Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ::父親の蛮行に対して娘は?

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

父親の蛮行に対して娘は?

 
こんにちは。編集ハシモトです。

年末、
友人の新居を訪れ
旧知のおじさん4人で
5歳のカワイイ娘さんを囲み、
わいわいたのしくUNOをしました。

UNOはいいですね。
無の気持ちになれる。
へたげな瞑想なんかよりも、
よっぽどマインドフルネスじゃないかと思います。
必要以上に「ウノオ!!!」とか大声出しちゃって、
娘さんびっくりさせて、みんなでゲラゲラーって
ほのぼのしちゃったりして。

ところが。
UNOというゲームは一番早く手札を無くした人が勝ちだけど
なかなか上がりにくい、
独走を許さない和を重んじるゲームシステムが
日本人に向いてるなあと思うんですが、
知ってました?
最近なんかものすげええげつないカードが追加されてて、
このカードのせいで空気が悪くなりやすい。

それが
「とりかえっこカード」なんですが、
これは、
好きな相手と手札を“全とっかえ”できるという
まさに悪魔のようなカードで、
「ウノオ!」状態になったやつは
このとりかえっこカードの格好のターゲットになり、
あっという間に逆転されてしまう。
(ひでえカードだな)とぶつくさ言ってたんですが、

これをなんと
お父さんが、5歳の娘に行使した。

で、お父さんが逆転勝ち。

ええ?

と思いました。

(なんてひどい!)
と友人と顔を見合わせました。

娘は唇をとがらす。そりゃそうだ。

なのにお父さん、
このラフプレーを、
何回も何回も娘さんに対してやるんです。

娘さんの顔はだんだん
赤くなってきて、
無口になってきて、
私は大丈夫かとドキドキしました。

そして父親からの
「とりかえっこカード」爆弾を
3回くらったときのことでしたか。

娘さん、
歯を食いしばりながら、
お父さんの法を見ました。

泣くか?

怒鳴るか?

カードを顔面に投げつけるか。

どうする?


なんと娘さん、
お父さんに拍手したんです。



私も今年は
娘さんの清い態度に見習い
外道に対してもやさしい心で立ち向かえるような
強い人間になりたいと思いました。


今年も愛すべき読者の皆様、
関係者の皆様、どうぞよろしくお願いします!
 
2018,01,12, Friday| 07:15 PM スタッフ日記

RSS