雨宮処凛(著) すごい生き方 公式ページ

本の紹介

元リストカッターの雨宮処凜が
いま生きづらい人に、新しい生き方をしめす1冊。


「すごい生き方」
著:雨宮処凛
絶賛発売中!

定価:1300円+税
発行・発売/サンクチュアリ出版

SEARCH
CALENDAR
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
<<前月 2007年02月 次月>>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
POWERED BY

バナー

 

怒濤のイベントラッシュ
 昨日のいじめイベントに参加して下さった皆さん、本当にありがとうございました。
 歴史に残るような、素晴らしいイベントだったと思います。主催、出演者、スタッフの皆さん、来て下さった皆さん、本当にありがとうございました。そして体験を語ってくれた皆さんに、何度も「ありがとう」を言いたいです。言いづらいことも話してくれて、ありがとうございました!
 なんだか自分が初めてイベントを主催した時の初心を思い出しました。私もどうしても訴えたいことがあって、でも発言の場がなくて、なんだか悲愴な決意でイベントを主催していました。そんな感じで、母のような目線でみんなのことを見ていました 笑。
 そして昨日は、いじめ自殺された高山裕太さんの事件のこともお話させて頂きました。自殺に追い込まれた側が名誉毀損で損害賠償を請求されているというひどい事件です。この問題は、いじめられた経験を持つ人全員への冒涜だと思います。署名も沢山の方に頂き、本当にありがとうございます。私の方からお母さまに責任を持ってお送りさせて頂きます。

 さて、15日に発売となった「ビッグイシュー」の連載に「こわれ者の祭典」のことを書きました。また、今出ている「サイゾー」で、石原都知事について、コメントしています。
 ということで、23日の「オールニートニッポン」から怒濤のイベントラッシュが続きます。オールニートニッポンについての情報は、適当にその辺にあるのでチェックして下さいね。
 まずは24日。私も会員になっている「POSSE」のシンポジウムに出演します。

--------------------------------------------------
POSSEシンポジウム
偽装「再チャレンジ」〜自己責任論を超えて〜

「再チャレンジ」「労働ビッグバン」。最近よくニュースで耳にする言葉ですが、どんなものなのか実際にはよくわかりません。そこで、私たちPOSSEは、これからの日本社会を生きる若者自らが政府の「再チャレンジ」「労働ビッグバン」を検証するために、「偽装「再チャレンジ」 〜自己責任論を超えて〜」と題し、イベントを行ないます!
 私たち若い世代が働く環境は日々悪化しています。おおくの企業は残業代を適法に支払わず、非正規雇用労働者の数も膨大になっています。
こうした中で、政府は「労働ビッグバン」を打ち出し、労働契約法制の制定やホワイトカラーイグゼンプション制度の制定を目指しています。これらは不安定な雇用をさらに増やし、働く者の法的権利を縮小していくものです。
 また一方で、安倍首相は「再チャレンジ可能な社会」を掲げています。ですが、再チャレンジがうまくいくかどうかは自己責任です。しかも、国会で政府は、非正規を増やし続けることを認める発言もしています。
 今回はこのようなテーマに対して、酒井隆史さん(社会思想史)、後藤道夫さん
(現代社会論)、雨宮処凛さん(作家)、をお呼びしてシンポジウムを行います。さらに、そこにPOSSE会員のフリーターや、ニート支援をしている若者が議論に参加します。
 政府や財界の志向する労働政策についてだけではなく、それと私たち若者の「生きること」がどのように結びついているかまで掘り下げ、意義深いイベントにしていこうと思っています。ぜひぜひご参加下さい!

【日時】
07年2月24日(土) 18時半〜(18時10分開場)
【場所】
新宿区立角筈区民ホール
(京王線初台駅より徒歩10分/大江戸線都庁前駅A5出口より徒歩10分
〒160-0023 新宿区西新宿4丁目33番7号
TEL:03-3377-1372 FAX:03-3377-1073)
【資料代】1000円
詳細はこちら http://blog.goo.ne.jp/posse_blog/e/156372a7990219a87be2ae703fb17e44
---------------------------
 そして25日は、川田龍平さんと対談!
 初めて御会いするのでどんな方かとても楽しみです。
-------------------------------
パネル討論「若者のいま?生きづらい社会の中でしあわせに生きるには?」
 パネリスト: 雨宮 処凛(作家)
        川田 龍平(薬害エイズ裁判原告・松本大学講師)
 日 時:2007年2月25日(日)14時〜17時
 場 所:保谷公民館視聴覚室
 参加費:無料

 いじめ、フリーター、ニート、リストカット、自殺、犯罪の当事者…若者の抱える生きづらさのかずかず。生きづらさの実態とそれを形作っているものとは。
 アトピーによるいじめ・周囲の無理解・自殺未遂・右翼パンクバンドボーカル・現在作家としてまた種々の若者の活動に関わる、雨宮処凛さん。
 国・製薬会社・医者の薬害情報隠し・保身等の結果、エイズにされ薬害エイズ裁判被告として、また大学講師として種々の活動に関わる、川田龍平さん。
 お二人のこれまでの体験と討論を通して「しあわせに生きる」にはを考える。
 どなたでも参加できますので、お気軽にお出掛けください。
詳細はこちら http://www004.upp.so-net.ne.jp/idobatakaigi/
-------------------------------------
 ということで、まずは23日、オールニートニッポンで御会いしましょう!
 ゲストは森達也さん、貧乏人大反乱集団、高円寺ニート組合の松本さん(ぜひ高円寺ニート組合の三人デモ・「WE ARE THE THREE(ONLY!)」を御覧下さい。どっかに動画あります)、フリーター労組の梶屋さんです!



| 「すごい生き方」 | 03:23 PM | trackback (5) |
緊急のお願い いじめ自殺
一昨年、長野県でいじめ自殺した高山裕太さんのお母さまより連絡を頂きました。
裕太さんは部活内でいじめを受け、自殺に追いやられたにもかかわらず、その高校のバレー部顧問、部員生徒など30人が、自殺した裕太さんのお母さんに「名誉毀損」で3000万円の損害賠償を要求しています。
「週刊金曜日」1月26日号にも詳細が掲載されていますが、人をいじめ自殺に追い込んだ側が損害賠償請求など、どういうことでしょうか。驚き、呆れながらも激しい怒りを感じます。

以下、お母さまが公開されている文章です。

---------------------------------

北海道滝川市内の小学校で首をつって自殺した6年生女児や福岡の男子中学生いじめ自殺のことが大きく取り上げられていますが、私の長男であった長野県立丸子実業高校一年生バレーボール部の男子生徒 高山裕太君が去年の12月6日、自室で首つり自殺しました。

 裕太は中学生の頃から喉の病気で”嗄声”でうまく話すことができず、そのため高校に入ってから、バレー部の先輩からからかわれるなどのいじめを受けていました。中学の時にはからかわれることはありませんでした。声の物まねなどをされて、死ぬほど嫌だったとノートに書いた手紙や遺書がいくつもあります。先輩からハンガーで思い切り殴られる暴力も受けていました。

 そのために生前裕太と私で学校、県教育委員会にいじめをやめさるように指導して欲しいと訴えましたが、事実を認めず、何も助けてもらえないどころか、担任やバレー部の顧問や部員やその父母や教育委員会、校長らからいじめを隠蔽するために私と裕太に3ケ月もわたって嫌がらせをされました。そんな中裕太はうつ病になり自殺をしました。

 そして裕太の死後からいままでも校長やバレー部関係者から酷いいやがらせを受けています。

 現在、バレー部員5名は暴行罪で、校長を殺人罪と名誉毀損罪で告訴し両事件とも検察庁に書類送付されています。
 また今年の3月に事実の調査もせずにいじめも暴力もなかったと教育委員が認定しマスコミに発表し、私にも同じ回答文が送られてきましたがそれを受け、2006年4月に事実を解明するために教育委員会や、学校、校長らを相手に民事訴訟を起しました。

 しかしこのような裁判中のなか2006年10月30日にバレー部の顧問とバレー部員のいじめや暴力をしていた生徒を含む30名が、私に対して3000万円を要求するといった、加害者が被害者を訴えるという異例な状況になっています。

このような不条理は許せません。

またこの裁判の中で、地元の警察官と教育委員会の職員が私が精神病者であるとまったくの偽った情報を関係者やマスコミに流し、裕太のされた虐めを隠ぺいしていた事がわかりました。
 
 この事実から、2006年12月6日に県教育委員会もと子供支援課職員丸山氏と、佐久警察署現役警官の両名を、公務員法違反と、名誉毀損罪で、検察に告訴しました。

以上のように丸子実業高校では自分たちのバレーのためた教師の責任逃れのためには本当に卑劣な行為を行なっています。
 
どうか私に、みなさんの支援をお願いします。
この事件の詳細はこのブログにあります。

http://blog.livedoor.jp/yutatakayama/

私や裕太に是非とも支援のご署名をお願いします。都道府県名とお名前(本名に限らず、ペンネーム等でも結構です)、そして出来ましたらご支援の一言をお書きいただければ幸いです。

http://8703.teacup.com/ouninn/bbs?

関連記事

私の雑記帳
http://www.jca.apc.org/praca/takeda/message.html

田中県政追撃コラム
http://blog.livedoor.jp/tuigeki/archives/cat_50011592.html

高山裕太君を支援する会
http://8701.teacup.com/yuutatakayama/bbs?

署名のお願いをしています。

http://izime.jp/takayama_yuta_san_shomei.pdf
署名用紙です。
あて先は
http://phonebook.yahoo.co.jp/list?a2=13114&g3=6843000
署名の送り先は高見澤弁護士の事務所にお願いします
高見澤法律事務所
Fax 03-5318-3573
東京都中野区上高田1丁目39-16-208

一人でも多くのご署名を頂きたくお願い申し上げます。

https://www.filey.jp/free/view.cgi/gK7NSzhBTEosPVYygCjb3v04jTWxGPvb

またミクシイに高山裕太を支援する会を作りました。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1784472
みなさんの参加宜しくお願い申し上げます。

-------------------------
まずはこのようなことがあることを知って頂き、署名して頂けると幸いです。
2月18日のいじめイベントでもこの件について、お話したいと思っています。また、当日、署名も集めたいと思っていますので、是非お願いします。
--------------------------------------

●題名…『いじめは深刻な問題!!』
●日時…2月18日(日) OPEN12:30 /START13:00 /END16:00 (イベント終了後に交流会も予定)
●場所…新宿ロフトプラスワン (新宿区歌舞伎町1-14-7 林ビルB2 /新宿駅東口から徒歩7分 /TEL03-3205-6864)
●料金…1,500円+飲食代
●出演…暗器使い(主催/いじめ体験発表)、市野善也(司会進行)、他にいじめ体験を語るメンバーが2名
●ゲスト…雨宮処凛(作家)
●概要…いじめ問題の深刻さと、いじめの『リアル』を当事者の視点から語り合うイベントです。
雨宮処凛を含めた実際のいじめ被害体験者4人が、それぞれ受けた具体的ないじめ体験談と、いじめを受けた事で感じた生き辛さを語ります。
また、今のマスコミのいじめ報道についてどう思うか?、加害者や傍観者に対してどう思っているか?、どうすればいじめ被害者の心は救われるのか…?、当事者の視点から、様々な問題について本音で話していけたらと考えています。
『当事者が本音を語る』と言う意味で、内容的に非常に深いイベントになると思うので、関心のある方がいらっしゃれば、是非とも参加を検討して頂けたら…嬉しく思います。
いじめ被害当事者の方はもちろん、家族や友人がいじめ被害に合っていたと言う方、被害者ではないけど、いじめ問題に関心があると言う方、いじめでなくても何か生き辛さを抱えていると言う方、とにかくイベントに関心を持たれた方なら、どなたでも参加可能です、宜しくお願い致します。
※イベント終了後、別の場所(飲食店)で交流会も予定しています!!、いじめ問題や生き辛さについて語り合いたい方から、友達や仲間を見つけたい方、食べながらちょっとお喋りしたい方まで、どなた様も気軽にご参加下さいませ(・ω・)/☆


| 「すごい生き方」 | 09:15 PM | trackback (2) |
オールニートニッポン第五回放送!
オールニートニッポン、第五回公開生放送は、あまりにも豪華です!
なんと、ゲストに映画監督の森達也さん!
そして、貧乏人大反乱集団・高円寺ニート組合・素人の乱でお馴染み、高円寺で革命を起こしまくり、「家賃をタダにしろ一揆」や「俺の自転車を返せデモ」「すっぽかしデモ」などの首謀者・松本哉さん!
そしてそして、私も賛助会員となっている「フリーター全般労働組合」の梶屋大輔さん!
というあり得ないお三方の組み合わせとなっています。
「貧乏すぎて暴れるしかない」貧乏人大反乱集団と、フリーターの権利問題に取り組むフリーター労組、そして迎え撃つはあの森達也さん、ということで、一体どうなるのか、さっぱり見当がつかないところがあまりにも楽しみです!
格差、フリーター、貧乏、革命、一揆、暴動、そして宗教などなど、あらゆる話題を山盛りでお届けします。是非、参加して目撃者になって下さい! そしてここから何かを起こしましょう! だって石原都知事から暴動の許可もらったもん!

ということで、以下です。


▼現代の若者を取り巻く社会環境を、森達也、雨宮処凛らが鋭くえぐる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 〜2月23日「雨宮処凛のオールニートニッポン」公開生放送〜
    パーソナリティ:雨宮処凛(作家)
    ゲスト:森達也(映画監督)、梶屋大輔(フリーター全般労働組合)、松本哉(貧乏人大反乱集団・高円寺ニート組合・素人の乱)
            http://www.kotolier.org/ann

-----------------------------------------------------------------
  2月23日(金)@渋谷T's SALON1F(渋谷駅徒歩5分)
             主催:オールニートニッポン事務局

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【イベントのご紹介】

★悪化する社会環境、労働問題、逃げ場のない自己責任論、そして若者たちの心象風景は……?

「雨宮処凛のオールニートニッポン」第5回目の公開生放送は、森達也さん(映画監督)、梶屋大輔さん(フリーター全般労働組合)、松本哉さん(貧乏人大反乱集団・高円寺ニート組合・素人の乱)をお招きし、若者を取り巻く社会環境、労働問題をテーマにお送りいたします。

フリーターや派遣社員の増大など労働環境が悪化する中、非正規社員の待遇改善を求めた活動から、宗教や愛国心、暴動に傾く若者たちの実際や心象風景まで、リアルな現場を知る4人だからこそできるお話をしていただきます。

社会の中で成功できないのは「自己責任」だと考えがちな全ての方にお送りする、熱く、真剣なトークライブ、ぜひこの機会をお見逃しなく!
(※本放送はインターネットラジオでもお聴きになれます。)


■ 開催概要
-----------------------------------------------------------------

 ・日時  :2月23日(金)19:00〜22:00(開場18:30)
 ・会場  :渋谷ティーズサロン1F イベントスペース
       http://www.salon.tsstyle.jp/map.html
 ・定員  :80名(定員になり次第〆切)
 ・参加費用 :1,500円
 ・パーソナリティ:雨宮処凛(作家)
 ・ゲスト:森達也(映画監督)、梶屋大輔(フリーター全般労働組合)、松本哉(貧乏人大反乱集団・高円寺ニート組合・素人の乱)
 ・プログラム :
       オールニートニッポン公開生放送 19:00〜21:30
       会場限定特別トークライブ 22:00頃まで
       ※イベント終了後、近くの居酒屋で懇親会を行います(費用3,000円前後)
 ・主催  :NPOコトバノアトリエ内,オールニートニッポン事務局
 ・URL :http://www.kotolier.org/ann/


■ 森達也氏プロフィール
-----------------------------------------------------------------
映画監督、ドキュメンタリー作家。1956年生まれ。98年オウム真理教の荒木浩を主人公とするドキュメンタリー映画「A」を公開、各国映画祭に出品し、海外でも高い評価を受ける。2001年、続編「A2」が、山形国際ドキュメンタリー映画祭で特別賞・市民賞を受賞。著書に、『「A」マスコミが報道しなかったオウムの素顔』、、『A2』(現代書館)、『世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい』(晶文社)、『いのちの食べかた』(理論社)、『ドキュメンタリーは嘘をつく』(草思社)、『森達也の夜の映画学校』(共著・現代書館)など。
ホームページ http://www.jdox.com/mori_t


■ 雨宮処凛氏プロフィール
-----------------------------------------------------------------
1975年北海道生まれ。ゴスロリ作家。元パンク歌手&元政治活動家。アトピーが原因で受けたイジメを発端に、不登校、家出、リストカット、自殺未遂などを繰り返す。その壮絶な半生を描いた『生き地獄天国』(太田出版)は大きな反響を呼び、以後『自殺のコスト』(太田出版)、『暴力恋愛』(講談社)、『EXIT』(新潮社)など数多くの話題作を生み出している。ドキュメント映画『新しい神様』(監督・土屋豊)にも出演。
ホームページ http://www3.tokai.or.jp/amamiya/
※雨宮処凛さんからの挨拶映像を見るにはこちらをクリック


■ 申込・問い合わせ
-----------------------------------------------------------------
 ○件名「2/23 オールニートニッポン公開生放送参加希望」
  ※申込み締切り:2月22日(木)18時まで
  ※下記に必要事項をご記入の上、ann-entry@kotolier.org 宛にメールをお送りください。
 ○問い合わせ先:ann@kotolier.org
 ※お名前、メールアドレス、問い合わせ内容を明記してください。

申し込みは以下から!
http://www.kotolier.org/ann/open.html


| 「すごい生き方」 | 10:28 PM | trackback (1) |
明日は熱血頑固爺さんイベント
明日、熱血頑固爺さんイベントにちょろっと出ます。
それにしても、塩見さんて本当に強引です 笑。
もっと前もって言ってくれれば有り難いのですが・・・。
ということで、明日はいろいろ熱血頑固爺さんたちに貴重な話が聞けるでしょう。60年安保とか興味ある人も、改憲問題に興味がある人も是非。

---------------------------------

世界同時革命論者、塩見孝也が
「9条改憲阻止の会」熱血頑固
“爺さん”達に聞く!!

9条改憲阻止の会とは何か?/2006年「6.15 9条改憲
阻止!樺美智子さん追善!国会デモ」「10.21国際反戦デ
ー銀座デモ」ビデオ上映/2007年「6.15」実行委員会
発足/安倍政権の改憲動向について

*9条改憲阻止の会
http://www.jca.apc.org/kyujokaikensoshi/index.html

【出演】塩見孝也/小川登/藏田計成/江田忠雄
【日時】2007年2月7日(水) Open 18:30/Start 19:30
【参加費】¥1,000(飲食代別)
【会場】新宿ロフトプラスワン
http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/map.html

新宿区歌舞伎町1-14-7林ビルB2 TEL 03-3205-6864


| 自己紹介 | 06:39 PM | trackback (0) |
「論座」など
今日発売(たぶん)の「論座」07年3月号に「格差と貧困」というテーマでテーマ書評を書きました。
取り上げさせて頂いたのは「ネオリベ現代生活批判序説」「労働ダンピング」「過労自殺と企業の責任」「悪夢のサイクル ネオリベラリズム循環」そして「バカをあやつれ!」です。気合いを入れて書きましたので、皆さん是非、立ち読みでもいいので目を通して下さると嬉しいです。
また、七日発売の「群像」の連載「プレカリアートの憂鬱」第三弾では、「戦略的生活保護のススメ」というタイトルで書きました。毎回取材し、20枚ほど書いていますので、是非御覧下さいね。一回目がニート、二回目がひきこもり、三回目が生活保護の問題ということしで、三月の「もうガマンできない」集会のテーマにも非常に絡んできます。
ということで、よろしくです。

| 「すごい生き方」 | 04:35 PM | trackback (3) |
 

PAGE TOP ↑