Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

楽しみ

 
こんにちは。営業部の内山です。
先月から入社致しました。
よろしくお願いします!


会社の室内の壁にいくつかの通気口があるのですが、
当然、壁を貫通しているのでここから外の音が良く聞こえます。


晴れた日など、外壁側の通気口の出っ張りに鳥が羽を休めにきて、
この鳥たちのさえずりが本当によく聞こえるんです。
なんとなく森の中で仕事をしているかのような気分になって、
毎回癒やされてます。


ところが
しばらくすると、
さえずりのトーンがちょっと荒々しくなります。



何やら鳥たちにとっては、ここがとても居心地がいいらしく、
イス取りゲームのように取り合っているみたいなんです。


「勝者は誰だったんだろうか…」
などなど想像しつつ…


来年は酉年ですし、
通気口でどんなドラマが繰り広げられるのでしょうか!
楽しみです〜。
 
2016,12,08, Thursday| 10:11 AM スタッフ日記

XとYの違い

 
サンクチュアリ出版 ミーハー担当岩田です。
最近、男女の違いについて考えています。

女子というものは大体、小学校低学年くらいで早くも「男子ってバカだな~」ってことにうすうす気づき出しますが、結婚して旦那を見ているとその思いは深まり、さらに息子が生まれてからというものはなんかもう、X染色体とY染色体の違いってこんなに大きいのか、と生命の神秘に感動すら覚えてしまいます。

うちの息子(1歳)の場合

・とにかくのりものが好き。
・棒状のものを見るととりあえず拾う
・棒状のものを持つと、とりあえず振り回す
・高いところにはとりあえず登る
・すきあらばダッシュでどこかへ行こうとする
・ママが好きすぎる

などなど。
見ておわかりの通り、典型的な男子の特徴を全て捉えています。

同じく息子をお持ちの編集長けいすけさんと、
「なぜ子供というものはこうも皆同じ行動パターンなのか」という話で先日盛り上がりましたが、でもある意味、同じ行動パターンをとる子たちというのは順調に成長している証でもあります。

うちの長女は先天性の障害があるので、なかなか定型発達をせず、周りの子との違いにいつもヤキモキしていました。

それに比べると息子なんて、
息子なんて、、、
・・・・息子のほうが何倍も大変でした。涙

もう、ほんとに男ってバカ!
男ってバカ!!

と思いながら息子を追っかけまわす日々です。

しかも、この2人を引き連れて今週末は社員研修旅行に行ってきます。
は~、、憂鬱だな。

頑張ります。
 
2016,12,07, Wednesday| 01:02 PM スタッフ日記

おなかがすいたら〜♪

 
こんにちは。営業部の石川です。

12月です。
例年のことですが、ここからの1月はあっという間に過ぎていくことでしょう。

この時期になると、よるご飯はあったかいものを食べたくなります。

特に「鍋・おでん」なんかはもうたまらないです。

白菜、ネギ、豆腐あたりの基本の食材だけ常備しておき、
仕事帰りに割引シールの付いたお肉かお魚を買って、「鍋」にする。

「おでん」は週末に、鍋いっぱい作って1週間食べ続ける。

野菜いっぱいでヘルシーっぽいし、お酒にも合うからほんといいですよね。

「鍋」ってなんで「なべ」になったんですかね。

「鍋」で作れば、なんでも「なべ」なわけだから。

ビーフストロガノフでも、お味噌汁でも、インスタントラーメンでも、
食卓の真ん中に鍋をおいて、各々が取り分けて食べるスタイルなら、
「鍋」のカテゴリーからは大きくハズレていないと思うんですよね。

鍋で煮炊きしたら「なべ」ってことにはならないですよね。

さて、どうでもいいことはさておき、料理についての新刊がでます!

ヒミツがまる見え! 「おいしい!」の断面

その名の通り、いろいろな美味しいものをズバッと切断にしています。
すると、なんということでしょう!
あの料理のおいしい秘密がわかる!

お腹空いてきたので、ご飯食べに行きます!!
 
2016,12,02, Friday| 09:10 PM スタッフ日記

もう12月だ!

 
寒いですね〜。
こんばんは。デザイナーのしんぱちです。

なんだか、もう12月なんですね。
この間、新年会やった気がするんですが…
本当にあっという間の1年だった気がします。

ただ今年は、史上まれに見るほど映画、
特に日本映画の当たり年で、
毎月毎月、え!?まだ、またこんな傑作が!?
って驚かされ続ける1年でした。

まず、今年最初にやられたのは、
2月に公開された「同級生」というアニメでした。
一言で言うと美しいBLアニメです。
ほんと淡くて美しい男同士の恋愛アニメでした。
BL初心者でも安心して見れる親切設計なので、ビギナーでも大丈夫です。
それから始まって
「ちはやふる」上の句・下の句
「ハッピーアワー」1部 2部 3部
「アイアムアヒーロー」
「リップヴァンウィンクルの花嫁」
「亜人 第2部 衝突」(2部がよかったです)
「モヒカン故郷に帰る」
「64 前編」(前編だけよかった)
「ヒメアノ〜ル」
「ディストラクション ベイビーズ」
「クリーピー 偽りの隣人」
「貞子vs伽椰子」
「FAKE」
「葛城事件」
と、6月の段階で今年の日本映画は何かおかしい!
というほど傑作揃いで、頭がクラクラしてましたが、
更にすごかったのは下半期です。

まず「シン・ゴジラ」!!
圧倒的な情報量と日本的リアリティで、
新しくも正統派な神・怪獣映画誕生!
って騒いでいたら、
夏の終わりには社会現象化した「君の名は。」があって、
他にも
「セトウツミ」
「ケンとカズ」
「だれかの木琴」
「オーバー・フェンス」
「永い言い訳」
「何者」
「ダゲレオタイプの女」
「GANTZ:O」
「淵に立つ」
「湯を沸かすほどの熱い愛」
「溺れるナイフ」
と、どれもベスト1級の大傑作が連なった後に、
「カラテ・キル」なんていう
トンデモないB級アクションの傑作まであって、
もうこれ以上ないだろうなと思っていたら、
11月に映画史に残るであろう超ド級の大傑作
「この世界の片隅に」が公開されるという…
なんの奇跡ですか、今年は。

「この世界の片隅に」本当によかったです。
美しくて、ゆたかで、おかしくて、
でも、はかなくて、理不尽で、悲しくて、
感情をこれでもかっていうほどゆさぶられた後に、
すごく小さな希望をもって帰れるような
ほんとにほんとに素晴らしい映画でした。
のんさんの存在感、画の素晴らしさ、なにもかもが最高でした。
二回見て、二度ともぐしょぐしょに泣きました。

というわけで、なんというかあっという間でしたが、
実りの多い1年でした。
…って、まだあとひと月あるのですね。
全てを超える傑作がまだ控えているかもしれません…
気が抜けません。
 
2016,12,01, Thursday| 11:52 PM スタッフ日記

娘の巣立ち

 
こんにちは!
編集部のヨシダです。

昨日、新刊『「私らしさ」のつくりかた』
の著者、猪熊真理子さんがオフィスに来てくれました。



先行販売をする一部書店さん用に
300冊、サインを書き書き。




「らしく美しい人生を」というメッセージと
金色の落款も。




1冊1冊に心を込めて、
「いい人のところに行けるといいね」と、
娘をお嫁に出すような気持ちで。


この本には、なりたい「私」の見つけかたから、
好きなことを仕事に変えて、
ファンをつくる方法までを、ぎゅっと詰め込んでいます。

がんばれそうな日も、くじけそうな日も、
ちょっと隣に置いておきたい、親友のような存在になれるよう、
大切につくりました。

ぜひ手にとっていただけたらうれしいです!


12月7日全国発売 
「私らしさ」のつくりかた 

(11月30日〜先行販売はこちら)
http://www.sanctuarybooks.jp/information/cate/news1845.html
(アマゾンはこちら)
http://amzn.asia/gQYVVHT
 
2016,11,29, Tuesday| 02:42 PM スタッフ日記

ないと困るもの

 
こんにちは。営業部の市川です。


先日、洗濯機がこわれました。
家族4人分の洗濯をコインランドリーで洗うのもとても大変です。
考えたこともなかったけど、
洗濯機がないとどれだけ困るか、改めて実感しました。



「目を温めると身体が自然によみがえる!」という本が
おかげさまで好調に売れています。
皆様の応援のおかげです。
ありがとうございます。
付録でついてるアイマスクをつけて寝ると、とても調子がいいです。
先日、ベッドで子どもたちがアイマスクを投げて遊んでいたら、
どっかにいっちゃいました。
ここ最近アイマスクを付けずに寝ているのですが、
このアイマスクがないとどれだけ困るか、実感しました。



子どもが風邪を引いて、夜中に嘔吐をしました。
掛け布団をクリーニングに出すことなり、
10日間ほど戻ってきません。
毎晩寝袋で寝ています。
11月に掛け布団がない生活がどれだけ困るか、実感しました。




週末に公園でポケモンを探していると、すぐにスマホの電池が
なくなります。
前から知ってましたが、スマホの電池がなくなると、
本当に困りますよね。




世の中が便利になり、身のまわりには無いと困るもので溢れています。


「本がないと、本当に困るよね」

そんなふうに言ってもらえる人が一人でも増えるよう、
僕達はいい本を出し続けて行きたいです。

市川でした。

 
2016,11,29, Tuesday| 09:01 AM スタッフ日記

ベロベロバーではない

 
こんにちは!
ブログ初投稿、9月より入社させて頂きました広報部の横山です。
おかげさまで毎日楽しく仕事させてもらっています!

早速ですが、皆さま「ハイスクール!奇面組」をご存知ですか?
80年代に週刊少年ジャンプで連載されていた学園もののギャグマンガなのですが。

最近「横山くんはハイスクール奇面組(真ん中の人)に似てるね!」と言われ、
そういえば学生時代からよく似てる!と言われてきたなあ、延べ総数は2桁超えたかも?
と思い出しました横山です。

よろしくお願いします。

さて、我が実家では姪っ子がまもなく1歳になろうとしています。
姪っ子の成長もさることながら、両親、特に父親の変貌ぶりに驚かされます。

あれだけ頑なだった父もすっかり丸くなり、良い感じのおじいちゃんになりました。

「りこちゃんりこちゃん、ベロベロバー、ベロベロバー」


父と姪っ子との戯れの中で、ベロベロバーについて調べてみたくなり、検索した所
千葉のオカマバーばかりが出てきてしまいました。(笑)

その後、「べろべろばあ」と検索した所、それらしいサイトが出てきて一安心しました。

ネット社会、検索ワードの重要性を改めて学んだ横山です。

ということで、皆さまどうぞよろしくお願いします。
 
2016,11,22, Tuesday| 05:21 PM スタッフ日記

RSS


ページのトップへ戻る

  • 最新情報 What's New
  • スタッフブログ
  • 各種出版サポート業務
  • 求人情報

© sanctuary publishing inc .all rights reserved
このサイトに掲載している記事・画像等あらゆる素材の無断転写・転載を禁じます。