雨宮処凛(著) すごい生き方 公式ページ

本の紹介

元リストカッターの雨宮処凜が
いま生きづらい人に、新しい生き方をしめす1冊。


「すごい生き方」
著:雨宮処凛
絶賛発売中!

定価:1300円+税
発行・発売/サンクチュアリ出版

SEARCH
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2006年01月 次月>>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
POWERED BY

バナー

ありがとうございますっ!

 一昨日はロフトプラスワンにて「こわれ者の祭典」内で「すごい生き方」の出版記念イベントでした!御来場頂いた皆様、ありがとうございますっ!! そしてそして、来られなかったという方、いつか必ず御会いしましょう! 本当に、本を読んでくれた人の家一軒一軒訪ねて無理矢理サインしたい気持ちです!!ってそれじゃあ微妙に犯罪ですが。
 イベント自体は東京での「こわれ者の祭典」最大級の入りとなったそうで、調子に乗った私は、自らがだんだん生きづらくなくなってきたきっかけのひとつでもある「イラクでのライヴ映像」も公開してしまいました。バビロンという砂漠の真ん中の世界遺産のステージで歌っている(というか叫んでいる)映像ですが、後でいろんな人に「歌が下手」と言われて落ち込みました・・・。が、トークショーではお客さんの反応もとても良く、私も自らの体験、いじめや家出やリストカット、そこからどんな経緯を経て楽になってきたのか、ということをお話できて、とても楽しかったです。
 この場を借りて、「こわれ者の祭典」の皆さんにも、ありがとうございました!

 あ、そしてもうひとつ、ありがとうございます、と叫びたいことが。
 大阪の「TSUTAYA EBISUBASHI店」にて、「すごい生き方」が週間ランキングで第2位!!と嬉しい結果になりました。TSUTAYA EBISUBASHIさーんっ、ありがとうございます!
 嬉しいついでに、TSUTAYA EBISUBASHI店での「すごい生き方」の写真を載っけさせて頂きます。超えろ! バナナの叩き売り!!ですね。
 29日には昼に始まるイベント前からビールを飲んでいたのですが、結局イベント中もずっと飲んでてイベント後の交流会でも飲んでてその後の取材でも飲んでて結局朝三時まで某マスコミの方とフランス人映画監督で私のソウルメイト・ヴィンセントと某映画のクランクアップの日だったためそっちとも合流し、カラオケでした。私はこの日、何リットルのアルコールを摂取したのでしょう?

 ということで、今日の相談は、そんな私と同じ酔っ払いさんからです。

===========================================
ここ半年ぐらい、個人的なこと、社会的なことを含めて、絶望的な気分に苛まれています。
そこで、最近、爽健美茶の空ペットボトルにウィスキーを入れて、
あたかも爽健美茶を飲んでいるかのようなふりをしながら、昼間から人前で平然と酒を飲む、という方法を実践し始めたところ、絶望感は無くなってきました。
しかし、あまり酩酊してしまうと仕事にならないので、どうにかしたい。
雨宮さんは脳のチューニングをどのように実践していますか。

27歳 男性 自由業
=================================================

 爽健美茶のペットボトルにウイスキーですか。なかなかいいアイディアですね。
 そんな私自身もなんだかテンションが上がらず、上げないといけない時は爽健美茶などまわりくどい方法は取らずにガンガンアルコールを摂取してますよ。それで調子がいいなら無問題です。たぶん依存症とかの心配もされていると思いますが、違法な薬物に依存しているわけではないし、いいのではないでしょうか? まぁ「すごい生き方」の月乃さんのインタビューを読んでもわかる通り、アルコール依存症はかなり辛いようなので、依存症までいかないよう、注意しましょう。
 また自由業ということですが、自由業って生活が破綻しがちですよね。私も破綻しまくって完全に昼夜逆転し、国内で一人時差ボケの状態で、逆に外国に行くとみんなが時差ボケで苦しんでいるのに全然余裕、という不毛な体験がありますが、最近は治そうと努力しています。脳内チューニングということで言えば、私は十年前から完全に生活時間帯がおかしく、それが鬱っぽくなる原因の一要素にもなっていたと思うのですが、最近日光を浴びるようになってからは、なんとなくいい感じになってきました。ものすごく初歩ですが、「朝、とまではいかなくても太陽が出ている時間に起きる」とか、そういうことが脳内チューニングになっています。いや、でも、日光をしばらく浴びていないひきこもりの皆さんたちも良ければぜひやってみて下さい。
 また「酩酊してしまうと仕事にならない」ということですが、仕事の内容はわかりませんが、例えば人と会う時だけ爽健美茶のペットボトル持参、一人で仕事をする時には禁酒、とかはどうですか?
 とにかく、量が多くなりすぎないように。
「絶望感を払拭するためのアルコール」が、逆に絶望を産み出す要素に変わってしまわないよう、注意して下さい。
 まぁでも、私が以前アトピー治療で入院した病院のお医者さんが、「人生は一杯ひっかけてるくらいがちょうどいい」と言ってました。なんだかよく意味はわかりませんが不思議な説得力のある名言です。
 でもこれから、爽健美茶をペットボトルで飲んでいる人がいたら、微妙に気になってしまうような気がします。

| 「すごい生き方」 | 07:38 PM | trackback (0) |
職場で馬鹿にされる
 なんだかライブドアでここ数日は盛り上がってましたね。
 ライブドアが出てきてた時って、妙にオウムみたいに見えたんですが(みんな若い。テンションが妙。デカいこと言う。教祖がデブでカロリー高いものが好きそう)、忘年会のビデオを見て、更にオウムを感じました。なんでああいう系統の人たちって、みんなで踊るんでしょうね。みんな在家・出家信者に見える・・・。しかもホリエ、かなりサマナ服っぽかったし。逮捕までもうちょっと盛り上がって欲しかったですね。でもライブドアとオウムがもっとも違う点は、究極の現世利益、結局は「金」という拝金主義でしょうか・・・。ああ、「最終解脱」でも「共産主義革命」でもなく、徹底的に純化された「資本主義」なところが、今の社会全体の「生きづらさ」により拍車をかけている気がします。十年前はまだ「最終解脱」が通ったんですからね。今よりまだマシだったのでしょう。
 ということで、本日の相談を御紹介します。

==================================================
摂食障害と鬱病と不眠症を8年以上患ってしまっている
25歳の女です。
私はほぼ6年間引きこもりでした。
ずっとずっと過食と嘔吐をしてきました。
家族以外知らない事実です。
そしてようやく今の仕事場にいます。
でも、物凄い勢いでいじめられて、馬鹿にされています。
時々男のバイトの人から「肩パンチ」といって殴られます。
ふざけているのだろうけれども私は女なので(?関係ない?)
非常に痛いです。
ようやく一人でたちむかって
表向きには解決したように見えるけれども
私の病気は悪化しています。
本当に辛いです。
馬鹿みたいに馬鹿にされています。
もう、なんで自殺したらいけないのか
生きなければならないか全く解りません。
私は世界で一人ぼっちです。
更に25歳。
馬鹿みたいです。
存在が。
今日、仕事が忙しい日なので終わったら2連休なので
飛び降りたいと思っています
あまり迷惑はかけたくないし
すいません、混乱してて
なんか、ずっと顔とか体型のことを上司から言われて
頭がおかしくなって2ヶ月くらいで16キロ痩せて
しかも本当に忙しい年末あたりに。
疲れているのかも
つかれきってしまったのかも
私はどうしたらいいですか?

25歳 女性 フリーター
================================================

 どうしたらいいか、まずはそんな仕事はすぐ辞めましょう。
 元ひきこもりでやっと見つけた職場、と固執してしまうかもしれないですが、そんな職場の馬鹿のために自殺してしまったら、せっかく脱ヒッキーした意味もないですよ。
 それに職場の人達は、どう考えても異常です。「肩パンチ」とか言ってますが暴力です。私だったら即被害届出しますね。「ふざけているのだろうけれども」ということですが、そういう狂った人は「ふざけたフリ」をするのがうまいんですよ。相談者の方もどこかで「これはホントの暴力じゃなくてフザけてるんだろうな・・・」と思いたい気持ちもあるのかもしれませんが、それでは馬鹿の思うツボです。そいつらは全部わかってやってるんですよ。だからもし抗議しようものなら、「フザけてやってただけじゃん!」と言い張るでしょう。わざとやってるくせに。
 その上「顔や体型のことを言う上司」・・・。セクハラという言葉がここまで浸透した現在、そんな未開人みたいなことを言う生き物がまだ生息しているとは、本当に驚きです。
 肩パンチ男やセクハラ上司よりも立場が上の人に相談する、とかもやってみる価値はあるかもしれませんが、職場にあなたの味方になってくれるような人が一人もいなければ、やはり辞めるのが賢明かと思われます。なんか「途中で投げ出すことはよくない」とか、そんなことを言ってくる人もいるかもしれませんが、大抵の場合、そういうことを言う奴にかぎってあなたには絶対に何もしてくれないので、気にしないようにしましょう。飛び降り自殺まで考えているあなたが「職場から逃げる」のは本当に当たり前の生存権の行使です。
「すごい生き方」でも、そんな職場での壮絶なイジメについて書きました。実際の例として、職場の先輩の執拗すぎる嫌がらせ(暴言、暴力、自分の家の掃除をさせる、自分の子供の世話をさせる、自分が風俗に行くのを送り迎えさせる、自分の仕事を押し付ける、嘘をついてデートを中断させて職場に呼び出す、お酒を飲ませて仮死状態にまで追い込む・・・などなど)をしていたというものです。いじめにあっていたのは21歳の男性看護師、いじめをしていたのはその男性上司です。結果、21歳の看護師は自宅で首を吊り、亡くなりました。この事件以外にも、職場のいじめで自殺した例は数限りなくあります。日頃からそんな事件ばかり追っている私がいつも思うのは、「死ぬくらいなら仕事なんて辞めてしまえ!」ということです。だけど、職場いじめで自殺に追い込まれる人の多くは、自殺直前にはなんらかの精神障害の状態にあるそうです。つまり、「自殺するくらいならこんな会社を辞めよう」という普通の判断力がなくなっているということです。ここが怖いところなんですね。だから、職場でのストレスが原因で死にたいと思っている時は、冷静に、もう自分は普通の状態じゃないと思った方がいいですよ。辞めてもしばらくはいろんな葛藤があるでしょうし、自分を責めたり相手を責めたり、もう永遠に仕事できないんじゃないか、やっぱり辞めるほどのことではなかったんでは、とか思いがちですが、「自殺」「死」という言葉ばかり頭の中をよぎるようになったらそれは「逃げ時」です。
 学校でも、そして社会に出てからも、やたらと強調される「忍耐」や「我慢」ですが、「我慢のやめ時」は誰も教えてくれません。それでどれほどの人が自ら死を選んだか・・・。自分を守るために我慢をやめましょう。

 さて、話は変わりますが、昨日は新宿の本屋さんをサンクチュアリ出版の方々とまわり、サインしてきました。以下の書店に私のサイン本がありますので、お近くの方は、ダッシュ! してゲットして下さい。そうそう、その書店まわりの時、ある本屋さんで私の本を立ち読みしている人が! 初めてそのような光景を見たので興奮しました。しばらくしたらその人、私の本を持って消えたので買ってくれたのだと思います。「その本書いたの私なんです!」と話しかけたかったのですがやめました。
 あ、そんで昨日の夜は新宿ロフトプラスワンにちょっと出演してきました。知人の女性の追悼会だったのですが、イベントそのものは「変態性欲ナイト」。AV女優さんがいっぱい出ていて、全裸で「私はAVの仕事が好きです!」と、AV業界を変な目で見る社会や大人への怒りを演説してました。なんか本当にAVの仕事に誇りを持っているのが伝わってきて、ものすごくカッコよくて、やっぱり人の生き方は無数なのだ、と思いました。ちょびっとお話しましたが、本当に覚悟が決まっていて、プロで、いっぱい夢のある可愛い娘でした。両親の虐待などいろいろあったようですが、すごく元気でパワーに満ちていて、いいものをもらいました。私自身、エロ系で身体をはったことはありませんが、様々な活動を身体をはってやってきたので、彼女も今、まさにそんな時期なのでしょう。そして生きづらいと思う時はいろんなことで身体をはるのもいいかも、と思いました。あ、別にAVとかじゃなくて。なんでもいいので身体をはって夢中になれるものがあったら、きっと今よりは生きやすくなると思います。って、それがなかなか見つからないのですが。
 以下、サイン本がある書店です。

・紀伊國屋書店新宿本店
東京都新宿区新宿3-17-7
03-3354-0131

・紀伊國屋書店新宿南店
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
03-5361-3301

・ブックファースト新宿ルミネ1店
東京都新宿区西新宿1-1-5 ルミネ1・5F
03-5339-9411

・ブックファースト新宿ルミネ2店
東京都新宿区新宿3-38-2 ルミネ2・5F
03-5339-8451

・ジュンク堂書店新宿店
東京都新宿区新宿3-29-1 三越新宿店7,8F
03-5363-1300

・ヴィレッジヴァンガード新宿店
東京都新宿区新宿3-38-2 ルミネ2・4F
03-5908-1302

・有隣堂マイシティ新宿店
東京都新宿区新宿3-38-1 マイシティ新宿6F
03-5312-2011

 それでは、29日、新宿ロフトプラスワンで御会いしましょう。
 時間は13時30分からです。



| 人生相談 | 09:06 PM | trackback (0) |
「すごい生き方」サイン本
「すごい生き方」はもう読んで頂けたでしょうか?
 これから都内で買う、という方に朗報?です。
 昨日、サンクチュアリ出版の方々と渋谷・池袋の書店をまわり、サインしてきました。
 以下の本屋さんに私のサイン本があるので、欲しいという奇特な方がいらっしゃいましたら、ゲットしに行ってみて下さいっ。 
 この本が今、生きづらいと感じる方々に届けば、そしてお役に立てればとっても嬉しいです。

・大盛堂書店渋谷駅前店
東京都渋谷区宇田川町22-1 03-5784-4900

・SHIBUYA TSUTAYA
東京都渋谷区宇田川町21-6 03-5459-2000

・ブックファースト渋谷店
東京都渋谷区宇田川町33-5 03-3770-1023

・山下書店渋谷店
東京都渋谷区渋谷2-18-8 第二オクノビル1F 03-3498-0556

・リブロ池袋パルコ店
東京都豊島区南池袋1-28-2 池袋パルコ7F 03-5391-8600

・リブロ池袋本店
豊島区南池袋1-28-1 池袋西武書籍館・イルムス館 03-5949-2910

・新栄堂池袋本店
東京都豊島区南池袋1-27-7 03-3984-2345

 ということで、明日は新宿近辺をまわります。
 あ、そして明日1月25日、急遽、沢口友美さん追悼の関係で、ロフトプラスワンに出演することになりました。7:30からです。イベントのタイトルは「変態性欲ナイト」というものですが・・・。ちょびっと、出ます。あ、別に変態なこととかしないので御安心を。私以外の方は何をやらかすかわかりませんが・・・。



| 「すごい生き方」 | 07:00 PM | trackback (1) |
とうとう今日発売!!
 とうとう本日、「すごい生き方」が発売となりました!
 なぜこの本を書いたかなどは、「著者からのメッセージ」を御覧頂けると嬉しいです。
 今、生きづらいと苦しんでいる人、死にたいと思っている人、そして死ぬつもりはないけれど、生きる意味がわからなくて、生きる希望が見出せなくて迷っている人、そんな人達の一人でも多くに届けば、こんなに嬉しいことはありません。
 私が生きづらさからどうやって抜け出したのか、それも書きました。また、同じく生きづらさの泥沼から脱出した人へのインタビュー、そして今生きづらい人に対して、どうすればいいのか、分野別に対策も盛り込みました。これを読むことで、人の生き方にはこんなにバリエーションがあるんだ、とか、こんな逃げ切り方もあるんだ、と気付いて頂き、肩の荷が少しでも軽くなってくれれば本当に嬉しいです。
 本の感想なども頂けると、非常に励みになります。どんな言葉があなたの心に届いたのか、ぜひ教えて下さいね。


| 「すごい生き方」 | 03:32 PM | trackback (0) |
素の自分を許してくれない
 今日もお悩みも身につまされます。
 彼のような人って意外と多数派だと思うのですがどうでしょうか?

================================
私の悩みをひとことで言えば、世間の人たちが素のままの自分を許してくれないことです。文字通りの意味で許してくれないのです。
昨年末、勤務先の会社で、上司や同僚から下記のようなことを一挙に言われました。
1.「あなたね。もうちょっとあのー、キビキビ動くように。」
2.「もうちょっと、テンションをあげて、大声で話をしたほうがいい。年が明けたら、もっと元気出してくれよ。」
3.「トイレの回数が多い。」
4.「人間は一人で生きてるんじゃないからな。」
5.「私があなたに言っていることはね、これは、人間教育なんだ。」
6.「いまの自分を受け入れなきゃだめだ。」
いろいろなことを一挙に言われ、わけがわからず、脳がヒリヒリしています。
実際は上記6点のほかにもいろいろなことを言われましたが、おぼえているのが上記6点だけなのです。また、上記6点に関しても実際のところ、正確に内容が理解できていないものもあります。
そもそも、私はキビキビ動きたくないのに、なぜキビキビ動かなければならないのか?
私はテンションを上げて大声で話をしたくないし、年が明けても元気を出したくないのに、なぜテンションをあげて大声で話をして、年が明けたら元気を出さなければならないのか?私がトイレの回数の多いのは頻尿だからです。私は一人で生きています。「トイレの回数が多い」といわれることは、「人間教育」でしょうか。私がいまの自分を受け入れれば、キビキビしないし、テンションを上げないし、大声で話さないし、年が明けても元気を出さないし、トイレの回数は多いし、一人で生きているし、人間教育じゃないし、いまの自分を受け入れない!!
しかし、冷静に、客観的に、また、社会的に考えれば、私は、素のままの自分がバレないように生きるしかないのでしょうか?
世間や社会をうまく誤魔化してやりおおせればイイのでしょうか?
しかし、私には、素のままの自分がバレないように生きる方法がわかりません。

26歳 男性 明日から無職
==================================

 すみません、思わず笑ってしまいました・・・。
 いや、なんかまるで自分を見るようで・・・。
 私もキビキビできないし、テンションは無理して上げられないし、大声で話せと言われても話せないし、トイレの回数が多いです。
 でも社会が必要とする人物像というのはびっくりするほど決まりきっていて、キビキビしててテンション高く、無意味に元気でやたらデカい声で話してトイレの回数が少ない人なんですよね。その上さらに協調性や積極的、なんてのも要求される。というか多くがそこの部分でしか評価されず、私や相談者の方みたいな人は、いわゆる「社会からあまり必要とされない」人物像なのではないかと思います。
 私自身もフリーター時代、同じようなことを言われ、そう言われるたびに居心地の悪さを感じていました。今もキビキビすることは大の苦手なので、生まれ変わったらタコとかイカとか、そういう感じのものになりたいと思っています。それだったらどんより漂っているだけでOKですし、どんなにトイレが近くても水中なので垂れ流し放題ですからね。
 でも、キビキビせず、テンションが低く、小さな声で話し、元気がなくトイレの回数が多い職業、というのもなかなか難しいですね。少なくとも日本では私の知る限り見当たりません。
 仕事のためとはいえ、どうしてもキビキビしたくないということであれば、いっそのこと、暑くて国民性がダラダラしてて経済的には貧しいけれど飢え死にはしなさそうな国に移住してみるとかはどうでしょう。例えばアジアの国々などにはそんな大らかさ、というかだらしなさがある国はたくさんありますよね。私の渡航経験で言うと、ダラダラ生きたいならタイやインドネシアあたりがまったり度が高いので、是非いつか住みたいと思っています。
 また、みんないい加減でダラダラしている、という点ではイラクもかなり高得点でした。平日昼間から大の大人がフラフラして水煙草をふかしてくっちゃべっている、という光景がいたるところで見られました。聞くと、イラクでは仕事は朝の八時とかから二時くらいまでしかない人が多いそうです。つまりそれ以降は全部フリー。その上みんな仕事中でもダラダラしていて、レトスランに入った時など、注文してから料理が出てくるまで五時間、ということもザラにありました。ただ単にキビキビしてないからなんです。「まだ?」とか聞いても「んあ?あーばっちり作ってるからすぐできる」と言いながらダラダラして煙草吸ってるだけで全然作ってなんかいないんですよ。たぶんそういう気分じゃなかったんでしょう。ガイドとして外務省の人がついていたのですが、その人だって遅刻し放題、約束破り放題。そんなゆるさが許容される社会は素晴らしいと思います。いや、ホントに。それが耐えられないという人は日本でキビキビしてればいいわけです。
 まぁイラクは今や大変な状況ですが、中東の国も結構いい加減なところが多く、平日昼間の男率が高いので、リサーチしておくといいかもしれません。
 でもホント、大の男が何もしないでフラフラしてる国って、絶対日本より生きやすいと思うのですが。スローライフとかカッコつけて言うのではなく、本当にもっと社会全体が脱力して欲しいです。
 キビキビして声はデカくとか、そんな体育会系のことはそういうのが好きな人だけでやればいいんですよ。こっちはこっちでそういう人達の暑苦しさ我慢してるんだから、こっちのゆるさも認めて欲しいもんです。生き方の趣味の問題として。
 まぁ、そんな中、キビキビしてるふりをして世間や社会を誤魔化して生きるのもいいですし、それが耐えられなかったらそこから降りたって全然いいわけです。私も降りたわけですし・・・。そんな私は一年のうち10日くらいしかキビキビしてませんけど特に何の問題もないですよ。


| 人生相談 | 07:49 PM | trackback (0) |

PAGE TOP ↑