Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

1月10日締切!賞金10万円! サンクチュアリ出版フォトコンテスト2018 

 
賞金10万円! サンクチュアリ出版フォトコンテスト2018 今年もやります!



応募はスマホなどで撮った写真をSNSにアップするだけ!

あなたが撮影した
"熱く生きている人"
"人生を楽しんでいる人"
"仕事をがんばっている人"
の写真を送ってください。
入賞作品は、サンクチュアリ出版のトップページのバナーとして採用させていただきます!

応募・詳細はこちらから
http://www.sanctuarybooks.jp/photocontest/
 
2017,11,29, Wednesday| 04:31 PM スタッフ日記

充実時間

 
こんにちは!
営業部の内山です。

先日、部屋で掃除機をかけていたとき、掃除機の先端が傷だらけになっていることに気がつきました。
実はこの掃除機、もうかれこれ20年以上は使用しています。
まだまだ現役でいけそうですが、そろそろいいかげん専用の紙パックも無くなってくるころなので、買い換えなくちゃなぁと思っています。

私は家電の購入はだいたいいつも家電量販店ですが、お店が空いている時に行くと、よく店員さんと話し込んでしまうことがあります。
私は人見知りな方なのですが説明好きな店員さんに出会うと、その豊富な知識に感動してどしどしと質問してしまいます。

そうすると説明好きな店員さんのスイッチがオン!!

各メーカーの商品の歴史から開発に至るまで、
たとえば、前の商品について、売り場でのお客さんの反応&要望から改善、ついにこの新商品ができました!
ちなみにこれを活かしたべつの商品がこれで…と次々と商品が紹介されてゆきます。
以前あったのが、洗濯機のことを聞いているうちに→扇風機→除湿機→そして冷蔵庫売り場へと移動。
洗濯機のことはすっかり忘れていた…なんてこともありました(笑)。

掃除機購入時、そんな充実した(笑)時間をまた過ごせるといいなぁと、ひそかに楽しみにしていたりします。
家電量販店の店員さん、よろしくお願い致します。。。
 
2017,11,27, Monday| 11:08 AM スタッフ日記

話が合うということ

 
ミーハー担当の岩田梨恵子です。

先日、お仕事で知り合った方に誘っていただき、ランチをご一緒してきたのですが、会うのが2度目とは思えないほど、話が合う〜〜〜〜!!
なぜかというと、その方と私の環境がとても似ていたからです。

共通すること

5歳娘と2歳息子がいる
夫婦ともにマスコミ関係
夫婦ともに実家が遠く援助が得られない
年齢が近い(1学年違い)
以前その方が働いていたのがサンクチュアリ出版の関係会社なので共通の知人がいる

などなど。

ママ友はたくさんいれど、ここまでピッタリ環境が一緒の人はいない!!ということで、育児の「あるある話」で大変盛り上がり、お別れするのが名残惜しくて次回はぜひ家族で一緒に遊びましょう!と約束したほどです。

ま、1つ違いがあるとしたらその方の旦那さまは、土日お休みということくらいです。
(羨ましい・・・うちの夫はほぼ土日不在)

環境が同じ人とは話が合うの法則。

これは、子どもを出産してからつくづく感じることで、「子どもが同じ歳でしかも同じ日生まれ」というママと、以前たまたま保健所の母子学級で
隣になった時にはそれだけで一気に仲良くなったものです。

ぜひ、土日旦那がいなくて2人育児てしてる、という方はお友達になりましょう!
きっと話が合うはずです!!
フェイスブックで検索プリーズ!!
 
2017,11,24, Friday| 04:05 PM スタッフ日記

7回目の

 
こんにちは、編集部のヨシダです!

昨日、数カ月前から行きたくて
うずうずしていた所に行ってきました。


呼吸して、歩いているだけで、
心がひたひたに満たされる場所。

それは、、、




どーーん!
筑波山(からの眺め)です。

実は、筑波山が好きすぎて、
かれこれ7回目の登頂。笑


わたしが筑波山をこよなく愛する理由を、
勝手にランキングで紹介します。


第5位 日帰りで日本百名山に登れちゃう
(877mの低山なので、1時間半ほどで登れます。
キツすぎず、ラクすぎずでちょうどいいです)

第4位 山頂からの絶景
(晴れた日は関東平野が見渡せて、だいたいのことは大丈夫な気がしてきます。
山頂の景色が残念な山、意外とありますよね)

第3位 人の数がほどよい
(高尾山ほど混んでないです。子どもや犬と登っている人も多くて和みます)

第2位 初心者でも安心安全
(木が多いから日焼けしにくい、トイレがきれい、おいしい食堂、
ケーブルカーやロープウェイで最悪ショートカットできる←大事)

栄えある第1位、、、それは
ふもとの筑波山神社に縁結びの神様がいて、山そのものが御神体なこと!

木に、道に、いい気が流れているのが、
素人?の私にでもわかります。
そして毎回、下山したあとは、
ちょっとしたいいことが起こります。

ビバ筑波山!

というわけで、
恋愛のパワースポット筑波山のように、
恋愛のパワーブックになれたら、と思いを込めてつくった本が、
12月7日から発売します!

「最速で出会いが増える顔になる」高橋あい


メイクや見た目をちょっと変えるだけで、
恋人ができたり、運命が変わっちゃう本です。

恋愛のお守りとして、ぜひ手元に置いていただけたらうれしいです!
 
2017,11,20, Monday| 06:24 PM スタッフ日記

たぶんあきですね

 
こんにちは。
デザイナーのしんぱちです。

芸術の秋ももう終わりに近くなってきてますが、
少しは芸術にでも触れておこうと思って、
「安藤忠雄展」を見ようと国立新美術館に行ったのですが、
行ってみたら休館日でした。

昔からこのパターンがすごく多くて、
国内の大きな美術館も、海外旅行で行く美術館も、
小さな写真展やカフェでやってる個展など、
行ってみたら大体、休館日か定休日という…。
なかなかお目当ての展示を見ることができません。

調べてから行けよって話なんですがね。
休館日ってけっこう下の方に小さく書いてあるので、
「よし!行くぞ!」ってテンションが高まってると、
つい見逃してしまうんですよね。

ま、でも、そのおかげで近くでやってる
あまり気にしてなかった個展に気づいたりして、
そこで思いがけずすばらしい出合いがあったりするので、
それはそれでいいのかなとも思います。

安藤忠雄展にフラれた日も、
気を取り直して行った東京都写真美術館で見た3つの展示がすごくよくて、
特に気にとめてなかった「写真新世紀展2017」は、
審査員が変わって選ばれている作品の傾向が大きく変化しているような感じがして、
人と時代と地続きにある写真というものについて考えさせられる良いきっかけになりました。

そういえば、
いま、サンクチュアリ出版でもフォトコンテストをやってるみたいなので、
興味のある人はチェックしてみてください。

 
2017,11,19, Sunday| 11:34 AM スタッフ日記

はちゅうるいがお好きでしょ?

 
こんにちは!

営業部の石川です。

爬虫類ってお好きですか?
苦手な人も多いと思います。
僕も触れ合ったことが全くありませんでした。

猫カフェ、ふくろうカフェ、うさぎカフェなど
いろいろな触れ合い系のカフェがありますが、
先日、はちゅうるいカフェに行ってきました。

こんな感じや、



こんな感じと触れ合ってきました。


結論だけ言います!

とっても、かわいいです!
何とも言えない触り心地とクリクリの目!

エサが、アレ(虫)なので飼うのは無理ですが、
思ったよりも、いい感じでした。

次回はヘビにチャレンジしようと思います!
 
2017,11,15, Wednesday| 08:32 PM スタッフ日記

私がだれよりも誇れること。

 
こんにちは!編集部の宮崎です。


社会人になって10年以上。
まだまだ自分の力不足を感じる毎日ですが
これだけは同世代の誰よりも知識と経験があるんじゃないだろうか――と思うことがあります。


それはズバリ、電車通勤です。
片道1時間半かけて都内に通勤しています。
90分の通勤で、何よりも大事なこと。
それは座ることです。


えっ? そんなこと?って思ったあなた、映画一本分を立って観られますか?っていう話ですよ。
毎回殺るか殺られるかの死闘を繰り広げていると言っても過言ではありません。


電車通勤ネタは本当にたくさんあって、絶対にすべらない私の十八番です。
途中駅で降りる人を見極めるコツや
空いている車両の選び方など、長年のノウハウが蓄積されています。


あと、電車は人間観察の絶好の場でもあるんです。


その中でも今日はよく見る人種でユニークな方々についてご紹介しましょう。




① 降りそうで降りないソワソワBOY

座っている人で、降りそうで降りない人っていません?
立っている側から見て、いちばんイライラするやつです。
駅が近くなるたびに、
・窓から外を覗き込む。
・駅を確認する。
・身支度っぽいことを始める。



それでいて、降りない。
なぜか、降りない。
降りないのかよ?!と。
降りろよ!と。



男性が多いです。
そしてテキストらしき本を片手に、何かしらの勉強をしている人が多い気がします。
アンタ勉強に集中しなさいよ、さっきから1ページも進んでないの知ってるよと突っ込みたくなるわけです。


ちなみに私が座っている側のときは、駅が近づいたら、絶対に体勢を変えないようにしています。
携帯をしまったり、本を閉じたり、時計を確認したりしません。
それは立っている人に期待を抱かせてしまうから。
立ちそうで立たない人を目の前にしたときの失望感を嫌というほど理解していますし
立っている人への私なりのリスペクトでもあるんです。




② スケジュールMAN

おそらく車内での過ごし方を決めていて
A駅に着くまで読書、B駅に着いたら携帯チェック、C駅に着くまで居眠り。
こんな風にスケジュールが決まっている人です。
絶対に几帳面ですね。

駅に着くたびに動き出すので、①と非常に似ているんですが
決定的な違いは雰囲気がソワソワしていない。どっしりしている。
「自分、任務遂行中なんです」
っていう感じ。
あと、肩幅を絶対に変えないんです。
つねに胸板を張っている。


③ オレの女、守ってるんで系

満員電車に乗っているカップルでたまにいるんですよ、この系統。
こっちは満員電車でぎゅうぎゅうで苦しいのに
なぜかそのカップルだけふんわりとしたスペースがある。
押しても押しても、そのカップルだけは動かない。
これは男が壁となり、人の波を止めているから起こる状況です。
ごつくて若い男子に多いパターンです。

女をしっかりと支えながら
「今、オレの女守ってるんで」
「全力でコイツ守るんで」

と言わんばかりの目つき。
知らんがな。



電車という舞台にはまだまだいろんな役者が登場します。
またの機会にご紹介しましょう。


そしてやっぱり電車にもマナー、気くばりが大切だなあと日々感じます。
リュックは前で抱っこするとかね。
そんな小さな気くばりが詰まった本がこちら!
『オトナ女子の気くばり帳』
現在8万8000部です!
ぜひぜひチェックしてみてください☆
 
2017,11,15, Wednesday| 06:59 PM スタッフ日記

RSS


ページのトップへ戻る

  • 最新情報 What's New
  • スタッフブログ
  • 各種出版サポート業務
  • 求人情報

© sanctuary publishing inc .all rights reserved
このサイトに掲載している記事・画像等あらゆる素材の無断転写・転載を禁じます。