雨宮処凛(著) すごい生き方 公式ページ

本の紹介

元リストカッターの雨宮処凜が
いま生きづらい人に、新しい生き方をしめす1冊。


「すごい生き方」
著:雨宮処凛
絶賛発売中!

定価:1300円+税
発行・発売/サンクチュアリ出版

SEARCH
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2006年12月 次月>>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
POWERED BY

バナー

フリーターがホームレスになる日
昨日の「オールニートニッポン」、来て下さった皆さん、ありがとうございました! ランディさんのお話がとてもとても刺激的で、かつ勉強になり、そして楽しく、この番組をやらせて頂いて良かったなぁ、とつくづく思いました。そしてランディさんのお話を聞いて、自分がいかに表層しか見ていないかということも痛感しました。
皆様、本当にありがとうございました!

打ち上げの後は、酔っぱらいながら〆切間際の原稿を書きました。なんとかできた・・・。

そして昨日発売の週刊金曜日12月22日号で「フリーターがホームレスになる日」という渾身の原稿を書きました。これはプレカリアート問題ど真ん中のルポ的なものです。是非是非読んで頂けると嬉しいです。いろいろなところで宣戦布告していきたいと思っています。
この号では「オールニートニッポン」も紹介されています。

感想など、よかったら聞かせて下さいねー。

| 「すごい生き方」 | 04:08 PM | trackback (x) |
22日は「オールニートニッポン」!
ということで、公開生放送!
是非是非会場に来て下さいね!
定員にはまだ余裕がある模様。
年末だし、忘年会な感じでやりましょうーーーー。
詳細は以下。
楽しみですっ。



▼田口ランディ×雨宮処凛 Special Talk Live!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 〜12月22日オールニートニッポン年末Special企画〜
            http://www.kotolier.org/ann

━━━━━雨宮処凛のオールニートニッポン公開生放送
     ゲスト:田口ランディ(作家/エッセイスト) ━━━━━

-----------------------------------------------------------------
        12月22日(金)@ティーズサロン(渋谷)
                 主催:オールニートニッポン事務局
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【イベントのご紹介】

★時代の最先端を疾走する二人の女流作家によるスペシャルトークライブ
 
生きづらさを抱える若者たちにカリスマ的な人気を誇り、自伝的長編小説『バンギャル ア ゴーゴー』(講談社)が発売されたばかりの気鋭作家・雨宮処凛氏と、日本を代表する女流作家の一人である田口ランディ氏によるスペシャルトークライブがこの年末に実現することになりました。

今回は、「家族」「ひきこもり」「少年・少女」「思春期」「シャーマン」「寺山修司」「自分探し」などをテーマに
お二人の生い立ちから、これまでの活動、社会に対する警笛まで、余すことなく語っていただきます。
お二人のファンだけでなく、21世紀を生きるすべての若者たちに聴いて欲しい企画です。是非この機会をお見逃しなく!
  

■ 開催概要
-----------------------------------------------------------------

 ・日時  :12月22日(金)19:00〜22:00(開場18:30)
 ・会場  :渋谷ティーズサロン2F イベントスペース
       http://www.salon.tsstyle.jp/map.html
 ・定員  :80名(定員になり次第〆切)
 ・参加費用 :前売のみ 2,000円
 ・パーソナリティ:雨宮処凛(作家)
 ・ゲスト:田口ランディ(作家/エッセイスト)
 ・プログラム :
       オールニートニッポン公開生放送 19:00〜21:00
       会場限定特別トークライブ 22:10頃まで
 ・主催  :NPOコトバノアトリエ内,オールニートニッポン事務局
 ・URL :http://www.kotolier.org/ann/

  ※イベント終了後、近くの居酒屋で懇親会を行います。(出演者の参加は未定です)


■ 雨宮処凛氏プロフィール
-----------------------------------------------------------------
1975年北海道生まれ。ゴスロリ作家。元パンク歌手&元政治活動家。アトピーが原因で受けたイジメを発端に、不登校、家出、リストカット、自殺未遂などを繰り返す。その壮絶な半生を描いた『生き地獄天国』(太田出版)は大きな反響を呼び、以後『自殺のコスト』(太田出版)、『暴力恋愛』(講談社)、『EXIT』(新潮社)など数多くの話題作を生み出している。ドキュメント映画『新しい神様』(監督・土屋豊)にも出演。
ホームページ http://www3.tokai.or.jp/amamiya/
※雨宮処凛さんからの挨拶映像を見るにはこちらをクリック


■ 田口ランディ氏プロフィール
-----------------------------------------------------------------
1959年東京生まれ。作家・エッセイスト。広告代理店、編集プロダクションを経てフリーライターに。 1996年、紀行エッセイ『忘れないよ!ベトナム』(ダイヤモンド社)を出版。2000年6月長編小説『コンセント』を出版し小説家デビュー。『できればムカつかずに生きたい』(晶文社)で第一回婦人公論文芸賞を受賞。最新作は『寄る辺なき希望の時代』(春秋社)。
ホームページ http://www.randy.jp/


■ 申込・問い合わせ
-----------------------------------------------------------------
 ○件名「12/22 オールニートニッポン公開生放送参加希望」
  ※申込み締切り:12月20日(水)24時まで
  ※下記に必要事項をご記入の上、ann-entry@kotolier.org 宛にメールをお送りください。
 ○問い合わせ先:ann@kotolier.org
 ※お名前、メールアドレス、問い合わせ内容を明記してください。

????????????申し込みフォーマット???????????
■ お名前:
■ 所属(学生は大学および学部・学年など):
■ メールアドレス:
■ 緊急連絡先  :
■ 申込理由(3行程度):


■ 田口ランディ氏、雨宮処凛氏への質問:


■ 二次会参加: する / しない (どちらかを残してください)

????????????申し込みフォーマット???????????


-----------------------------------------------------------------
 NPOコトバノアトリエ「オールニートニッポン事務局」
 担当:小穴、松浦
 〒113-0033 東京都文京区本郷1-14-8 丸山ビル5B
 TEL / FAX:050-1071-8324
 Copyright (c) NPO Kotoba no Atelier All rights reserved.
-----------------------------------------------------------------


| 「すごい生き方」 | 09:27 PM | trackback (0) |
明日(17日)はこわれ者の祭典!
私も出ます。
みんな、来てねー。

12/17(日) 「こわれ者の祭典東京公演」(東京)
どんな時でも、ポジティブに生きよう!
メンバー全力投球年2006年ラスト公演!!!

出演:月乃光司 Kacco 大久保長男 アイコ DAIGO 周佐則雄

ゲスト:雨宮処凛、タダフジカ 

開場12:30 開演13:30 / 料金:1500円(飲食費別)
会場:新宿ロフトプラスワン(新宿コマ劇場前)
お問い合わせ NAMARA東京事務局  03-3479-6026

| 「すごい生き方」 | 07:18 PM | trackback (0) |
「バンギャル ア ゴーゴー」が・・・
「バンギャル ア ゴーゴー」が、重版決まりました!
うれしい・・・。うれしいわりには、この喜びを共有できる人があまりに少ないのが、たった一人で書いてるという仕事の寂しさかもしれません。誰か祝ってくれ!! そしてずっと前から言ってる「ヴィジュアル系限定カラオケ」したいなぁ・・・。90年代前半から中盤にかけてのヴィジュアル系が一番充実してるカラオケ情報など、知ってる方がいたら教えて下さい。なんか最近、カラオケから90年代V系、すごい勢いで少なくなってる気がします。でもそんなカラオケ、いつ実現するんだろう・・・。年内は無理だから、来年かな。

そして今日発売の「クロワッサン」で「バンギャル ア ゴーゴー」についてインタビュー、受けています。結構あの小説、全部私の実体験だと思ってる人もいるんですが、そんなことはありません。その件については最新号の「ビッグイシュー」にも書きましたが、私の不発な青春を、理想のものとして完全燃焼させた、という意味合いの方が大きいのです。

さて、まったく話は変わりますが、私が会員になっているPOSSEが女性のしごとについて、以下のようなことをします。私もとっても応援している活動です。女性で仕事について悩んでいる方、是非参加してみて下さいね。


:*:★,。・:*:女×しごと× POSSE :*:・゜'☆,。・:*:・。,★'・:*:
 
   女性のしごと Talk @ Cafe
       12月16日(土)18:30〜 @PA/F SPACE
:*:・。,★゜'・:*:・。,☆,。・:*:・゜'★,。・:*:・。,☆゜'・:*:。★,。・:*:
 
「これってセクハラ?」
「飲み会の席、部長の前は女子社員、ってなんで?」
「社員の世話ばっかり!私が女だから?」
「あいつと同期なのに、なんで給料に差があるの?」
「派遣だけど、生理休暇がほしいなぁ」
「職場で話せる人がいない…誰かと話したい」
「働きやすい職場ってどんなところ?」

仕事や職場で困っていること、話しませんか?

ゲストの伊藤みどりさんに、女性を取り巻くしごとの現実についてお話いただきます。
そのあとはお茶を飲みながらみんなでトーク!
情報を共有したり、悩みの解決策を探ったり、仲間をみつけたり…、ぜひお越しください。
学生も大歓迎!

::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜
ゲスト
伊藤みどりさん Profile
高校卒業後上京し、さまざまな職種を経て、1995年3月に「女性ユニオン東京」を設立。初代執行委員長。2001年から「女性ユニオン東京」の有償スタッフを務め、今年3月に後輩と交代し引退。
現在「女性ユニオン東京」執行委員であり「働く女性の全国センター」を2007年1月20日に発足させるために活動中。
::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'

【日時・会場】
12月16日(土)
 18:00 開場
 18:30 開始
    第1部 お話 伊藤みどり(女性ユニオン)
    第2部 みんなでトーク
**PA/F SPACE (パフスペース)**
(地下鉄東西線早稲田駅、2or3b出口より徒歩2分)
所在地:東京都新宿区馬場下町18 フェニックスビル3F
 TEL:03-3207-0856(当日のみの連絡先です)
地図→http://www.pafspace.com/pafspace/riyou/riyou-3.html
【参加費 】
 500円 (お茶・お菓子付き)
※事前の申し込み等は必要としませんが、何かご不明な点がありましたら、posse-npo@hotmail.co.jp
までお願いします。
※恐れ入りますが、女性のみの参加とさせていただきます。

::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*
POSSEって?
私たちPOSSEは、フリーターや学生など若者によるNPOです。若者の「働くこと」に関する問題に取り組むとともに、若者が集まり交流し学ぶ場をつくります。このイベントはPOSSEの女性メンバーが企画しています。
::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*
---主催-------------------------
NPO法人(申請中)POSSE
住所:東京都世田谷区代沢5-32-5シェルボ下北沢301号
TEL: 03-5779-1890
FAX:03-5779-1891
mail:posse-npo@hotmail.co.jp
HP:http://www.npoposse.jp/
--------------------------------

| 「すごい生き方」 | 09:25 PM | trackback (0) |
連載スタート!
今日発売の「群像」07年1月号より、「プレカリアートの憂鬱」という連載を始めました。興味のある方は、是非是非読んで下さいね。毎回プレカリアートな方々に取材し、書いていくという連載では初めての試みです。第一回目のタイトルは「障害者枠での就職は、ニートの希望となり得るか」。今の日本で生きるとは、働くとは、ということを、連載を通して考えていきたいです。
「群像」のこの号には、「バンギャル ア ゴーゴー」の書評も載っています。「追っかけ少女のビルドゥングスロマン」というタイトルで永江朗さんが書いてくれています。とっても嬉しい。
そして同じく今日発売の「STUDIO VOICE」07年1月号でも「バンギャル ア ゴーゴー」の書評が。「逃げる場所はもうずっと前からある」というタイトルで水越真紀さんが書いてくれています。その書評の中で、なんだかすごい文章を発見。
「これは00年代『逃走論』(浅田彰)と『完全自殺マニュアル』(鶴見済)だ。浅田彰が雨宮処凛になる20年の間に、この一つのメッセージが必要な層はこのように広がってきたのだ」
ををを・・・、よく理解できないけどなんだかすごそうな気がします。完全自殺マニュアルは思いっきり自分の世代ですが、逃走論はタイトルしか知らない・・・。ですが一定程度の年齢層より上の人にこれを見せると反応が違います。でもなんとなくこんな一文を読むと、「バンギャル ア ゴーゴー」を読まなくちゃいけない気になりませんか?

昨日は某新聞社の方々と取材をかねての飲み会のあと、カラオケでヴィジュアル系ばかり歌い、家に帰っても一人興奮覚めやらず、「エクスタシー・サミット」のビデオまで見た上、更に興奮し、「バンギャル ア ゴーゴー」を読みふけってました。自分で言うのもなんだけど、面白い・・・。自分の書いた小説読んで止められず寝不足になるってどうかしてますね・・・。ストーリー思いっきりわかってんのに。

| 「すごい生き方」 | 12:45 PM | trackback (0) |

PAGE TOP ↑