Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ::手ぶらで生きる。

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

手ぶらで生きる。

 
営業部の二瓶です。

春ですね!

ポカポカ暖かいこんな日は、
軽装で、何も持たず、手ぶらで出かけたくなります。

近頃はキャッシュレス化の影響もあり、本当に手ぶらで出かけやすくなりました。

先日、営業で終日外を回る日に、たまたま財布を忘れてしまったのですが、移動も、食事も、買い物も、ピッとPAYすることでなんとかなりました。

キャッシュレス化で、なにが良いかって、会計して、合計金額を聞いて、財布の中からお金を探して、財布の中からお金を取り出して店員さんに渡して、店員さんからお釣りを受け取って、それをまた財布にしまう手間が省けることで、それによりレジ渋滞も緩和され、お客さんも店側もハッピーなのは間違いありません。

キャッシュレス化が進む中国では、おじいちゃんが孫にあげるお年玉も、現金ではなくウィチャットペイで送るそうですよ。街の物乞いは首から寄付用のQRコードを下げててそこから寄付できるそうです。

そもそも、私たちが、手ぶらで出かけられるのは、スマートフォンの存在と、インターネットをはじめとしたインフラが整った環境の恩恵によるものなのは間違いありません。

しかし、こんな便利な世の中になる前から、
ミニマリスト的な考えの人と、
マキシマリスト的な人というのはいたわけですよね。

今から7〜8年くらい前になりますが、弊社で大橋禅太郎さんの本を刊行した時、禅太郎さんと一緒に書店さん周りをさせてもらったことがありました。
その時、禅太郎さんは手ぶらでした。そして、ズボンの後ろポケットに1冊文庫本を入れていたのがとても印象的でした。


さてさて取り留めもない話になってしまいましたが、
5月7日にこんな本が発売されます。

手ぶらで生きる。 見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法



4月27日には弊社のイベントスペースで著者の発売記念トークライブを開催します。

http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1659

ぜひ、手ぶらでご参加ください。




 
2018,04,03, Tuesday| 01:40 PM スタッフ日記

RSS


ページのトップへ戻る

  • 最新情報 What's New
  • スタッフブログ
  • 出版サポート業務
  • 求人情報

© sanctuary publishing inc .all rights reserved
このサイトに掲載している記事・画像等あらゆる素材の無断転写・転載を禁じます。