雨宮処凛(著) すごい生き方 公式ページ

本の紹介

元リストカッターの雨宮処凜が
いま生きづらい人に、新しい生き方をしめす1冊。


「すごい生き方」
著:雨宮処凛
絶賛発売中!

定価:1300円+税
発行・発売/サンクチュアリ出版

SEARCH
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2006年03月 次月>>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
POWERED BY

バナー

本当にありがとうございました!!
 27日の「すごい生き方」出版記念暴動大宴会に来て下さった方々、本当にありがとうございました!!
 ものすごく楽しくて、なんだか今思い返しても怒濤の一日というか、時空がねじれたようなイベントでしたね。
 だって出演者は元ジャンキー・泥棒のAKIRAさん、元アル中・ひきこもりの月乃さん、元テレクラ依存の今一生さん、そして逮捕歴ありの土屋さん、とこれだけでも凄いのに、大槻ケンヂさんが飛び入りゲストとして駆け付けてくれた上、元赤軍派議長で獄中二十年の塩見さんも登場、現ガン患者で医者に言われた余命を過ぎても元気に生きて舞踏でガンを治療している白塗りのマサルさん、「16歳だった」の著者で元援助交際少女だった中山美里さん、獄中十七年で元ブラックエンペラーの中野ジローさん、元オウム信者の加納さん、元ヒッキーの幸山君、と、これだけの人たちが舞台上でトーク&パフォーマンスを繰り広げてくれたんですから本当に「暴動大宴会」の名にふさわしい、「善悪の彼岸を超えた人達による人間賛歌の宴」となりました。
 本当にAKIRAさんの歌も超感動的で、月乃さんの詩の絶叫とマサルさんの舞踏という異種格闘技のような絡みも素晴らしかったです!
 この日一番印象に残ったのは、マサルさんが言った今死にたいと思ってる人への言葉ですね。「もうちょっと待てば、ガンになるから(笑)」という言葉。ガンまでをも楽しんで生きるマサルさんの姿はカッコいいです。
 そしてもうひとつ印象的だったのは、獄中二十年の塩見さんの「監獄には三年入った方がいい」という強引な言葉です。
 普段フツウに生きてるとなかなかこういう言葉には巡り合えないですからね。ステージ上の人達のメッセージが、いわゆる「世間的」な良識とは気持ちいいくらいに正反対か見事にズレていて、まさに「すごい生き方」で書いた通り、くだらない価値観や常識を力づくでたたき壊してきた人達の言葉は不思議な説得力に満ちていました。そして何より、みんなすごく楽しそうなんですよね。普段、周りにいるのは親とか教師とか比較的マトモな大人達ばかりで、その人たちの言う良識が息苦しい、という方は、ぜひたまにこんなイベントに参加して下さい。参加して下さるだけでいろいろと解放されると思います。
 本当に本当に、出演者の皆さん、そして来て下さった皆さん、ありがとうございました!!これからロフトプラスワンやネイキッドロフトで定期的にイベントをするので、また来て下さいね。今回来られなかったという方もぜひ!

 さて、そんな暴動大宴会の次の日は、見沢知廉さんの追悼本の打ち合わせでした。見沢さんの周りの人で追悼本を出そうということになり、企画を進めているのですが、このたび、私は追悼本の実行委員となりました。見沢さんのお母さんの御指名とあらばやるしかありませんっ。頑張りますのでよろしくお願いします!
 そして今日、某革命プロモーターの御紹介でレバノン大使館に行き、レバノン駐日大使と面会して来ました! いやー、なんか、この前のイベントで流したイラクの自分のライヴビデオを見てたらまたやりたくなっちゃって。アラブの国々の人達とも交流したいしね。今年はまたアラブでなんかできないかなーと思ってます。やっぱり、今回のイベントに出てくれた方々も「世界をまたにかけて」いろいろ活動してる人達が多いので、なんか面白いことしたいですね。塩見さんも「世界同時革命」ってまだ言ってたし!


| 「すごい生き方」 | 07:32 PM | trackback (0) |
とうとう明日!
 とうとう明日、「すごい生き方」出版記念暴動大宴会がロフトプラスワンにて開催されますっ!!
 トークだけでなく、もう月乃さんの詩の絶叫あり、AKIRAさんのライヴあり、大物飛び入りゲストあり、と盛り沢山なイベントなので、ぜひぜひみなさん、遊びに来て下さいね!花見なんかしている場合ではありません。桜なんかより、人間ここまでくるとこうなる的な、狂気の乱れ咲きをお楽しみ頂きたいです。
 ということで、ここ数日、自分の過去のビデオなんかを観て、明日流す映像の準備をしているのですが、何度私は腹を抱えて笑ったことでしょう・・・。過去の自分の馬鹿さ加減に。私がやってた愛国パンクバンド・維新赤誠塾の初ライヴなんて、演奏バックにずーっと演説してるだけだし、二回目のライヴなんて「ハワイをカメハメハ王朝に返還せよー!」ってものすごく真剣に叫んでるし、これをライヴハウスでやって、お客さんに笑われたらマジ切れしてたんだから、そりゃライヴハウス出入り禁止になりますよね。若いと書いて馬鹿と読みますが、皆さんも馬鹿さ加減を炸裂されるといいですよ。あとで笑えるので。
 そんな過去を抱え、少しは大人になったと思っていた私は昨日、春っぽくなって桜が咲いてるのが嬉しくて、意味もなく下北沢から自宅の目黒まで徒歩で四時間かけて帰ってくるという馬鹿な行動に走りました。妙に歩きたい時ってありますよね・・・。それに気を良くして、なぜか今日、渋谷で自転車を購入、もちろん渋谷から目黒まで自転車で帰宅しました。数年ぶりの自転車、楽しかったです。春になって浮かれてるんでしょうね・・・。自分のわかりやすさにびっくりです。その間、いつのら猫に会ってもいいように猫缶を持参している自分が嫌いではありません。
 ということで、みなさん、明日、御会いしましょう! 笑えて泣けてものすごーくタメになるイベントにしますっ!!久々のイベント主催なので、とっても楽しみです。

=======================================
雨宮処凛のわくわくお楽しみ会 VOL.1
 生きづらさ上等! 「すごい生き方」出版記念暴動大宴会!!

出演・雨宮処凛(作家)、AKIRA(作家、ONSENSボーカル)、
月乃光司(「こわれ者の祭典」代表)、土屋豊(映画監督)、今
一生(ライター)、他、大物飛び入りゲストがあるかも。

3月27日(月) 18:30 オープン 19:30 スタート
会場 新宿ロフトプラスワン
新宿区歌舞伎町1-14-7林ビルB2 TEL 03-3205-6864
入場料 1500円(飲食別) 

元リストカッターで戦場好きの作家・雨宮処凛の集大成「すごい生き方」(サンクチュアリ出版)出版を記念して、雨宮の命の恩人たちと生きづらさに効く数々を語り明かす夕べ。なんと世界放浪天才アーティストで元ジャンキー・AKIRA氏のライヴ、そして元アル中でひきこもり・月乃氏の詩の絶叫もあり!! 雨宮を発掘した「新しい神様」監督・土屋豊氏
によるお宝映像上映や、『「死ぬ自由」という名の救い/ネット心中と精神科医』(河出書房)を出版した今一生氏と盛り沢山トークも。善悪の彼岸をとうに超えた人達による人間賛歌の宴。
===========================================


| 「すごい生き方」 | 08:01 PM | trackback (0) |
生きづらさを全肯定せよ!
 AKIRAさんがブログで「すごい生き方」の紹介をしてくれました!
http://akiramania.ameblo.jp/
 十年前、私がAKIRAさんが出たイベントに行って「人生が変わりました!」と鬼気迫る表情で詰め寄ったことなどなどが書かれていますっ。懐かしい・・・。
 ぜひ、読んでみて下さいね。
 AKIRAさんには27日、「すごい生き方」のイベントに出て頂くのですが、つくづく十年前と自分は変わらないことをしていると思いました。思えばやはりメインテーマはずーっと生きづらさで、最初の本、「生き地獄天国」にも、生きづらいという言葉ばかり書いていました。
 AKIRAさんがブログで書いてくれているように、こんなことを私が言うのはとても僭越ですが、同じことをしている気がします。結局、私はAKIRAさんに非常に救われ、その救ってくれ方が絶対に普通の生き方をしてきた人ではあり得ないウルトラCのやり方で、それを今度は私が今苦しい人達にしたいと思っているんですよね。
 例えば、リストカットや自殺未遂ばかりしている私を否定する人や心配する人や変な目で見たり馬鹿にする人はいても、「肯定」して、その上「誉めて」くれる人はいませんでした。ですがAKIRAさんは、「その傷は勇者の証」とか、そんなことを言ってくれました。真剣に生きている証というか。そういうことを、様々な時代の状況や日本の閉塞性、世界中の少数民族の儀式なんかの例を持ち出して言ってくれるワケです。そして時に話は明治時代とかまで遡ったり宇宙とかまで行くわけです。リストカットをしている人に対して、精神科医やカウンセラーや少し知識がある人だと、病名をつけたり治そうとしたり薬を飲んだり、果ては何が原因か精神分析したりするわけですが、そしてそれは時に効くことはありますが、まったく違う価値観のもとにほうり出して全肯定、というのが私には一番効きました。「すごい生き方」にも書いたように、生きづらいのは真剣に生きてる証拠だし、真摯に自分や人生や社会や世界を考えている証だと思います。っていうか、すっげー毎日楽しくて悩みがない、という人って、どこか馬鹿っぽく見えてしまうというか、頭が悪そうな気がしませんか・・・? いや、それはそれで全然いいんですが、異民族に見えてしまって私自身はそういう人といるとコンプレックスで辛くなります、いまだに。
 そしてもう一人、私の生きづらさを全肯定してくれたのは見沢知廉さんでした。
 私が生きづらいのは今の時代状況、戦後教育、アメリカの属国にされた日本、というような、ものすごい大きなところから話は始まり、そしてそんな時代の中、生きづらさを感じる若い人間はそんな狂った時代状況を敏感に感じ、SOSを発する存在で、おかしいのは拝金主義や物質主義に毒された現代であり、生きづらい若者は革命家になるために選ばれた人間なのだ、という大逆転な発想。そして、いかに歴代の革命家が若く、貧しく、何もなく、何者でもなく、その時代の弱者、負け犬と見なされるような人間だったか、ということをとうとうと語ってくれました。語ってくれて肯定してくれるだけならよかったんですが、「だからお前は革命家になれ!」とニートだった私の進路(?)を決めてくれて、本当に右翼団体に送り込んでくれるんだから面倒見がいいというかなんというか・・・・。 27日は、「命の恩人スペシャル」ということで、そんなふうに私の生きづらさをものすごい勢いで緩和してくれた方々に集って頂きます。この中の方の誰かのやり方が、絶対あなたに効くはずです。効き方は漢方薬系から注射器でシャブ、みたいのまで様々です。その中に見沢さんも呼びたかったのですが、もうこの世にいないことが本当に残念です。
 本当に、手遅れにしたくないです。昨日、一水会の木村さんから、数年前に東京証券取引所に立てこもった活動家の方が八王子医療刑務所で亡くなったことを聞きました。私は御会いしたことはないのですが、見沢さんからいつも話は聞いていたのでとても残念です。

「すごい生き方」出版記念暴動大宴会
3月27日(月) 18:30 オープン 19:30 スタート
会場 新宿ロフトプラスワン
新宿区歌舞伎町1-14-7林ビルB2 TEL 03-3205-6864
入場料 1500円(飲食別) 


| 「すごい生き方」 | 12:29 AM | trackback (3) |
ネット心中
 昨日は横浜にサンクチュアリ出版の方と書店をまわってきました。
 以下の書店に行きました。
 色紙やサイン本があるので、横浜近辺の皆さん、ぜひゲットして下さいね。

 ・ブックファーストみなとみらい店
  写真、ミニサイン色紙、サイン本
 
 ・有隣堂ランドマークプラザ店
  写真、ミニサイン色紙

 ・紀伊國屋書店横浜そごう店
  写真、サイン色紙、サイン本

 ・有隣堂ルミネ店
  写真、ミニサイン色紙

 ・栄松堂ジョイナス店
  写真、サイン色紙、ミニサイン色紙、

 ・有隣堂西口店
  写真、ミニサイン色紙

 ・ヴィレッジヴァンガード横浜ワールドポーターズ店
  写真、サイン色紙、サイン本

 と、こんな感じです。
「サイン本」とないお店は色紙と写真だけなので気をつけて下さい。

 あと、3月27日の「すごい生き方」出版記念イベントについて、どんな感じかわからない、直接行けばいいの? という声があったので、ちょっと御説明を。
「ロフトプラスワン」は、飲食しながらトークが見られるというお店です。で、3月27日のイベントは、入場料が1500円。受付で払って頂き、中に入って飲食しながら思う存分トーク、ライヴ、詩の絶叫、映像の上映などを堪能して頂くという感じです。当日は2部構成を予定していて、19:30に始まり、21:00頃一旦休憩を10分ほど入れ、22:30〜23:00くらいまでトークなどをしようと思っています。なお、前売り券などはないので、当日、直接来て頂ければ大丈夫です。ロフトプラスワンの中で飲食した分はお帰りの際に払って頂くという、「トーク居酒屋」です。初めての方も、全然怖い場所じゃないので気軽に来て下さいね。なお、当日は本の販売もします。もちろんサインも。が、既に本を買っていて、私のサインが欲しいという奇特な方がいらっしゃいましたら、持って来て下さい。休憩の時、もしくは最後に気軽に「サインくれ」と声をかけて下さいね。
=======================================
雨宮処凛のわくわくお楽しみ会 VOL.1
 生きづらさ上等! 「すごい生き方」出版記念暴動大宴会!!

出演・雨宮処凛(作家)、AKIRA(作家、ONSENSボーカル)、
月乃光司(「こわれ者の祭典」代表)、土屋豊(映画監督)、今
一生(ライター)、他、大物飛び入りゲストがあるかも。

3月27日(月) 18:30 オープン 19:30 スタート
会場 新宿ロフトプラスワン
新宿区歌舞伎町1-14-7林ビルB2 TEL 03-3205-6864
入場料 1500円(飲食別) 

元リストカッターで戦場好きの作家・雨宮処凛の集大成「すごい生き方」(サンクチュアリ出版)出版を記念して、雨宮の命の恩人たちと生きづらさに効く数々を語り明かす夕べ。なんと世界放浪天才アーティストで元ジャンキー・AKIRA氏のライヴ、そして元アル中でひきこもり・月乃氏の詩の絶叫もあり!! 雨宮を発掘した「新しい神様」監督・土屋豊氏
によるお宝映像上映や、『「死ぬ自由」という名の救い/ネット心中と精神科医』(河出書房)を出版した今一生氏と盛り沢山トークも。善悪の彼岸をとうに超えた人達による人間賛歌の宴。
===========================================

 ・・・と書いてアップしようと思ったらネット心中がまたありましたね・・・。
 今回の本の取材を通して、それぞれが生きづらい理由は、本当に本人の個人的なものだけではない、ということをつくづく痛感しました。絶対に本人だけのせいではないし、多くの人は何も悪くないのにいろんなものの犠牲になっている。絶対に経済的な問題や雇用の問題や、そんな構造的なことが原因である場合も多いのに、本人は自分のせいだと思っているし、周りもそう言っているケースが非常に多いことがとても気になります。なんで生きる希望が見出せないのか、という質問の答えは難しいですが、なぜ自分はこんなに生きる希望を持てないのか、と思った時に、ネット心中する前に、テロっちゃってもいい気がするんですよね・・・。いや、本当にテロるわけではなく(本当にやってもいいと全然思いますが)、自分が生きづらい原因を理論的に外部に求め(はっきりとある)、それを怒りに変え、ひいては日本までをも変えていこうという意識(変えていこうというよりは全部ブチ壊してやる的な)を持つだけでも大分意識は変わるというか・・・。まさに私自身がそうだったので・・・。心中相手なんかをイベントで募集して、生きづらさをこじらせまくった果てに辿り着いたのが某右翼団体だったので。でも、本当にあの時怒りを外部に向けて、そして自分が生きづらい理由を個人のレベルの問題にしないでよかったとつくづく思っています。当時私は自分が生きづらいのはアメリカ帝国主義と戦後民主主義と拝金主義と物質主義と戦後教育と利益を優先させるだけの社会、などと言ってましたが、そういう意味ではそれは本当にそうだし、今はもっと状況が悪くなっているでしょう。とにかく生きる意味もわかんないし命を賭けるに値するものなんてないし周りは馬鹿ばっかりだしそのわりには周りの馬鹿ばっかりが必要とされて自分一人だけ社会から絶望的に必要とされていない、という絶望は、怒りを外に向けなければ本当にヤバかったと思います。だからといって政治運動しろとかテロれというつもりはないのですが、そういう視点を持つと意外と楽になりますよ。そしてもうひとつの利点は、そういう社会と自分、世界の中の自分、歴史的観点から見た自分の生きづらさ問題なんかを分析することは、ものすごくいい暇潰しになるんです。暇とか退屈って、死にたい気持ちを助長させますからね。


| 「すごい生き方」 | 08:43 PM | trackback (1) |
姉がニート
==========================================
私は、姉(28歳)のことで悩んでいます。
彼女は今月で仕事(派遣)を首宣告されました。もう何度目かわかりません。
派遣ですし、寝坊してずる休みばかりしていて、また、仕事も「何をやっているか理解できない(本人談)」ため、他の社員の方からも「給料泥棒」と言われているそうです。
彼女曰く、「他人が何を言っているのかわからない」ので、意思疎通ができないとのこと。
しかし、家では実家にいるにも関わらず、家事も一切せずに家にお金も入れません。
そのくせ自分は頭が悪いから何も覚えられないし、できないしやりたくない、こんな風に生んだのは親が悪い、と言って憚りません。
ちなみに両親はごく普通で、特別劣悪な環境だとか、しつけが厳しかっただとか、そういうことはありません。
ただ、父親の勤めていた会社が倒産し、今は無職ですので、家族が支えあっていかなければならない状態であるのに、彼女は自分のことしか考えず、家族にストレスしか与えません。しかしそれも、みんな、「自分に努力する能力がないから無理」と言って、直そうともしません。家を出て行けと言っているのですが、プライドもないので絶対に出て行かないし、死ぬ時は周りに迷惑をかけまくって死んでやる、と言います。
私は、昔から喘息持ちで病弱でしたが、彼女は超健康です。
今も健康そのものですが、私は彼女からのストレスにより数年前から自律神経失調症になっていて、生理はまともにきたことがありません。
母親はストレスで宗教にはまり始め、父親は姉と話もしません。
(以前、母と私ばかりに姉を押し付けるので、文句を言ったところ、父親が姉と二人で生活したのですが、姉は父親を嫌っているので、私は家族に捨てられたと恨み言を言い出し、仕事に全く行かなくなったので結局元通り生活をすることになったのです。父親も努力したのですが・・・)

こんな姉を、どうしたら良いですか?
仕事をしなければ倒産家庭にニートができてしまい、生活が苦しくて仕方がありません。
私もきちんと働きたいのですが、以前は働いていましたが、前述したようにもう何年も病院通いを続けていて、心療内科とアトピーのための病院と、産婦人科に通っていて、アルバイト以上のことが難しいのです。
けれども、少なくとも心療内科的なことの原因は姉にあるので、治りそうもありません。

私の希望は二つあります。
1.心身ともに健康になり、自立すること
2.姉が家族に迷惑をかけずに生活できるようになること

両親も年です。
私はかわいそうでなりません。

24歳 女性 アルバイト
======================================================

 うーん、なかなかお友達になりたくないタイプのお姉さんですね。相談者の方からは、お姉さんがそんな感じなので、自分がしっかりしなきゃという気合いがヒシヒシと伝わってきます。
 でも、どこかお姉さんの気持ちもわかるというか、私もかなりダメな方なので、今文章を書くのが仕事だからいいですが、それ以外の環境を思うとゾッとします。フリーターの頃なんかお姉さんとまさに同じです。寝坊してずる休みだし、みんなが何やってるのかわかんないし、職場の人と意志の疎通なんかできないし・・・。でもなんでも親のせいというのは困りますよね。お姉さんは家族以外に依存する対象はないのでしょうか? 彼氏とか、友達とか、趣味とか・・・。
 お姉さんのことで心療内科に行くくらいだったら、相談者の方が家を出るのが一番いいかと思いますよ。アルバイト以上のことが難しいということですが、アルバイトでも全然一人暮らしで生活できますよ。大変だとは思いますが、今のまま家にいてお姉さんのことでストレスを溜めて心療内科に通うよりはよほどいいと思います。
「お姉さんが家族に迷惑をかけずに生活できるようになること」ですが、これは難しいですよね、本人になんだかその気がちっともなさそうで。家庭内で兵糧攻めというわけにもいかないし・・・。でも、たぶん、相談者の方が何を言ってもお姉さんの生きる姿勢は変わらないと思います。自分で気付くまでこの手のことはどうにもならないんですよね。だから、放置して、まずは今の希望1の、心身ともに健康になり、自立することを最優先させて下さい。


| 人生相談 | 10:29 PM | trackback (x) |

PAGE TOP ↑