雨宮処凛(著) すごい生き方 公式ページ

本の紹介

元リストカッターの雨宮処凜が
いま生きづらい人に、新しい生き方をしめす1冊。


「すごい生き方」
著:雨宮処凛
絶賛発売中!

定価:1300円+税
発行・発売/サンクチュアリ出版

SEARCH
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2008年03月 次月>>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
POWERED BY

バナー

ガソリンスタンドユニオン、結成!
http://www.magazine9.jp/karin/080326/080326.php
マガジン9条、更新しました。
3月31日から4月15日頃まで、水先案内人としてピースボート乗船のため、日本にいません。
連絡が取れないので、何か仕事関係で連絡とらなければいけないという方は、残念ですがその間、諦めて下さい。
ちなみにどうしてもという場合は、ピースボートに連絡して頂ければ連絡とれるかも、です。

| 「すごい生き方」 | 01:42 AM | trackback (13) |
GO!GO!プレカリアート! 今年も「自由と生存のメーデー」がやってくる!
http://www.magazine9.jp/karin/080319/080319.php
マガジン9条、更新しました。
ここ数日、風邪と喘息で死にかけてます・・・。


| 「すごい生き方」 | 12:59 PM | trackback (4) |
「スキル」問題
マガジン9条、更新しました。
http://www.magazine9.jp/karin/080312/080312.php

そして19日、京都へ行きます。お近くの方は、ぜひ。

2008年春 ラボール学園の公開セミナー
第3回 「フリーターの今と未来は?−出口なき若者たちー」
■ 特別ゲスト :雨宮処凛(作家)
■インタビュアー:イダヒロユキ(立命館大学非常勤講師)
■ と き:3月19日(水)午後6時30分〜8時30分
■ ところ:京都テルサ東館2階セミナー室(京都市南区東九条下殿田町70(新
町通り九条下る)
■ 主 催:ラボール学園(社団法人京都勤労者学園)
〒604-8854京都市中京区四条御前ラボール京都3F
電話075-801-5925 FAX 075-812-1508 e-mail gakuen@labor.or.jp
URL http://www.labor.or.jp/gakuen
■ 申込み:はがきか電話、電子メール・FAXにてラボール学園まで。(先着順)。

 従来の正社員以外の様々な働き方が増えるなか,格差がますます広がりつつありま
す。「働き方」というと,労働者が多様な雇用形態の中から積極的に自分にあった働
き方を選んでいるようにも聞こえますが,現実はどうでしょうか? 今回は「多重債
務・格差社会・フリーター・ベーシックインカム・労働契約法」をキーワードに取り
上げました。
 第3回は作家の雨宮さんと大学教員のイダさんを迎え、雨宮さん自身の体験も交え
ながら、若者の現状をふまえた上で、エリートでない普通の若者がいかに生きていく
ことができるのか、希望を対談形式で探っていきます。




| 「すごい生き方」 | 06:58 PM | trackback (3) |
「反撃タイムズ」、更新!
http://www.chikumashobo.co.jp/new_chikuma/
更新しました。読んでね。今回は「首都圏美容師ユニオン」の柳さん!

そしてもろもろ。
今日発売の「群像」4月号の連載「プレカリアートの憂鬱」は、「自称『高学歴ダメ』なプレカリアート活動家、グッドウィルから食品工場に派遣され、全治三ヵ月の骨折」という素敵なタイトルです。
またまた今日発売の「中央公論」4月号にて、元外務省の佐藤優さんと対談しています。タイトルは「戦後初めて、若者が路上に放り出される時代」。
同じく今日発売の「創」4月号の連載「ドキュメント 雨宮☆革命」は「世代間闘争問題」。

合わせて読むと、何かいいことがあるかも・・・。別に何の特典もないけど。

| 「すごい生き方」 | 01:05 PM | trackback (1) |
私の人生が漫画に!!
私の人生をなんと漫画にして頂きました。
昨日発売のヤングサンデー08.3.20号の「絶望に効くクスリ」で「不死身のジャンヌ・ダルク」というタイトルで描いて頂きました!
描いて下さったのは漫画家の山田玲司さん。とっても面白い方で、楽しい取材を受け、このたび発売となったわけです。
しかも前編、後編に分かれていて、来週は後編が掲載される予定。
今回は私が19歳の時点で「つづき」になってます。
なんか実物よりすごく可愛く描いて下さり、そして深いところまで理解して頂き、とっても感謝です。
興味のある方、ぜひ御覧下さいねー。ちょっと恥ずかしいけど・・・。


| 「すごい生き方」 | 11:32 PM | trackback (2) |

PAGE TOP ↑