Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

自己肯定感

 
こんにちは、編集部のヨシダです。

みなさんは「自己肯定感」、持っていますか?

最近とくに、よく聞くようになった言葉ですね。
自己肯定感が高いと仕事も恋愛もうまくいく、とか、
子どもの自己肯定感は何歳までに育むのがベスト、とか。

簡単にいうと、「自分を大切にする気持ち」のことで、
自己肯定感が上がると、失敗してもなんとかなると思えたり、
楽しく、ラクに生きることができるそうです。

最近知ったこと。
それは、自己肯定感は、0から積み上げていくものではなくて、
はじめはみんな100持っていたものが、だんだんと0に向かって減っていく、ということ。

元々、人間は自分を否定するようにはできていないそうです。
赤ちゃんが、「こんなに母乳ばっか飲んでてごめんなさい」とならないように(笑)。

もう、膝を叩きまくりましたよね。
自信満々な人というのは、元の素質だと思い込んでいたので。

なので、わたしたちは、汚れてしまったコップの水に
また透明な水を注ぐ方法さえ知っていれば、
いつでも元のきれいな水を手に入れられるんです。

これを知って、スモークがかっていた景色が、ちょっとクリアに見えました。


こんな素敵なことに気付かせてくれたのは、カウンセラーの根本裕幸先生。
サンクチュアリ出版でのイベントも大好評でした!

読むだけで癒されて、気持ちが整理できるイベントレポートはこちらです!

http://sanctuarybooks.jp/webmag/20170920-1125.html
 
2017,09,20, Wednesday| 03:31 PM スタッフ日記

行くぞ!クライマックス!

 
こんにちは。

営業部の加藤です!


東京に引っ越してきて、はや5ヶ月が経ちました。




最近の週末はというと
友達と呑みに行ったり、ラーメン巡りをしたり、タコパをしたり、ライブに行ったり、ちょっと季節外れのBBQをしたり・・・


ええ休日を楽しんでます!


東京に来て、一番驚いているのがラーメンのレベルの高さです。
こないだ行った吉祥寺の「えんじ」はヤバかったです!!!是非、行ってみてください!






話は変わって、ペナントレースも終盤に差し掛かってきました。

今年のカープも強かったですね~
若手とベテランが上手く絡み合って圧倒的な強さでした。



ジャイアンツはというと、あの13連敗から
後半巻き返し、3位を狙える位置までやってきました。


でも、一昨日、昨日の中日2連戦はまあ酷かった。。。





一塁まで全力で走るとか、次の塁を狙う意識をもっと持つとか・・・

今年は技術以前にそういった気持ちの面で上位チームに負けている気がします。



泣いても笑っても残り約10試合?

全部勝つつもりで試合に臨んでほしいです。



GO!ジャイアンツ!!!














 
2017,09,20, Wednesday| 11:36 AM スタッフ日記

ゲバラって誰?

 
編集部の大川です。

「ゲバラってだれ?」

イモウトが真顔できいてきました。

え? まって、聞き間違えたかな。もっかい言って?

すかさず、かの有名なチェ・ゲバラのステッカーをイモウトに見せようと思いました。

見たら絶対、だれでも「あー!」ってなるやつだよ。
世界でこんなに印刷された顔って、他にないと思うよ。
てか、ゲバラ知らない人なんているの?
ほらこれだよ。
(頼む、知らないとは言うな!)

じゃーん!


「だれ、それ?」


(一瞬絶句。気まずい沈黙。)

その日は、ちょうどゲバラの写真展に行った日で
ゲバラが実はカメラが趣味で、世界各地を撮影したり(原爆ドームも訪れて写真を撮っていたのがびっくりした)
ゲリラ活動で極秘で入国するために、お爺さんに変装した自分の姿を撮った写真とかがあって、
そりゃあもうびっくり楽しい内容だったのです。

この感動を一刻も早く誰かに伝えたかったのに、完全に話す相手を間違えたよ。

でもワタシも、バルミューダ? え? 何それ? 
くらい、いろんなことを知らずにオトナになってしまったので、イモウトを責めるのはやめました。


会場は入場規制がかかるほどの混雑ぶりで、日本人ってゲバラ好きだよな〜と思いつつ
そういうワタシも、キューバ革命はなぜ起きたのか!? とか、共産主義とは何ぞや!? とか言われると
ちょっとまって、教えてグーグルってほどの知識だったので
こういうのをミーハーって言うんだなっておもいました。


ちなみに、この日のワタシにとっての革命は
女子トイレの列も、人気の食べ物屋の列も、1分たりとも並べないのに
入場規制の1時間待ちを、1人でおとなしく並べたことです。


ゲバラに関する映画とか一通り見直したら、またハマってしまい
いつもはキャップ派なのに、急にベレー帽を買いました。
これで私だけがゲバラとお揃いだと1人で大満足しました。

そしたら、なんか街中にベレー帽かぶった女の子が溢れていたので
ちょっと複雑な今日このごろです。
 
2017,09,20, Wednesday| 10:28 AM スタッフ日記

朝活えいごキャンペーン

 
​みなさんこんにちは!

サンクチュアリ出版で
副社長をさせてもらっています金子です。

普段は海外出版事業ワンピースブックスのため
ニューヨークに住んでいます。

そうそう!

最近、僕のアカウントでやっている
Twitter限定キャンペーンが
とっても人気なんです〜

【朝活えいごキャンペーン】というものです!

毎朝7時に英語クイズが出題されて
その日の夜に答えがTweetされていきます。

そのクイズに答えていって合計で10問正解すると、

サンクチュアリ出版の本を
どれでも1冊プレゼントしちゃうという

太っ腹なキャンペーンなのでーす♬

例えばこんな感じの問題です。

《朝活英語》
正しいのはどっちかな?
最高に楽しかった!
①I had a blast!
②I had fun!

さあ!
正解はどっちだと思います??

こちらが僕のTwitterアカウントです。

ぜひ挑戦してみてくださいね。

https://twitter.com/SANCTUARY_JINYA
 
2017,09,20, Wednesday| 02:04 AM スタッフ日記

感動の詩「最後だとわかっていたなら」を朗読して欲しい有名人を募集!

 


著者のノーマ・コーネット・マレック氏が、事故で亡くなってしまった息子さんに捧げた詩。
発売から10年を迎える詩集「最後だとわかっていたなら」10年たった今でもたくさんの人に愛され続けています。

最近では、小林麻耶さんがブログで紹介してくださいました!

何度読んでも涙が出てきて、「今この瞬間に、家族のことを全力で大事にしよう」って思わせてくれる素敵な詩です。

この最後だとわかっていたならの詩を、「この人に朗読してもらいたい!!」という有名人がいたら教えてください!
詳細はこちらから

http://www.sanctuarybooks.jp/roudoku/?&utm_medium=web&utm_campaign=web&utm_source=topmini

ご応募お待ちしております!
 
2017,09,15, Friday| 11:31 AM スタッフ日記

ぼんだんす

 
こんにちは! 営業部の内山です。

9月に入りました。暑さも少し和らぎましたかね。
暑さが苦手な私にとって、ようやく秋が来てくれた~というかんじです。
でも、子供の頃は毎年その季節を思いっきり満喫していたように思います。
夏はアイスとスイカと海水浴と花火と盆踊りと…。
出不精&人混みニガテな性格があいまって、
近所のお祭りにさえ足を運ばない昨今、
せめて動画で夏を楽しもう(笑)と、YouTubeでお祭り動画を見ていたら、
なんと「Bon Dance」なるものが!

!?

ぼんだんす?


なつかしの昭和のレトルトカレーかと思いきや、それは「盆踊り」のことでした。
見ると、さまざまな国で「Bon Dance」を踊る動画が!

ヨーロッパのキレイな芝の公園でソーラン節を踊る方々や、
マレーシアでは巨大なやぐらの回りを囲んで、
うちわ片手に踊る人々の様子に迫力があったり…。

どの動画も、本当にみなさん楽しそうに踊ること、踊ること。
盆踊りが楽しいのは、もしかしたら万国共通なのでしょうね。そう思いました。

私は個人的に
「つっきがぁ~、出った出ぇたぁ、つっきがぁあ出たぁ、っあよいよい♪」
(曲名が出てこず、すいません)が好きです。
動画を見て、この曲が流れると「懐かしいなぁ」と子供の頃を思い出しますが、
この動画の方々も、こう思う日が来るのかなぁと思うと、
なんだか不思議な感じがします。
そのうち盆踊りもその国によってアレンジされ、
ちょっと違ったものに変化したりして。
来年は動画ではなく、ちゃんと盆踊りに行こうかなと思います。
 
2017,09,11, Monday| 02:35 PM スタッフ日記

サイゼリヤに行きたくて仕方なくなる

 
宣伝チーム・ミーハー担当の岩田です。

先日、宣伝チームの飲み会で「サイゼリヤ」に行ってきました。

なぜいまさらサイゼリヤなのかというと、作家の村上龍さんが生まれて初めてサイゼリヤに行かれた時の様子をエッセイに書いていて、その内容がなかなかすごいというので宣伝チーム内で話題になりまして、まあ要は「サイゼリヤって、マジ、安くて美味いよね」ということをみんなで再確認しに行ったわけです。

サイゼリヤには個人的にもよく行くのですが今回改めて、いろんな気付きがありました。

・サイゼリヤは予約ができない
※郊外店など予約可能なお店もある

・サイゼリヤはいつも混んでいる

・サイゼリヤは4人でさんざん食って飲んでも会計1万円くらいだ

・サイゼリヤの生ハムのクオリティが半端ない

・サイゼリヤにはハイボールが置いてない

・安いと思って調子に乗って頼みすぎるとテーブルの上がとんでもないことになる


そんなサイゼリヤ飲み会から1週間ほどたったある日のこと。
銀座にいた私は、なぜか猛烈に「リゾット」が食べたい気分になり、「銀座 イタリアン リゾット」などのキーワードでお店を検索しまくった結果
最終的に、サイゼリヤにいました。

この日のサイゼリヤもめちゃくちゃ混んでたのですが、
なぜサイゼリヤがこんなに混むのかわかった気がします。

要は「もう、新しい店を開拓するのがめんどくさい!!!」んです。

値段はいくらくらいなのか??
味はどうなのか???
一人でも入りやすいのか???

これらを乗り越えてまで新しい店に入る気力がないのです、年をとると・・・。
もちろん、サイゼリヤのリゾットはめっちゃ美味しかったです!

読むときっとサイゼリヤに行きたくなる!

https://ameblo.jp/tomtomcolors/entry-10877545392.html
 
2017,09,04, Monday| 12:27 PM スタッフ日記

RSS


ページのトップへ戻る

  • 最新情報 What's New
  • スタッフブログ
  • 各種出版サポート業務
  • 求人情報

© sanctuary publishing inc .all rights reserved
このサイトに掲載している記事・画像等あらゆる素材の無断転写・転載を禁じます。