雨宮処凛(著) すごい生き方 公式ページ

本の紹介

元リストカッターの雨宮処凜が
いま生きづらい人に、新しい生き方をしめす1冊。


「すごい生き方」
著:雨宮処凛
絶賛発売中!

定価:1300円+税
発行・発売/サンクチュアリ出版

SEARCH
CALENDAR
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2017年06月 次月>>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
POWERED BY

バナー

文化人賛同その2
下にあるように、10月26日の不当逮捕に抗議する文化人賛同を私と湯浅誠さんで呼びかけております。
またまた沢山の方々が賛同人になってくださいました。本当に感激です。
以下に新たに賛同人になってくださった方々のお名前とコメントを掲載させていただきます。
なお、現在東京にいないため、順番などは滅茶苦茶ですが、取り急ぎアップさせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・藤藪貴治さん 北九州市立大学非常勤講師

 麻生太郎さん。日本国憲法の中身をご存知でしょうか。
 内閣総理大臣という、すべての日本人の命と暮らしを守るという重大な職務には、
99条にて憲法を尊重し擁護する義務が課せられています。
 そして憲法21条1項には「集会・結社及び言論、出版その他一切の表現の自由はこ
れを保障する」と、徹底した表現の自由が保障されており、公道でのデモ行進も他人
に著しい危害をくわえるものでなければ、憲法21条にて保障されます。
 ましてや今回逮捕された3人は、ただ麻生太郎さんの立派なご自宅を見てみたいと、
少なくない市民が持つ素朴な好奇心からの行動であり、誰にも危害を加えるものでは
ありません。
 ノーベル平和賞を受賞したアムネスティインターナショナルによれば、かの中国で
は一党独裁政権である中国共産党により、市民の表現の自由は奪われ、デモ行進をし
ようとしただけで、武装警察から殴られ、投獄されるそうです。
 麻生太郎さん。あなたは、日本国憲法に基づく立派な自由民主主義国家である日本
を、独裁政党が支配する中国の「恐怖政治」を真似て、国民から表現の自由を奪い、
自由民主主義体制を壊されるおつもりでしょうか。
 国民が「自由民主党も中国共産党も同じ暴力的な政権党という点では同じなんだな」
と思うようになれば、いつ解散総選挙をしても自由民主党は下野せざるをえなくなる
でしょう。 
 日本国憲法の67条に基づき内閣総理大臣になられた麻生太郎さんには、憲法21条に
基づき日本人の表現の自由を徹底して保障する責務があります。
 日本国、そして自由民主党が、「恐怖政治」で人民を統治し続ける中国共産党と違
うというのなら、今すぐ不当に勾留している3人の若者を釈放し、なぜ警察が中国共
産党の武装警察のような暴力行動をとったのか、徹底した原因追及をするよう要請し
ます。

・藤井誠二さん

・棗 一郎さん 弁護士

・宇都宮健児さん 反貧困ネットワーク代表

・愛敬浩二さん 名古屋大学大学院法学研究科教授

 「国家は人民をして、国家自体の偏見に盲目的に服従せしむる策を取るよりも、自
由に独立の批判を国家に加えることの出来るような人民を有つことが自家の安全のた
めに必要なことなのである」と長谷川如是閑が書いたのは1920年のことである。日本
政府は90年近くたった今でも、この真理を理解できないほど愚かなのだろうか。それ
とも、暴力を使ってでも、自分たちが推し進めてきた政策の帰結を聞かないで済ませ
たいというほどに臆病なのだろうか。いずれにしても情けない政府である。日本とい
う国の行く末を真面目に考えるからこそ、私は今回の不当逮捕に抗議し、3人の即時
釈放を求める。

・上原 公子さん 前国立市長

 憲法に保障された集会の自由、表現の自由が最近どんどん侵害されています。国家が
警察という権力で圧力を加えるごとに、国家の闇が深くなっているという証拠です。こんな
ときほど大勢の団結力で跳ね返していかなければ、自粛という罠に陥り、気がつけば恐
怖政治の中にすっぽりはまり込んでいるということになります。不当弾圧は断じて許さじ!
表現の自由、集会の自由は、基本的人権の保障の基本!



・池田浩士さん 京都大学名誉教授、京都精華大学教授

 私は、正直なところ、「日本」という国家社会が栄えるより滅びるほうが人類にとっても動
植物にとっても宇宙にとっても幸せである、と思っています。「日本の将来」を案じるくらいな
ら、心配しなければならないもっともっと大切なことが山ほどある、と確信しています。その
私でさえ、いくらなんでもこれはまずいのではないか、と思わず言ってしまいそうになるこの
日本社会の、日本の政治の、いまの姿ですね。いったい、「愛国心」のある「右翼」や、「憂国
の志」をもった「与党政治家」は、どこに姿を隠しているのか? いや、そんなものは、もともと
いなかったのでしょう。だとすれば、やっぱりいまこそ、この「日本」という国家社会の、さまざ
まな種類の非国民が、立ち上がるしかないのでしょうね。「日本」のためではなく、私たち自身
と、私たちが愛する人やもののために。

・中島岳志さん 北海道大学准教授

・石坂啓さん 漫画家

・広田照幸さん 教育学者・日本大学教授

・芹沢一也さん SYNODOS代表

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

賛同人になってくださった皆さん、あたたかいコメントを寄せてくれた皆さん、本当にありがとうございますっ。
この場をかりて、感謝の気持ちを伝えさせて頂きます。
お礼のメールもまだ出せなくてすみません・・・。




| 「すごい生き方」 | 09:29 PM | trackback (3) |
http://www.sanctuarybooks.jp/sugoi/blog/tb.php?207
Che Guevara
 Che Guevara という、本気で世界を変えようとし、愛に殉じた男が存在したことを忘れてはならない。  経済や文化のグローバル化を正しいと信じ、既成メディアのプロパガンダに惑わ...
| SWANの 「Trust me!」 | 2009/02/27 12:37 PM |
麻生太郎の身長は国家機密?(笑)この写真、身長偽装?英国皇太子に失礼では?更に元は税金の金バラマキで人気もねつ造?(笑)
※分かり易く改題しました。今まで⇒「麻生太郎の身長は国家機密?(笑)検索してもあまり出ないなぁ。身長だけでなく、今度は元は税金の金バラマキで人気もねつ造?」 (クリッ...
| 雑談日記(徒然なるままに、。) | 2008/11/05 04:01 PM |
植草さんの「ブログ復旧のお知らせ」が出ました。なお昨日30日、麻生の豪邸見学コースを歩いて撮った写真をご紹介しておきます。
※植草さんの「ブログ復旧のお知らせ 」が出ました。毎日新聞からのクレームがココログにあったようです。(この毎日のクレームも言論弾圧の疑いが濃厚で、かなり問題ありだと思...
| 雑談日記(徒然なるままに、。) | 2008/11/05 03:57 PM |

PAGE TOP ↑