Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ::アメリカのりんごランキング

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

アメリカのりんごランキング

 
みなさんこんにちは。
サンクチュアリ出版で副社長をさせてもらってます金子仁哉です。

海外出版事業部ワンピースブックスのため、普段はニューヨークにいます。

あ、今度こんなステキなサービスを始めたのでチェックしてみて下さいね。
掴め!アメリカン・ドリーム!

海外自費出版サービス
http://www.sanctuarybooks.jp/usabook/

そして本題です。

最近、わたし。
リンゴに夢中です。

1日に一個は必ず食べています。
多いと3個は食べています。

うまい!
うまし!
りんご!

これぞマイブーム!

先日はわざわざレンタカーを借りて、
リンゴ狩りに出向き大量のりんごを購入してきました。

そういえば、うちのロバート君が言ってましたね。
アメリカでは、リンゴが赤くなると医者が青くなる。なんて。

「An apple a day keeps the doctor away(1日1個のリンゴで医者要らず)」
ということわざもあるのだとか。

まさにスーパーフードですね!!!

とういうわけで、今回はアメリカのリンゴについてランキング形式で調べてみました〜

第5位

GALA


だいたいどこのコンビニに行っても必ず置いてあるリンゴです。
赤いストライプが特徴で見た目が美しい。
日本のリンゴと比べると少し小さいサイズですね。
なので朝食代わりにするなら、2つは食べたいところ。
味は香りも良くて甘みもしっかりあります。
食感も程よくあって、思わず丸かじりしたくなるリンゴです。
日持ちもするらしくて、20日くらいは保存可能だそうです。



第4位

RED DELICIOUS


キラキラピカピカのディズニーとか、おとぎ話に登場しそうなリンゴです。
世界三大リンゴのひとつらしくて、メジャー感たっぷり。
味も安定感がありますね。完熟すると味はマイルドになるそうです。
これぞ海外のリンゴ!って感じがするので好きです。
でも調理すると香りが消えるらしいので、注意です。


第3位

Pink Lady


まずネーミングが素敵ですよね。
あ。
もしかして、あのピンクレディーはこのリンゴが由来なのかしら??
(と思ったらカクテルの名前から付けたそうです。)
私はリンゴはPinkLadyしか食べない!って人も結構います。
私の英語の先生もこのリンゴが大好きで、ランチに必ず食べているそうです。
甘すぎず、酸っぱすぎず、後味もさっぱりしているので、飽きない美味しさってやつですかね。



第2位

Honey Crisp


このりんごは、すっごく美味しいですが、すっごく高いです。
近所のスーパーではオーガニックのHoneyCrispがなんと1個5ドル(600円)します。
リンゴひとつに600円ってありえませんよね。
だた味は抜群です。
程よく歯ごたえもあり、甘くて、後から押し寄せる酸味が絶妙なハーモニーを奏でてくれます。
大きさもあるので食べごたえも十分にあります。
これで値段がもう少し安ければ最高なんですけどね〜


第1位

Fuji


やっぱりふじですよ!
ニューヨークのスーパーマーケットで初めてこのリンゴを見たとき、やっぱり日本はすごい!と何だか誇らしく思ったのを覚えています。
甘さよし!
酸味よし!
歯ごたえよし!
これで決まり!
あ、でも“むつ”はニューヨークでみかけませんね。不思議。


以上アメリカの美味しいリンゴ達でした。
 
2017,12,07, Thursday| 07:32 PM スタッフ日記

RSS


ページのトップへ戻る

  • 最新情報 What's New
  • スタッフブログ
  • 各種出版サポート業務
  • 求人情報

© sanctuary publishing inc .all rights reserved
このサイトに掲載している記事・画像等あらゆる素材の無断転写・転載を禁じます。