雨宮処凛(著) すごい生き方 公式ページ

本の紹介

元リストカッターの雨宮処凜が
いま生きづらい人に、新しい生き方をしめす1冊。


「すごい生き方」
著:雨宮処凛
絶賛発売中!

定価:1300円+税
発行・発売/サンクチュアリ出版

SEARCH
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2008年10月 次月>>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
POWERED BY

バナー

 

不当逮捕に抗議する文化人声明
 このブログや「マガジン9条」http://www.magazine9.jp/karin/081029/
でもお伝えしているとおり、10月26日、私たちが麻生首相の62億円の豪邸を見に行こうと渋谷を歩いていただけで、参加者であり、私たちの友人である3人が逮捕されました。
 私と現場にいた湯浅誠氏で、「リアリティツアー不当逮捕へ抗議する文化人声明」を出し、様々な文化人の方々に賛同を呼びかけたところ、たくさんの人が賛同人に名を連ねてくださいました。
 以下、賛同人の皆様のお名前と、頂いたコメントです。御協力して下さった皆様、本当にありがとうございます。
 賛同人は今後更に増えていくでしょう。随時、ここにもアップさせて頂きたいと思います。

リアリティツアー不当逮捕へ抗議する文化人声明 (呼びかけ人・雨宮処凛、湯浅誠)
------------------------------------------------------------
 私たちは、「リアリティツアー 62億ってどんなだよ。麻生首相のお宅拝見!」
における3名の不当逮捕に強く抗議します。
-------------------------------------------------------------

賛同人

浅尾大輔さん 作家
太田昌国さん 編集者、民族問題研究家
小熊英二さん 慶應義塾大学総合政策学部教授
鎌田慧さん
櫻田和也さん Indymedia Japan
佐高信さん
佐藤優さん 起訴休職外務事務官
白石嘉治さん
土屋トカチさん ドキュメンタリー映画監督
鶴見済さん ライター
中西新太郎さん 横浜市立大学教員
野村 昌二さん ノンフィクションライター
森永卓郎さん
原武史さん 明治学院大学国際学部教授
福島みずほさん 社民党党首
本田由紀さん 東京大学大学院教育学研究科比較教育社会学コース准教授
山口二郎さん
脇田滋さん 龍谷大学法学部教授、労働法
(50音順)

以下、賛同人の方々のコメントです! 

・佐藤優さん 起訴休職外務事務官
 私は、作家の雨宮処凛さんが、社会構造的に弱い立場に置かれた人々の生きる権利、
働く権利を確保するために取り組んでいるさまざまな発言、行動に共感と尊敬の気持ち
を抱いています。10月26日、渋谷で雨宮さんと志を同じくする3人の青年が逮捕さ
れたという話しを聞きました。逮捕の瞬間の動画も見ました。これはひどい。公共の安
寧を乱したわけでも、交通妨害をしたわけでもありません。人は誰も他者に危害を加え
ない範囲内で表現をする自由をもちます。それがこのような形で侵害されることは、私
のように文筆で生計をたてている人間にとっても看過できません。
 強い国家は、人間の自由を尊重します。このような乱暴な行為を警察が行うのは、日
本国家が弱体化しているからです。日本の国を強くするためにも、一刻も早く3人を釈
放すべきです。人間の自由権は、他者に危害を加えない限り不可侵であるという近代国
家の大原則を最後にもう一度強調します。
 2008年10月29日 佐藤優

・中西新太郎 横浜市立大学教員
 「リアリティツアー 62億ってどんなだよ…」における3名の不当逮捕への抗議に賛同します。
 警察の無法な逮捕は、要するに「集団では行動させない」という独裁国家なみの強権行使で、見過ごせません。それだけ権力者側に弱みがある証拠だとはいえ、放っておけば、意思表示の手段を全部奪われてしまうでしょう。
 街頭での自由な活動をそうやって押さえつけ、事実とほど遠い宣伝で世論をミスリードするやり方は、米国など各国でおなじみです。政権に都合の悪い行動を徹底的に「駆除」して文句を言わせない手法に、「ノー」と強く言いたい。
 黙っていればもっとひどくなります。たくさんの人間の眼で権力者のやり口を監視し、さらに多くの人たちに何が起きているかをつたえなければと思います。

・太田昌国 編集者、民族問題研究家
 古風な言葉ですが「民草」が抱いている不安、辛さ、哀しみ、怒りに寄り添い、これを克服していく道を模索するのが、およそ政治家たる者に課せられている使命でしょう。その意味では、それらを意に介さず、自らが金満家であることを誇る麻生太郎氏は、特異な存在といえましょう。
 かくして、話が金輪際通じそうもない者を相手にするときに、皮肉やユーモアをもって笑いのめすのは、「民草」に残された道です。「62億ってどんなだよ。麻生首相のお宅拝見!」と題された「リアリティツアー」の企画者は、なかなかの知恵者と感心します。こともあろうに、そのユーモアを解さず、ただ道を行くだけのツアー参加者に襲いかかる番犬が控えていたとは。
 金と権力の使い方に無知なる者たちに災いあれ!

・浅尾大輔 作家
 新しいファシズム!
 ニュースの速報を読んで、「またかよッ!」とつぶやき、いよいよ新しいファシズムがほぼ完成形まぢかだということを感じました。
 ただし、こういう弾圧体制は、きっと生存/労働運動という新しい社会運動の前進によって必ず乗り越えられるとも確信しています。
 これが社会運動の、いわゆる弁証法ですよね(笑)。
 いま戦前左翼の転向研究をしています。転向しないように頑張りたいと思います。黙秘を続ける「逮捕者」のみなさん、踏ん張ってください!
 外からですが、「ガンバレーッ」て応援しています。
                 
・白石嘉治
 怒り、悲しみ。そして、なにより滑稽な警察。あなたたちには一片の正義もない。
 喜びもなければ幸せもない。見捨てられるのはあなたたちであり、けしてわれわれの友情を損なうことなどできはしない。
 私はあなたたちの振るう暴力に強く抗議し、拷問にほかならない不当な勾留の停止を求めます。

・原武史 明治学院大学国際学部教授 
 この「事件」を聞いて思ったのは、最高権力者に一般の人々が物理的に近づくこと自体を忌避してきた、この国の「負の遺産」でした。
 96年に朝日新聞社から出した『直訴と王権』で、私は隣国韓国(歴史的には朝鮮王朝)と日本の近世、近代を、「直訴」という観点から比較しました。
 簡単に言えば、朝鮮王朝では奴婢を含む一般民が国王に直訴する制度が合法化され、王 宮の門前に集まった人々の訴えを国王が聞くような光景が現れるのに対して、日本では将軍への直訴は死罪、天皇への直訴も不敬罪とされ、対話どころか直接その姿を見るだけで目がつぶれると信じる人々が多かったという違いがあります。もちろん、戦後になると、そうした規定はなくなりますが、何かを訴えたいなら選挙で意思を示せばよいという代議制民主主義が定着する一方、最高権力者に直接近づいて意思を示すのは違法だというメンタリティはなお残存したのではないでしょうか。麻生邸に物理的に近づこうとしただけで、「不敬」とされる空気が作られる所以だと思います。
 近代の天皇制は、不敬罪で直訴を防ぐ一方、最も恵まれない人々に「仁慈」を施すことで、最底辺からの支持を得てきました。つまり、下から何かを訴えることは禁止する代わりに、上から手厚い保護の手が伸びてくるわけです。ハンセン病患者にせよ、被災者にせよ、その慈しみを受けることで、人々は熱烈な皇室崇拝者になっていきました。
 今回は麻生邸への行進を阻止されたわけですが、これが皇居だったらどうだったかと思わず考えてしまいました。もちろん皇宮警察がすっ飛んでくるに違いないでしょうが、皇室はそれを無視できるのかという問題は残ると思います。それとも彼らは、「皇室はあくまでただじっと耐えている良心的な?国民だけに仁慈の手をさしのべるのであり、あなたがたのような、自分から訴えるような節度のない?国民を助けたいとは思わない」とでも言うのでしょうか。もしそうだとしたら、皇室自身がなお戦前の不敬罪の呪縛から免れていないことになると思います。

・脇田滋 龍谷大学法学部教授、労働法
 今回の警察の対応は不当きわまりないものです。労働者の自由な表現活動に期待する日本国憲法の趣旨とはまったく逆に、労働者だからという理由で、通常より広く刑事責任を問おうとしているからです。
 憲法は「表現の自由」を保障するとともに(21条)、とくに社会的に弱い立場にある労働者の「集団的表現活動」を権利として保障しています(28条)。他に表現の手段をもたない労働者が自由に集会をしたり、デモをはじめ多様な集団的表現活動をすることは、より手厚く保障されなければなりません。
 現在、日本では非正規・不安定労働を背景に貧困と格差が極端な形で広がっています。真面目に働く者が報われない現実があります。これ以上、生きづらく、働きづらく、息苦しい社会にしないためには、労働者自身が「自己責任論」に囚われず、自分の目と耳と頭を使って、現実を見つめて大いに議論することが必要です。
 こうした課題を考えると、今回の警察による権力的抑圧は、人間らしく生き、働ける日本社会をめざす、労働者自身の自由な論議を抑圧するものであり、それだけに一層不当なものだと考えます。
 2008年10月30日 脇田 滋(龍谷大学法学部教授、労働法)

・野村 昌二 ノンフィクションライター
 今回の三人の逮捕は警察権力の乱用であり、不必要、かつ不当なもの以外の何物でも
ありません。
 故意に事実を捻じ曲げ、公安条例違反と公務執行妨害といった「罪状」を作りだす警察の手段は、民主主義の根幹を揺るがす「犯行」であり、強く抗議します。
 逮捕された三人の即時釈放を求めます。

・森永卓郎
 いかなる理由があるにせよ、私は権力や暴力によって、国民の自由な言論活動が弾圧されることに絶対に反対します。

・山口二郎
 26日、麻生太郎首相が秋葉原で街頭演説を行った。この種の見え透いたパフォーマンスを見るにつけ、日本政治の貧困を思い知らされるようで、腹立ちを通り越して、悲しくなる。秋葉原は、オタク文化の中心地であると共に、今年6月の連続殺傷事件の現場でも
あり、現代社会の歪みの象徴である。麻生はこの数年の間、政府与党の幹部の一人として政治を動かしてきたわけであり、社会を荒廃させたことについては責任の一端を負っている。仮に麻生が首相として国の運営を続けたいのならば、あのような希望のない若者を大
量に作り出したことについて、深刻に反省し、国民に謝罪することから政治を始めるべきではないか。しかし、同じ日に生活の窮状を訴えるために麻生邸に行こうとした市民が逮捕されるという事件まで起こった。麻生の視線がどこに向かっているかは、26日のいく
つかの出来事を見ればよく分かる。
 秋葉原の事件だけではない。その後も、生活に追いつめられた人々がせっぱ詰まって犯罪を引き起こしている。政策的な支えさえしっかりしていれば、死ななくてすんだ人、罪人にならなくてすんだ人が大勢出ているのである。そのことに対して心の痛みを感じな
いような人に、政治を動かす資格はない。

・鎌田慧 
「首相の弾圧」。怒っています。戒厳令下じゃあるまいし。彼らは断末魔の恐怖です。

・佐高信
 逮捕されなきゃならないのは、「下々」の苦しみがまったくわかっていない麻生、オメエなんだよ!! とんでもねえことやりやがって、「下々」が怒って立ち上がった時にどうなるか、思い知らせてやるからな。

・土屋トカチ ドキュメンタリー映画監督
 漫画家・山上たつひこ氏の「光る風」という作品に、街頭で募金活動をしている学生が「非合法だ」と警官に射殺される場面がある。
 不当逮捕のニュースを聞いて、この場面を連想した。
 ある意志を持って歩道を歩くと逮捕されるなんて、気持ちが悪いし恐ろしい。
 拘束されている三人の解放を!

・本田由紀 東京大学大学院教育学研究科比較教育社会学コース准教授
 こうした不当な行為がまかり通る状況を黙認・放置しておくことはできません。

・鶴見済(ライター)
「許しがたい」の一言に尽きる。
 デモの数の多さを見ればわかるとおり、今社会に対して異議申し立てをしようとする動きは明らかに広がっていると思う。それにどう対処したらいいのかわからない警察側の動揺が、こういうまったく理不尽な逮捕の頻出に表れてるんじゃないか?
 反対運動を抑えたかったら、こういう形ではなく、社会をまともにしていく方向でしかありえないことを彼らに思い知ってもらいたい。
「代用監獄制度」も、もうたくさんだ!

救援の動き、最新情報については、「麻生出てこい救援ブログ」で!
http://asoudetekoiq.blog8.fc2.com



| 「すごい生き方」 | 05:56 PM | trackback (11) |
麻生でてこい救援ブログ
http://asoudetekoiq.blog8.fc2.com/
3人の不当逮捕に対する救援ブログが立ち上がりました!
トップページに上がっている「逮捕の瞬間」の動画を御覧下さい。
暴力をふるい、暴れていたのは警察だということがよーくわかります。
特に「コーボー!」と叫びまくってる私服警察のオジサンがただの「切れたオジサン」と化して暴れている様子がよーくわかります。
本日はフリーター労組事務所で緊急に記者会見を開き、映像を見てもらいながら、いかに一部報道が真っ赤な嘘であるかを説明しました。
現場には各局のテレビカメラもいたのに、なぜ警察発表を鵜呑みにした報道になるのか、さっぱりわかりません。
そんな報道をするのであれば、現場にいる意味がまったくないと思うんですが・・・。
もちろん、こうして映像を提供してくれる良心的なメディアの人もいます。
私にも救援活動の一任務が与えられたので、頑張りたいと思います!!

| 「すごい生き方」 | 08:31 PM | trackback (12) |
歩いただけで逮捕!!
 マガジン9条 http://www.magazine9.jp/karin/081022/
でも告知した「リアリティツアー 62億ってどんなだよ。麻生首相のお宅拝見!」が今日開催されたのだが、トンデモないことに歩いてただけで突然警官が襲いかかってきて、なんと3人が不当逮捕されてしまった。
 一部報道では「デモ隊が警察を殴った」などと報道されているが、トンデモない事実誤認だ。またしても目の前で逮捕の瞬間を目撃したが、歩いてただけで突然参加者に襲いかかり、暴力を振るいまくって拉致したのだ。また、「無届けデモ」などとも報じられているが、ただ歩いて麻生の家に行こうとしただけだ。当然車道など使ってはいないし、横断幕なども「しまえ」と言われて掲げていなかった。ただ、貧乏な人たちがぞろぞろ渋谷を歩いて麻生の家に行こうとした、というそれだけで逮捕されたのだ。貧乏人は道を歩くことも許されないのか?
 詳しいことはのちほど報告したい。
 また、報道関係の方は、私のところまで連絡頂ければ対応します。



| 「すごい生き方」 | 10:30 PM | trackback (42) |
反戦と抵抗の祭!!&14日トークショー!!
今年も開催されます! 「反戦と抵抗の祭<フェスタ>」!!
まだ会議にも行けてませんが、ぜひ実行委員の1人としてかかわっていきたい非常に重要なイベントです!
以下、告知文。麻生に生コンを打たせよう!!

//// 反戦と抵抗の祭<フェスタ>08
--責任者出てこい。これはヤツらの戦争だ。////

いったい誰が望んだのか。「アメリカ同時多発テロ」の丹念に数えあげられた
2973の死体の上で、世界最大の軍事−経済国家群が「対テロ戦争」を宣言して7
年。アフガンで、イラクで、パレスチナで、積み上げられた死体はいまだ数えら
れたことすらない。住宅バブルを享受したアメリカが、旺盛な消費欲で世界経済
を牽引した7年。対テロ戦争の戦場となったこれらの地域では、家が焼かれ、橋
が落とされ、戦闘ヘリの爆音と機関銃の掃射に脅かされる日々が続いている。人
と人々の生きる基盤は、いまこの瞬間にも壊され、生への希望を奪い続けている。

いったい誰が思いついたのか。戦闘は旧装備をスクラップし新兵器の効果を試す
ために企画され、戦場はアメリカ政府と委託契約を結んだ民間の軍事専門企業の
ビジネスシーンとして維持されている。オイルの確保と先進各国の軍需企業が投
資家たちに約束した配当を維持するために、不安定な生を強いられる人々を作り
出し「対テロ戦争」への参加という出口のみを用意する。アメリカの貧乏人はア
フガンやイラクの貧乏人を殺す意思を持てば、自らの状況を劇的に改善できるの
である。その道を行くも行かぬも自己責任。「希望は戦争」は現実なのだ。

戦争は誰も望まず、誰が企図したものでもない、のではない。また戦争は皆が望
み、皆が支えた、のでもない。戦争は自然災害ではなく人為であり、戦争を望
み、計画し、制度とした者たちがいるからである。戦争を終わらせるために彼/
彼女らを名指そう。この戦争は私たちの戦争ではない。ヤツらの戦争なのだ。

2008年10月7日
反戦と抵抗の祭<フェスタ>08実行委



反戦と抵抗の祭〈フェスタ〉スケジュール

【フェスタ2008概要】
○ プレ企画 「麻生は生コンをうて! 貧困と戦争の責任を問う10.26行動(仮)」
 日時:10月26日(日) 15時‐16時(予定)
 場所:渋谷駅ハチ公前集合(予定)

○ 屋内企画
 日時:11月29日(土) 13時‐21時    資料代:500円
 場所:渋谷勤労者福祉会館(原宿駅、明治神宮前駅から徒歩10分)

○ デモ
 日時:11月30日(日) 時間未定
 場所:未定

【スタッフ募集】
ともにフェスタをになってくれる仲間を募集中。連絡乞う!

【連絡先】
blog:http://d.hatena.ne.jp/festa_hansen/
e-mail:war_resisters_fes(at)yahoo.co.jp

【実行委運営上の確認】
運動の仲間に組織暴力を行使する人々と警察官および警察への協力者の参加は断
ります。
--------

そして10月14日、香山リカさんと私の対談本『対論 生き抜くこと』出版を記念してトークショーを開催します。ぜひぜひ御参加を!!

▼雨宮処凛さん×香山リカさん トークセッション&サイン会
『対論 生き抜くこと』

日時:2008年10月14日(火)20:00より(19:30開場)
場所:マヌエラカフェ(電話 03-3401-2091)
参加費:1500円(1ドリンクつき)  参加人数 40名
問合せ&参加申込み:マヌエラカフェのHP(http://manuela-cafe.com/schedule_vol3.html)の申し込みから手続きをお願いします。もしくは、info@manuela-cafe.comから





| 「すごい生き方」 | 09:23 PM | trackback (16) |
 

PAGE TOP ↑