Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ::THA GIFT

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

THA GIFT

 
営業部の二瓶です。

弊社には毎年、クリスマスにサンタクロースがやってきます。
12月24日の朝、会社に行くと皆それぞれのデスクにプレゼントが置かれています。

心優しい男の仕業なのですが、
毎年、その彼の商品チョイスに驚愕しつつ、「何だかんだ、有り難いな」と思いつつ、
同時に毎年「なるほど、世の中のプレゼント需要っていうのはこういうものなんだな」とつくづく思うわけなんです。

自分ではお金出して買うことはない。ようなもの、
誰が買うんだろうなと思うようなものでも
プレゼントだと成り立つ
ってことがあります。

例えば本だったら、
本を買う人の目的って
A 娯楽として楽しみたい
B 知識をつけたい
とかが主なニーズですよね。

それに加えて
C 人に贈りたい
っていうニーズが少なからずあるんですよね。


世の中には、プレゼントも、お土産も、文化として立派に成り立ってて、
プレゼントや、お土産に特化した製品を製造・販売してる業者もたくさんあります。
そこには、自分用で楽しむのではなく、人に楽しんでもらうという設定で
作られるモノたちのルールがあります。

お土産なんかも、自分用にはこの値段では買わないでしょ、という価格のものが
たくさんありますよね、でもお土産ではその価格がニーズなわけです。

ギフトブックでも高額なのがよくありますが、自分では買わないけど、ギフトならちょうどよいわけですね。


そんなことを考えていたら、ギフトブックに特化した本っていうのも面白いなと思いました。

人に贈るためのビジネス書
人に贈るための実用書
なんてのもあってもいいのかもしれません。
高額で、それなりにちゃんとしてて、人に贈るために作られてるようなビジネス書(実用書)。
悪くない気がします。



今年も残す所あと2ヶ月
今年のクリスマスは、大切な人に本を贈ってみませんか?

弊社でもギフト向きの本がたくさん揃ってますよ



 
2016,11,01, Tuesday| 10:36 PM スタッフ日記

RSS


ページのトップへ戻る

  • 最新情報 What's New
  • スタッフブログ
  • 各種出版サポート業務
  • 求人情報

© sanctuary publishing inc .all rights reserved
このサイトに掲載している記事・画像等あらゆる素材の無断転写・転載を禁じます。