Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ::プロは、言葉で「一目ぼれ」させている。

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

プロは、言葉で「一目ぼれ」させている。

 
みなさま、こんばんは。
サンクチュアリ出版 編集部の滝啓輔です!

最新の担当作『イラッとされない ビジネスメール 正解 不正解』が出て、1か月ほど。
おかげさまで、本の内容に関連する記事を、いくつものニュースサイトに載せていただきました。

イラッとするメールを書く人が知らない作法
「失礼なメール」を送る人が知らないNG表現
「メールのトラブル」を減らす書き方のコツ(ここまで東洋経済オンライン)
メールで損する"キラキラ署名"という地雷(プレジデントオンライン)

これらの記事の「見出し」、じつはそれぞれのサイトのご担当の方が、知恵を絞ってつけてくださっています。
私や監修者の方も、いちおう見出しの案をつけて記事を提案しているのですが、
いつもいつも「そう来たか…」と、思わず読みたくなる見出しになって戻ってくるのです。

ニュースサイトには毎日数本〜数十本という単位で、ライバルとなる記事がアップされています。
もちろん、それぞれのニュースサイト同士も、言うまでもなくライバルで。
そんな状況の中、一瞬で読者の心をつかむ。
プロは、見出しという言葉で、読者に「一目ぼれ」させているんだなと思います。

本のタイトル、あるいは帯に書かれるコピーを考えるときも、同じように知恵を絞らねば。

以上、この1か月、色々学ばせていただいた、
サンクチュアリ出版 編集部の滝啓輔でした!
 
2017,07,04, Tuesday| 05:00 PM スタッフ日記

RSS


ページのトップへ戻る

  • 最新情報 What's New
  • スタッフブログ
  • 各種出版サポート業務
  • 求人情報

© sanctuary publishing inc .all rights reserved
このサイトに掲載している記事・画像等あらゆる素材の無断転写・転載を禁じます。