Home > 会社案内 > 代表からのごあいさつ

会社案内

ぼくが出版を志そうと思ったのも、本屋が好きだったというのがある。
本が好きっていうより、本屋が好きだった。
学生のとき、暇なら本屋にいって、
面白そうなものないかなっていつもぼんやり探してた。
 
本屋さんは宝箱みたいなところだと思ってる。
だから、毎日宝箱をあけて、宝物を確認しにいってたっていう感覚。
「いいの出ろ!」ってまるでおみくじを引くみたいな。
 
いっぱい本は読んだ。けど、もちろん面白いものばかりじゃない。
“いま話題の”って言われて読んでも、まあまあってのもたくさんあった。
でもね、すごい本って本当にすごい。
「自分にぴったりの1冊」に出会ったとき、
わーってなる。そうなるともう、衝撃だとか、感動だとか、
なんかそんな言葉じゃとても表現しきれないほどの、
泣き出しそうな、叫び出しそうな、とんでもない喜びがあるよね。
この感覚をふだん本を読まない人にも、読む楽しさを忘れちゃった人にも、
もっとたっぷり味わってほしいなと思いながら活動してます。
 
いままでも、そしてこれからも、
読者のみなさんと、本屋さんを愛してます。
どうぞよろしくお願いします。
 
サンクチュアリ出版
代表 鶴巻謙介
出版社の人間って、意外と読者と遠い。
18年出版という事業に携わらせてもらって、
こんな事を思います。

せっかく僕たちの本を読んでくれているのに、
本からなにを感じて、
どんなことを考えてくれているのか。

これらを知れる機会は非常に限られています。
だからサンクチュアリ出版では
「読者との出会いの場」をとっても大切にしています。
みなさんと出会って、いろんな話をしたい! 
直接会って「生の声」を聞くことが
本作りをする上で僕たちの一番の刺激になるからです。

「世界一、読者と近い出版社」をめざして。
これからも楽しいイベントをいっぱい企画しますので、
僕たちと出会って、
語り合って、
一緒に酒飲んで盛りあがりましょう!

サンクチュアリ出版
取締役副社長 金子仁哉