● メールマガジン バックナンバー

●バックナンバー一覧へ戻る●




□■本を読まない人のための出版社 サンクチュアリ出版■□
【このメールは“サンクチュアリ出版”のメールマガジンにご登録いただいている方、
サンクチュアリ出版社員と過去に名刺交換をさせていただいた方にお送りしています。】

━━━━━━━━━━━━━
サンクチュアリ・マガジン
第664号 2017.9.22
━━━━━━━━━━━━━

電車でパルプ・フィクション見てたら
となりの人に二度見されました。

バニラシェイク大好きー。
アメリカ担当の大川です!


このあいだ、住んでいる町が
マツコの番組で紹介されました。

カメを探している人とか、カメを拾った人とか
おにぎり食べてる人がでてきて
住人から見ても、うん、なかなかパンチのある内容。


翌日、テレビを見た人たちから

「あの町に住んでるんでしょ?」
「すごーい!かっこいい!」

と、ちょっと勝手に解釈したかはさておき
たくさんの人に話しかけてもらえて


ふだん

「レシートはいりますか?」

くらいしか、話しかけられる機会がなかったので
とっても嬉しかったです。


やっぱりマツコの影響力はすごいですね。



そんなこの町で
ワタシが今いちばん気になっているものが。


駅構内に
歯科医院や鍼灸院の「広告」が貼ってあるんですが
ひとつだけ、異質なものが混じってるんです。


枠の中には、3枚の写真だけ。

1枚目、ピラミッドの前で記念写真。(写っているこの人たち誰さ?)
2枚目、子どもと犬のツーショット。(えーっと、社長の息子かな?)
3枚目、会社の外で、社員の集合写真。(かろうじて社名が読めた)


会社名も、電話番号も、住所もいっさいナシ?
エジプト関係ないし!
子ども、なぜここに!?

と、ツッコミどころ満載。


この見せ方が、広告的にいいのか悪いのかは分かりませんが、

「広告だから、こういうフォーマットにあてはめよう」っていう

概念に全くとらわれていないのが
すごいなあと思いました。


結局、その会社名だけ覚えてしまったよ。
勉強になります。
--------------------------------------------


最後までお読みいただきありがとうございました。

オススメの映画があったら
「電車で見るならこの映画だろ!」係(kouhou@sanctuarybooks.jp)
までぜひお便りください。


以上、アメリカ担当の大川でしたー!


【TWITTER サンクチュアリ出版公式】
http://twitter.com/#!/sanctuarybook

【FACEBOOK サンクチュアリ出版公式】
http://www.facebook.com/sanctuarybooks


TO BE CONTINUED…

******************************************






⊂発行・配信元⊃
サンクチュアリ出版 (C) sanctuarybooks
●バックナンバー一覧へ戻る●