Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

雪の中のBBQ

 
こんにちは。営業部の市川です。

冬ですね。

僕、生まれが長野県なので、雪が大好きです。


小学校にはソリで通ってました。

坂道でソリをしていて、
「おー、とまれないよ~笑」
「車にひかれるでしょ、バカ!」
なんて、親にしょっちゅう怒られてました。

学校帰りには、おやつの代わりに
軒先のツララをむしり取って食べてました。
病気にならなくてよかった( ;´Д`)


そんな僕も上京して22年、めったに雪を見なくなりました。

でも、たまに雪を見るとやっぱりワクワクしちゃいます。



先日、たまたま宿泊した山のコテージで、大雪が降りました。



雪の中でBBQなんて最高じゃないかとハチャメチャにテンションが上がり、
火をおこし始めたのですが、気がつくと、家族が誰もコテージから出てきません。。。


結局、僕ひとりが雪の中で肉と野菜とマシュマロを焼き、
せっせと家族の待つコテージまで運び入れました。

子供と遊ぶときは、大人も子供のように徹底的に楽しむと良いと
何かの本で読みました。

でも、うちの子たちも、僕のワクワクについて来れなかったようです。
 
2017,03,09, Thursday| 10:17 AM スタッフ日記

夢の中で死ぬ。

 
こんにちは!
広報部の横山です。

今日は3月3日ひな祭り。
大分、温かくなってきましたね。

今日、会社から近くの鳩森八幡神社にいったら
かわず桜が咲いていました。

春の訪れを感じました。

そして私事で恐縮なのですが
私は昨晩、夢の中で死にました。

よくある所でよくある話ですが

家でご飯を食べていたら
チャッキーの様な少年が現れ、夢の中で銃で3,4発撃たれ
路上に出るや、すぐさま出血多量で完全に死ぬという夢でした。

そしてハッと目が覚める、というよりは、「あ、死んだな」位の感覚でキョトンと目が覚めました。
何故か悪くない気分でした。

きっと「私の中の何か」が死んだのだろうと解釈しました。

調べてみた所、なかなかの吉夢の様で
「再生する」「生まれ変わる」「転機が訪れる」という意味合いらしいので
上昇気流に乗っていきたいと思います!!

潜在意識、宇宙、夢、魂、などなど
人生はまだまだ謎だらけですが

改めて読んだこの本は素晴らしかった。

「空想教室」植松努
好奇心を天職に変える空想教室
150万人の魂を震わせた感動スピーチ
やったことがないことをどんどんやってみましょう。
そうすればいつか世界から「必要だ」と言われる人になります。



それから先日は弊社代表・鶴巻謙介の「創業20周年カウントダウンイベント」が開催されました。
平日の夜にも関わらず、クラブS会員の皆さまはじめ沢山の方がお越しくださいました。



お互いの「夢」を共有するワークは大変盛り上がりました。
短時間でしたが、参加者の方々の帰る時の顔、皆良い顔をされていたのがとても印象的でした!

サンクチュアリ出版では、様々な角度から、皆様の「夢を叶えるイベント」を毎月開催しております!

皆さま奮ってご参加下さい。お待ちしております!
 
2017,03,03, Friday| 05:42 PM スタッフ日記

見抜く方?見抜かれる方?

 
どうも!営業部の吉田です。


人を見抜く。
嘘を見抜く。
時代を見抜く。
物事の本質を見抜く。
などなど。。。


バシッと、一瞬で見抜く人。


なんであの人は見抜けるんだろぅ?
もしかしたら、ハッタリなのかも?

いやっ、あれは間違いない。
確実に見抜いている。

アンテナの張り具合が人の何倍もある。
そぅいう人って、たまにいませんか?


見抜かれる分、ばつが悪いこともありますが、周りにそぅいう人がいるって事はかなり重要なんだろぅな〜と思います。


ぼくはというと、
自分のカッコイイと思う人や、カワイイと思う人のことは、
30メートル程離れた位置からでも見抜ける自信があります。


あっ、全然違う話になってますね。



 
2017,02,28, Tuesday| 07:35 PM スタッフ日記

宇宙のことは考えないことになっていた

 
営業部の山口です。

リビングの水槽に小さな海老を飼っている。レッドビーシュリンプという。

水温はヒーターで24度一定にたもち、水が蒸発して減るとミネラルウォーターを補充して管理している。
餌は市販の粒餌と自家栽培のほうれん草をあたえている。
順調に繁殖し、10匹程度からはじめて3か月で100匹ほどまで増えている。

そんな水槽を眺めてご満悦な私。

ただ眺めているのも楽しいが、エビ社会から妄想するのも楽しい。

この前はふとこんなことを考えた。

宇宙って、誰かが飼育してる水槽なのでは?と。

ヒーターが寿命でこわれたら取り替えないと、エビ水槽内の温度はみるみる下がりエビたちは体調をくずしてしまう。

太陽がなくなるとわれわれは生きていけないのとにている。太陽にも寿命がある。

水が蒸発して減りすぎるとエビは体調をくずしてしまう。

我々の世界では雨がふらないと植物が枯れてしまう。

地球上の日照りの土地は宇宙外の飼い主がメンテナンスをさぼったからなのでは?

いや、そういう環境も力を合わせてなんとかする力は人類にありそうだ、飼い主のせいではないのかな。

水槽内のエビは完全に私に運命を預けるしかない。私が世話をさぼれば即、破滅だ。
でも私の管理は今の所とてもエビに快適な環境を提供できている。

我々の運命は誰かが握っているのだろうか。

主がメンテナンスをさぼる、引っ越しの時に始末される、主が無となる、
などなどの理由で明日が来ないことも・・・・

そんなわけないか。

とにかくエビにさらなる愛情をそそぐ。









 
2017,02,27, Monday| 10:48 AM スタッフ日記

【求人・募集】サンクチュアリ出版は2018年度新卒社員・中途社員・長期アルバイト・外国人スタッフを募集しております!

 



世界中にたくさんある出版社の中で

“本を読まない人のための出版社 サンクチュアリ出版”

という少し変わった出版社のホームページに
お越しいただきありがとうございます。


“本を読まない人のための出版社”
なんだソレ!って思いました?
ありがとうございます。

今から少しだけ自己紹介をさせて下さい。



今、本屋さんに行かない人たちが増えています。
ゲームにアニメ、LINEにFacebook ・・・。
本屋さんに行かなくても、楽しめることはいっぱいあります。



でも私たちは

“本には人生を変えてしまうほどのすごい力がある!”

と信じています。

ふと立ち寄った本屋さんで運命の1冊に出会ってしまったとき。
衝撃だとか感動だとか、そんな言葉じゃとても表現しきれないほど、
泣き出しそうな、叫び出しそうな、とんでもない喜びがあります。


この感覚を、ふだん本を読まない人にも、
読む楽しさを忘れちゃった人にも、いっぱい味わってほしい。


だから、私たちは他の出版社がやらない
自分たちだけのこだわったやり方で
時間と手間と愛情をたくさん掛けながら、
本を読むことの楽しさを伝えていけたら
いいなぁと思っています。



こんなサンクチュアリ出版で一緒に
“本を読まない人のための本づくりをしたい方”はぜひご応募ください。

2018年度新卒社員・中途社員・長期アルバイト・外国人スタッフを募集はこちら↓
http://www.sanctuarybooks.jp/company/recruit_pc.php
※今回の募集は2017年4月10日が締め切りとなります。
 
2017,02,20, Monday| 08:10 PM スタッフ日記

スカイツリー

 
こんにちは営業部 津川です。
寒いのか、暖かいのか、どっちなの?っていう日が多いですよね。

そんなこんなで風邪をひいたようでずっと鼻水が止まりません。すみません。
鼻の薬を飲むととても眠くなってしまいます。

先週の日曜日、はじめてスカイツリーに登ってきました。
下で買い物をしたり、水族館に行ったことはあるのですが、上に行ったのは初でした。
近いのでいつかは行くかな、なんて思っていると行かないものですね。

実は目的は
『250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE®』というものでして

集英社の月刊少女漫画雑誌『りぼん』創刊60周年を記念し、東京スカイツリーとコラボレーションして実施するもの。
「乙女の恋愛バイブル」と言われる同誌の、80~90年代における250万人の読者が体感していた
"甘酸っぱい気持ち"や"ドキドキ感"と、東京スカイツリーの最も高い展望台に上った時の"高揚感"とが同時に体感できる、
さまざまな体験型の仕掛けを展開

するという内容でした。

「ときめきトゥナイト」「天使なんかじゃない」「姫ちゃんのリボン」「ママレード・ボーイ」などなど。
小学生中学年くらいだったのかな。
丁度世代ど真ん中でしたので、懐かしくて興奮してしまいました。
ときめきで若返れた気がします。

ちょうど日暮れの時間というものあり景色もよかったです。
東京タワーとは又全然景色が違いますね。

昭和の時代を懐かしむなんて、おじさん臭いなーとか思ってましたが、
もうそういう世代なんですよね。

でも若い人たちの文化も、吸収していかないとなともおもいます。






 
2017,02,15, Wednesday| 08:11 PM スタッフ日記

ランチタイムが待ち遠しい!

 
まだまだこたつ虫を卒業できない…
こんにちは、営業部の藤吉でございます。
 
 
最近ハマっていることがありまして、1つご紹介します。
 

 
そう、ランチタイムのキッチンカー巡り!
 
弊社には上記の「千駄ケ谷キッチンカーマップ」というマップがあるのですが、
最近はそれを片手に美味しいランチを求めて歩いております。
 
今のところ、食べたランチはどれも美味しくて、
最近は出社してすぐにランチタイムが待ち遠しくなってしまうくらいハマってます!笑
 
 
そして、本日食べたランチがコチラ!
 

 
 
Lunch Stand tipiのタコライス!
 
今日のランチも本当に美味しかった…
 
  
マップを作ってくれた編集の大川ちゃん、今更ながら本当にありがとー!
  
明日はDudes Jr.のテリタマ丼にしようかなー…
 
まだまだいろんなキッチンカーを巡りたいと思います(^^)
 

 
2017,02,15, Wednesday| 07:57 PM スタッフ日記

RSS


ページのトップへ戻る

  • 最新情報 What's New
  • スタッフブログ
  • 各種出版サポート業務
  • 求人情報

© sanctuary publishing inc .all rights reserved
このサイトに掲載している記事・画像等あらゆる素材の無断転写・転載を禁じます。