ですが、
著者の大棟さんが、一冊一冊心を込めてサインをしてくれました!!

大棟さんのサイン本が置いてある本屋さんです↓

■旭屋書店池袋店
東京都豊島区西池袋1-1-25
東武百貨店池袋店プラザ館7階
TEL 03-3986-0311

■リブロ池袋パルコ店
東京都豊島区南池袋1-28-2
池袋パルコ7階
TEL 03-5391-8600

■紀伊國屋書店新宿南店3F
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
タカシマヤ タイムズスクエア
TEL 03-5361-3301

■ブックファーストルミネ新宿2店
東京都新宿区新宿3-38-2
ルミネ新宿 ルミネ2 5階
TEL 03-5339-8451

■文教堂書店渋谷店
東京都渋谷区渋谷1-24-10
TEL 03-5468-2431

■SHIBUYA TSUTAYA
東京都渋谷区宇田川町21-6
TEL 03-5459-2000

■大盛堂書店渋谷駅前店
東京都渋谷区宇田川町22-1
TEL 03-5784-4900

■ツタヤ三軒茶屋店
東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー2F
TEL 03-5431-7788


人気ブログランキングへ
| http://www.sanctuarybooks.jp/clown/blog/index.php?e=7 |
| | 09:08 PM | comments (x) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑