Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ::スタッフ日記

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

最近あったエモい話。

こんにちは、広報部イベントチームの筑田です。

先日note でぼくたちイベントチームを取材してもらった記事が公開されました。

公開前に編集長から「プロフィールちょうだい、1~2行で」と言われたので作ってみたんですが、

困ったことに何も浮かばなかったのです。

ありすぎて1~2行にまとめるのが難しいとかじゃなくて、なさすぎて1~2行すらも書けないなんて。

これまで何して32年間生きてきたんだと軽くショックを受けました。

最近はお酒もやめたし、食にもそんな興味がなく、本もあまり読めてない。

これといった趣味もないので、「自分は果たして何をしてるときが幸せなのか」「何のために生きてるのか」という深い問いにまでたどり着いてしまい、非常にエモい気持ちになりました。

そうして考えに考えた結果でた答えがこちらです。


https://note.mu/sanctuarybooks/n/nfb642ac22af9

絶対に自分の人生になくてはならない3つのことを見つけました。(※ユニクロ はGU を含むので正確には4つです)

「少なっ」って思いましたが、意外と人生なんてそんなもんなのかなと、このスタッフブログで人生の先輩の言葉を見て思いました。

もちろんぼくにも瞬発的な楽しい時間はありますが、継続的に大事にしてる生き甲斐みたいなものは特になくて、でもそんな瞬発的な楽しい時間が連鎖して続いていったら、コレって言えるもんがなくても意外と楽しい人生なのかもしれないなぁなんて思ったり。

あーそうだ、思い出した。
最近楽しかった瞬間は、ライブに行ってSaucy Dogというぼくの好きなバンドの歌を最前で聞いたこと。




エモすぎてエモエモキュン💜って感じでした。



は?



(おわり)
2019,04,18, Thursday| 09:25 PM スタッフ日記

『肺気腫』って知ってますか?

総務部 田中です。

実は、2週間前の深夜に父が倒れて集中治療室に入ったと実家の母親から連絡がありました。

緊急搬送中の救急車の中で、「ご家族に連絡をしてください」と救急隊員に言われるほどの状態だったそうです。

幸い様態が落ち着いて来たため、実際に連絡があったのは翌朝でしたが。

呼吸が止まってしまい、体内の二酸化炭素濃度が異常に上昇して意識が無くなったみたいです。

丸2日間意識不明で、その間は人工呼吸器の補助で命をつなぐ状態でした。

3日目に自発呼吸ができるか確認となりました。結果、自発呼吸が行われ意識も回復しました。

心配していた脳へのダメージや運動機能障害はなく、体内の酸素量なども正常値に戻りました。

本人は、倒れる前から病院で覚醒するまでの間の記憶が全くなく「目が覚めたら知らない場所だった」状態でした。

体力はかなり落ちているようですが、食事も取れるし自分で歩いてトイレにも行ける状態まで回復しました。

今度の土曜日(入院からまる2週間)で退院許可もでて、一安心したことろです。



父の病名は「肺気腫」でした。


肺の末端にある【肺胞】(酸素と炭酸ガスのガス交換を行う組織)が機能低下して、呼吸をしても酸素を取り込みにくくなるという、とても怖い病気です。

症状が進むと少し動いただけでも息切れしたり、呼吸困難になったりします。重篤になれば命に関わります。

主な原因はもちろんタバコです。悲しいことに、症状が出るほど進行してしまうと、健康だった状態に戻ることはないそうです。

父はヘビースモーカーで、多い時は1日に1箱以上は吸っていたと思います。肉体的にも精神的にも依存状態だったのでしょう。

とりあえず、今タバコをきっぱりやめれば、症状の進行を止める(もしくは遅らせる)ようです。

体を動かすと息切れがひどくなるので、体を動かすことが億劫になる人も多いそうです。生活の質も大きく落ちてしまいます。

自らの意思で喫煙をしていたんだから自業自得ではあるものの、代償は大きいものでした。

喫煙年数が長ければ長いほどリスクが増大します。禁煙したとしてもリスクが非喫煙者と同レベルになるまで20年かかるそうです。

老年になってから禁煙しても回復は見込めないでしょう。

その時になって後悔することがありませんように。
2019,04,18, Thursday| 05:10 PM スタッフ日記

カメラはじめます!(予定です)

こんにちは経理部の鎌野です。


ついに私も「カメラはじめます!」(予定です)


というのも、スマホの容量がそろそろパンパンで

画像や動画をその都度削除していくのが面倒なんですよね。


例えば出掛けに、玄関先に鉢植えに花が咲いていたりすると

「スルーするのは忍びない」とついスマホで写真を撮ってしまう。


そんなこんなでスマホに画像がすぐ溜まってしまうので

これからは旅行や遊びに行った際はカメラで写真を撮ることにしました。


このGW、特に遠出の予定はないのですが、

練習がてら新しいカメラを持って都内を街ぶらしようと思います♪


↑今朝のうちのサボテン
2019,04,16, Tuesday| 05:56 PM スタッフ日記

本にこだわらない本作り


みなさんこんにちは。
サンクチュアリ出版で
副社長をさせてもらっています。
金子仁哉です。

突然なんですが。
最近こんな事を思います。

衰退産業の出版で、
どうやって楽しく本作りをしていくか?

死ぬまで本作りに夢中でいたい私にとって
これはとても重要なテーマです。

また、それは出版という枠にこだわっていては
決して答えがでないテーマでもあります。

まず、考えないといけないのは
出版ってやはりオワコンなの??
という悲しい問い。

私は20年この業界で
働かせてもらっています。

すると出版への愛着も湧いて
どうしても出版が衰退産業だと認められません。

それは、
なんだか自分の人生を
否定してしまうような気分になるから。

しかし、
書店さんや出版社は次々に倒産しています。

この10年で書店さんは4,000店舗減って
出版社は500社倒産しています。

時代の栄華を極めた取次でさえ
合併&倒産しています。

これってやっぱり。

出版業界は
確実に衰退していますよね。。。

まずはこの現実を
しっかり受け止めたい。

では次に、
本が世の中から無くなる事はあるでしょうか?

それは確実にありません。

規模が小さくなる事はあっても
なくなる事は決してないでしょう。

実際に新しい取り組みが成功して
しっかり利益を出している書店さんもあります。

ベストセラーを連発する出版社だって
たくさんあります。

衰退産業だと分かっていても
出版社を志望してくる学生は
後を絶ちません。

なぜでしょうか?

それは「本」に
絶対的な魅了があるからです。

本で人生が楽しくなったり
本で人生が大きく変わったり
本で命が救われたり

そんな人達が世界中に
星の数ほどいるからです。

そして、出版業界で働く私達も
その中の一人です。

だからこそ
忙しくても
給料が安くても
失敗が続いても
この仕事をやめられないのです。

私は少しでも多くの人に
本の面白さを伝えたいと思っています。

サンクチュアリ出版の本を読んでみたら、
意外と本って面白いもんだなあー

なんて思って貰えたら
幸せの絶頂です!

この想いと衰退産業がどうかは
全く関係ありません。

本を読まない人が増えるなら
どうやったら
本を読んでもらえるようになるか。

必死考えて
本作りをするだけなのです。

さらには、
もっと視野を広げて
本質的な欲求を見直すべきなのだと考えています。

出版という商売を、
活字ビジネスや
コンテンツビジネス
というレベルまで広げると

私達には
まだまだできる事が増えます。

別に紙に印刷されていなくても、
音声や動画としてのコンテンツであっても、

私達の発信するものを
喜んで受け取ってくれる人がいるなら、

本質的にそれで充分に幸せですし、
ビジネスとしても成立しています。

媒体がWebサービスやテキスト・音声・動画データだと
それはもう“本作り”とは言えないかもしれません。

しかし衰退産業の出版において、
読者の求めるカタチに
コンテンツが進化しただけ。

出版の枠に拘らないとは、
時代の流れに合わせて
発信形態を変化させる事なのです。

今後の出版社は
本というカタチに固執せず、

面白いコンテンツを
提供する会社であるべきだと思います。

出版にこだわり続けて、
事業を縮小していくよりも、

面白いモノをどんどん作って
世の中に発信していけば
まだまだこの業界で楽しめる。

私はそう思えてなりません。

サンクチュアリ出版はこれからも
本にこだわらない本作りに精進していきます。

今後とも何卒応援よろしくお願い致します!

サンクチュアリ出版
取締役副社長
金子仁哉




2019,04,10, Wednesday| 07:33 AM スタッフ日記

部活動はじめました

こんにちは。編集部のヨシダです。

4月ですね。
春の雰囲気に気圧されて、
なんだかこの季節はふわふわしています。

サンクチュアリ出版に、
今月から新たな部活ができました!

(過去にはボードゲーム部なんかがあったそうです。
活動してるの一度も見たことないけど…)

新しくできたのは…
「エイガ部」です!

活動内容は、ただゆるゆると映画について話す。
それだけです。

半年前くらいから不定期で、スタッフ何人かで
おもしろかった映画やこれから見たいものを話したり、
試写会に当たるコツ(?)をシェアしたりしていたのですが、
4月から正式に会社の部活として承認されました。


なぜ今、映画なのか。

映画を見る目的は人それぞれだと思うのですが、
最近わたしが見るようにしている理由。
それは、
すごい人はすごく映画見てるから。←語彙力

仕事で会う、
(なんかこの人すげーな、やべーな…)
って思う人が、みんな揃って
めちゃくちゃ映画を見てるんです。

『アウトプット大全』の樺沢紫苑先生も
映画メルマガを発行していたほどの大の映画ファンですし、
デザイナーの新八さんもほぼ毎日劇場に通う映画通です。

あと、プライベートで会う人も、
いろんなことを知ってるなぁ、とか
人の気持ちが分かる人だなぁ、とか
魅力を感じる人に映画好きが多いです。

だからある程度、
映画の右か左かがちょっと分かるくらいまでは
わたしも本数を見てみたいと思っています。


おすすめの作品がある人はぜひ教えてください。

個人的な好みをいえば、
・基本的に泣きたい
・家族もの、絆もの
が大好物です。

今年に入って見たもので好きなのは、
『こんな夜更けにバナナかよ』
『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』
『運び屋』
『グリーンブック』
『天国でまた会おう』
あたりです。邦画もわりと好き。


というわけで、エイガ部員、絶賛募集中です。
わたしも初心者なので、くわしくなくてぜんぜん大丈夫!
目指せ「映画を見ない人のためのエイガ部」です。

あ、スタッフブログを社内報代わりにしてしまった。笑

そんなエイガ部のあるサンクチュアリ出版、
これからもよろしくお願いします☆
2019,04,03, Wednesday| 06:24 PM スタッフ日記

トホホ

「右脇腹の筋肉挫傷です(苦笑)」
どどん!

こんにちは、営業部の内山です。
先日、最近通い始めた整体の先生にこのように言われました。
なぜこんなことになってしまったのか…。

以前から気がついてはいました。
私、姿勢が完ぺき猫背だなぁと。
しかしそうは思いつつも放置状態。
とうとうその悪い姿勢からくる肩こりが睡眠の邪魔をするようになり、
寝不足が続くようになりました。

泣く泣く会社の人に相談したら「整体いいよ」とのお話。
早速、自宅近くの整骨院(←ずっと整体院だと勘違いしていた)に通うことになりました。

そこでまず言われたのが「仕事中の姿勢が悪すぎる!!」でした。
整体の先生も激しく苦笑するくらい、悪い姿勢をとっていたのです。
ですので夜も眠らせない肩こりが発生してしまった…。当然ですよね。

その日から、姿勢を矯正する意識を持って生活するようになり、
肩こりも軽減、整体の先生にも良くなってきていると褒められ、
すっかり気分が良くなった私は、
ふと、前にテレビで、昇降デスクを使って立ったり座ったりして
仕事をしている会社を紹介していたことを思い出し、
リフトアップテーブルなるものを会社で買ってもらいました。

それは見た目天板のようなもので、デスクの上に置き左右のつまみを押しながら、
上に引き上げたり下げたりできる。
この上にPCを置けば、立ったり座ったりして仕事ができるのです!
そして立つと自然と猫背にならない! 逆に背筋がピンとなる!
足が疲れたら棚をおろして座ればいい!
便利! 便利!

最初こそフロアーでひとり立って仕事をすることは恥ずかしかったのですが、
周りも自分も慣れてくると当たり前の風景に。

他の人にもこんなにいいものだとアピールしたくて、
上げ下げのデモンストレーション。



はい、これがいけなかった。
普段運動不足で筋肉を使っていない体なのにもかかわらず、
PCをのせたまま(ほんとはダメ)上げ下げ、上げ下げ。

結果、右脇腹の筋肉挫傷。
この花粉の時期に、咳、くしゃみ、鼻すすりをすると超激痛が!!

「ケガなので、今日は保険適用で診ますね笑」

整体の先生の半分あきれた声が、
医院にひびくのでした。。。

皆様もくれぐれもお気をつけください。トホホ
2019,04,02, Tuesday| 11:48 AM スタッフ日記

シングルタスク・マルチタスク

宣伝チームの岩田です。
4月1日から3週間ほどリフレッシュ休暇をいただくことになりました。
サンクチュアリ出版に入社して、はや10年。
これまで、会社のために身を粉にして休む間もなく働いてきました。
…と言いたいところですが、土日はしっかり休み、残業もほとんどせず、産休育休もばっちりいただきながら働かせてもらってきました。
前職は土日も年末年始も休みがないスーパーブラック企業だったので、それに比べたらとてもありがたい環境です。

しかしながら、子どもが生まれてからというもの、週末や長期休暇は「子育て」(しかもワンオペ)というジョブがあるためなかなか一人の時間がとれず、今年は特に障害のある娘の卒園・入学に向けて奮闘した1年だったため、心底クタクタになってしまい、この機会に少しのんびりしたいな〜〜と思ってます。
一人で映画を見に行ったり、一人でラーメンを食べに行ったり、お料理を習いに行ったり、運動したり。
休み中にやりたいことリストをコツコツ作っていたら20個を超えてしまい、おそらく3分の1も消化できないままフィニッシュを迎える予感がします・・・。
このリストを全部やり遂げるには1年くらい休暇が欲しいところです。

しかも、娘の卒園と入学を控えて最高にバタバタの3月、いろんなTO DOを「でも4月の休暇中にやっつければよいか!」と後回しにしているため、家の中はぐっちゃぐちゃのしっちゃかめっちゃか状態。
休暇に入ってたらまず早々に家の片づけから取り組むことになりそうです・・・。
見て見ぬフリをしている家中の汚れをピカピカにしたい!!
・・・とかやってるうちにあっという間に休み終わっちゃうんだろうなあ。

私は今年の目標を「シングルタスク」にしたはずなのに、それは現時点では全く実現できておらず、最近だと娘が「結膜炎」になり急遽保育園に行けないことが判明したので、午後に行く予定だった定期検診の予約のキャンセルの電話をかけ、娘に朝食をとらせながら仕事をし、仕事をしながらもうこの機会に卒入学関係の書類もやっつけちゃおう、と書類類をひたすら書き、そんな間にも息子はなにかと理由をつけては母に構ってもらおうとするのでちょこちょこ構ってやり、でかける前に夕食の準備もしておこう、と下ごしらえをし・・・と、もうどん〜〜〜〜だけマルチタスクなんだよ、と自分にツッコミ入れたくなるほどのドタバタっぷりです。

マルチタスクはやっちゃいけない、バカになる、自律神経が乱れる、といろんな偉い先生がおっしゃってるので本当にやめたいのは山々ですが、子どもがいると急なトラブルが次々と襲いかかってくるので、やっぱり今年はシングルタスクは無理なのかもしれません…。

でも、最近の私の最大のギモンは、同じ保育園に通っている3人の男児(0歳、2歳、4歳)のママさんがいるのですが、このママさんがいつすれ違ってもとっても、ニコニコと穏やかに楽しそうに3人で歩いていること。
息子3人もいるのに、誰ひとり「ギャー!!」とか「ワーッ!!」とかなっておらず、ママのそばにくっついてニコニコ歩いている。
かたや鬼の形相で、必死に息子をおっかけ回しながら保育園の送り迎えをこなす私・・・、この違いは何!!?
この理由究明も、休暇中のタスクの1つに加えたいと思います。

では、また休暇明けにお会いしましょう!
2019,03,28, Thursday| 03:31 PM スタッフ日記

RSS