Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ::スタッフ日記

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

私たちと一緒に働きませんか??

 
本を読まない人のための出版社・サンクチュアリ出版では今年も一緒に働いてくれるスタッフを募集します!
後期は2018年度新卒社員(準新卒も含みます)、2017年度中途社員、長期アルバイト、外国人スタッフを同時募集したいと思います。
ぜひ一緒に働いてみませんか??
未経験でも応募できるポジションもあります!

求人情報の詳細についてはこちらへ
http://www.sanctuarybooks.jp/company/recruit_pc.php

こんな社員向けイベントをやったりと、社員同士が和気あいあいとした社風です♪
※新年会でチキンレースを開催しました!

http://www.sanctuarybooks.jp/staffblog/index.php?e=892

 
2017,10,20, Friday| 04:55 PM スタッフ日記

泣くほど痛いのに家族から笑われるケガとは?

 

編集部の橋本ケイスケです。

とある占いの本に
“今年一年はなんにもいいことが起こらないから流木のようにただながされて生きなさい”
みたいなことが書いてあったので、
注意深く周囲を観察し、虫のようにじっと息を殺しながら、
日々を暮らしていたのですが、
ちょこちょこ動き回っていたせいでしょうか
人生二度目のギックリ腰になりまして。
ギックリ腰にもいくつか種類があるらしいのですが、
後日お医者さんから「肉離れタイプだね」と教えていただきまして
ぐぐったら、「一番痛いやつ」って書いてありました。
道理で、痛いわ。
仰向けで寝た状態から1センチ身体を動かしただけで
背骨のまわりの筋肉繊維をニッパーでバチン!と切られたような
激烈な痛み(グロ表現ごめん)が走った。
動けば痛すぎて吐きそうだから、前述のとおり、流木にならざるを得ないんです。
流木らしくしよう。
少しでも流木らしくない行動を取れば、地獄の苦しみを味わいますから。
もう本当に僕は流木です。
ごめんなさい僕は流木ですごめんなさい。何度唱えたかわからない。
でもそんなときに限って、クシャミが出そうになる。
目を見開いて阻止する。たぶん顔中の血管が浮き出ていたはずですが、
ただどれだけこらえても我慢できないものはできなくて
無情にも、
ファクショーイ! 
ギャア!! イッデエアアイ!! オヨヨヨヨヨ…

で、これは本当の話で私、
1歩の所要時間30分くらい。
尿意をもよおしてからトイレにたどりつくまでに、
マジでひと晩かかりました。どんだけの豪邸だよと。
ジョオッと用をたしながら、明るい日が差すトイレの中、
ここはエベレストかなそれとも月面かしらという気分で、
あまりの達成感の大きさにこらえきれず泣きましたよ。
そんな中、文字通り命がけで入稿した
思い出深い本が
『犬が伝えたかったこと』三浦健太著です。
寝たきりになったぼくをはげまそうと
うちの愛犬も何度もぼくの身体に寄り添ってくれました。
そのたびに
イタイカラヤメテー
と哀願しているのに、
犬はずっと不思議そうな顔。

犬ってかわいいですね。

ぜひお店で見かけたら、お手に取ってみてください。


 
2017,10,18, Wednesday| 06:27 PM スタッフ日記

リアルスタの悲劇

 
営業部の二瓶です。

テレビでさかんにアマゾンプライムビデオやnetflixの宣伝をやってますが
テレビは本当に大丈夫なのでしょうか?


その昔、ラジオが世の中に出現した時、無料放送だなんてありえない!と皆思ったそうですが
共存共栄し音楽業界は発展しました。


ラジオ、テレビ、ネットと時代は移り変わり、淘汰されるものは淘汰されて
残るものは残りました。そう、ビデオキルドレディオスタの世界ですね。


だけど、変わらず言えることは、
良いものはお金を出してもほしい
イラないものは無料でもいらない
ということだと思います。


コンテンツを作る我々は肝に命じないといけません。



ネットに対抗できるのはリアルという説もありましたが
それだけでもないと思います。

単純に、人はお金を払う価値があるものにはお金を払うのだと思います。


そんな時代の中で、作られていくもののクオリティが高まっていくことを
願います。



 
2017,10,17, Tuesday| 09:09 PM スタッフ日記

16日(月)にトークイベント開催させていただきます!

 
つるりん'17@社長です。
みなさま、季節の変わり目、お元気でいらっしゃいますでしょうか?

さて、今日は告知をさせていただきます。
来週16日(月)19:30より、弊社1階イベントスペースにて、久しぶりにお話しをさせていただきます。

http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1458&cal=&c=20171015-20171016

サンクチュアリ出版の成り立ちや、どんな考えで出版活動を行っているのかなど、読者の皆さまにざっくばらんにお伝えできればと。
出版に関して聞きたいことがあれば、ご質問もどしどし受け付けたいと思います!

サンクチュアリ出版に興味があるという方、ぜひお待ちしております♪
終了後、ちょっとした懇親会もございます。たくさんの方とお話しできれば嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします!
 
2017,10,12, Thursday| 06:04 PM スタッフ日記

結婚一年生2018年版が印刷中です!

 
こんにちは。
編集部の小林です。

今回は新刊のご案内です。
2008年に発売され、たくさんの新婚さんに読まれてきた
『結婚一年生』(入江久絵 著)が、このたび内容を更新して“2018年版”として発売することになりました。

著者であるイラストレーターの入江さん(ちょっぴり天然!?)と一緒に
「お金のこと」「健康のこと」「マナーのこと」「家事(料理・掃除洗濯・収納)のこと」を
楽しみながら学んでいただけるコミックエッセイです。
いちばんわかりやすい結婚生活の教科書として、ご友人へのプレゼントにもおすすめです。

ぜひ書店で手にとっていただければ嬉しいです☆


 
2017,10,11, Wednesday| 04:20 PM スタッフ日記

I❤SONGS

 
3連休 疲労困憊…
象ってデカいよね。経理部 ナリです。
あのね、経理部に新しい仲間が加わりましたよ。フヘヘ。


本日もお歌をご紹介します。
がっちり、偏ったお歌ばかりなのでこのお歌なんで聞いてないの??があったら教えてね。
即座に聴くから!

■The Beatles - TAXMAN
ビートルズのメンバーで一番好きなのはジョージ・ハリスン。最高かよ!

■Gilbert O'Sullivan - Alone Again
■Gilbert O'Sullivan -Get Down
とっても有名なお歌ですね。ってか、オサリバンって苗字カッコよくね?

■RUN-DMC - Walk This Way
原曲はみなが知っているAerosmithさま! - Walk This Way

■Maia Hirasawa - Boom!
テンション上がります。

■布施明 - 君は薔薇より美しい
「ああああ~君は変わったぁ~~~~~~」って言いたい。

あぁ世界は名曲で溢れている!フヘヘ!!
 
2017,10,10, Tuesday| 10:57 AM スタッフ日記

サンクチュアリ出版 20周年まで あと

 
経理部のあっきーなです!

私達サンクチュアリ出版は、2018年9月1日で20周年を迎えます!👏
あと330日くらいですかね。

20年前はスタッフが二人の時もありましたが(笑)、、、

今は30名近くのスタッフが一緒に働いてくれています!!


もちろん全員がずっと同じメンバーではないし、

卒業して新たな道を進んだ方もたくさんいて、そして新たに参加してくれる人もいっぱいいて、

いろんなスタッフの方々が、いろんな力を発揮してくれて、

今のサンクチュアリ出版が20年あるんだなと実感しています。


もちろん、出版社としてやってこれたのは、

これまで累計830万部を超える本を愛読して頂いた読者の方々のおかげだし、

皆様と本を通じてつながりを持てたことに、大変感謝しております。



元々、会社をやりたいという理由で始まった集まりでもないし、

出版なんて右も左も分からない状態から、みんなで切磋琢磨して、

たまにはケンカしたり、号泣してみたり、逃亡してみたり(逃亡したのは私です・笑)、、、

みんな疲れ果てて打ちのめされたりした時があっても、なんとかここまで続けることが出来たのは、

たくさんの人達との出会いがあって、そのたくさんの人達と心を通わせてもらったからだと思っています。


20年前、本格的に社会人として世に出ていく時に、先輩方から教えてもらって共通していたのは、

『仕事で一番大事なのは、人との繋がり』だからという事。

今20年振り返ると本当にそうだなと実感しています。


これからも、みんなとの繋がり、読者の方々との繋がりを大事にしながら、

まずは20周年に向け、1歩1歩進んでいけたらと思います。


 
2017,10,05, Thursday| 06:38 PM スタッフ日記

RSS


ページのトップへ戻る

  • 最新情報 What's New
  • スタッフブログ
  • 各種出版サポート業務
  • 求人情報

© sanctuary publishing inc .all rights reserved
このサイトに掲載している記事・画像等あらゆる素材の無断転写・転載を禁じます。