Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ::1分でわかる編集者の一日

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

1分でわかる編集者の一日

編集部の橋本圭右です。

いろんな人からよく
「編集者って一体どういう一日を過ごしてるんですか?」
と聞かれるのですが、いつも返答に窮するため、
理想のイメージを書いておくことにします。


朝4時起床。瞑想&早朝ランへ。AirPodsのマイクを使い、クリエイターとskypeしながら皇居を数周、戻って半身浴、バターコーヒーとプロテインを胃に流し込みながら、昨日の取材メモを投稿サイトにまとめ、部下にあることないことメールで指示し、参考図書を紙の本と電子書籍それぞれ数冊読破して、トレンドのビジネスカジュアルに着替えたら、オフィスまではロードバイクで乗り付け、営業と新規プロジェクトのブレストをし、ゲラに数分で赤字入れをし、新人に鋭いアドバイスを連発し、直感でタイトルとオビのネームを何冊か立て続けに決定して、「外出・色々・ノーリターン」とホワイトボードに書きなぐって、受付の子とハイタッチをしたら、Uberで予約したタクシーがもうお迎えにきていて、デザイナーズホテルで情報系の学生たちとランチミーティング、異業種の友人たちと交流会兼勉強会兼読書会、某ニュースサイトでバズって即インスタでつながったインフルエンサーとアフタヌーンティー。
帰りは書店で“今日の”トレンドをチェックして、穴場の中の穴場カフェに寄り、人気ブログ「編集者たるもの」に今日の“気づき”を投稿し、フォロワーからの即時コメントにあらかたレスし終えたら、最後はこうしめくくる「私は出版界とかいう深い沼にはまってる」と。そして、ありったけの力でリターンキーをたたき、macbookを閉じ、合掌する。


そんな一日です。
もちろん脚色も入ってますが、
本当にこういう人もいるみたいですよ。
じゃあぼくの場合は、どうかといいますと…
書こうとしましたが、
紙幅が尽きましたので、またこんどにします。
2018,11,22, Thursday| 05:24 PM スタッフ日記

RSS