サンクチュアリ出版 スタッフブログ::25歳永遠説♪

Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ::25歳永遠説♪

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

25歳永遠説♪

やっぽー

つるりん。'19@社長です。

少し前の話題になってしまいますが、GW10連休すごかったですね!
都心は人や車がガラガラなのに、新宿駅や東京駅周辺の人混みと言ったら!
歩くだけで一苦労でした…

そんな中、時代は平成から令和に変わり…いろいろとこれまでを振り返る機会も多かったですね。

平成の31年間は、自分的には高校生から今年までになるので、人生の重要な局面をたくさん迎えました。
サンクチュアリ出版の始まりも平成ですし、結婚や子どもが産まれたり…なんていう個人的な人生の変化も。

そんな中、一番の思い出と言えば「ノストラダムスの大予言」でしょうか(笑)
知らない人も多いですよね?…1999年7月に世界が滅亡するってやつですよ。

1999年って言うと、平成11年ですか?

そう思うと結構最近な感じもしますね。

これ、10代の頃はちょっと本気で信じてました(爆)

だから、自分の人生は27歳までなんだと…
だからこそ、それまでの自分に「将来の人生設計」なんてものはなくて、「やりたいようにやってればいいんじゃね?」みたいな、適当…というか、ちょっとやさぐれてた感もありました。

でも、だからこそ、26歳のときに自分が経営者になる、なんて決断も簡単にできてしまったのかもしれません。
(もちろん、その後当分すごい苦労することにはなりましたが…)

さらに大学卒業後、最初に努めていた会社を2年で辞め、サンクチュアリ出版の前身となる会社に転職を決めたのが25歳になったばかりのとき。

このときなんて、まあまあお給料もいただけていたのに、なんの保証も保障もない会社に転職したんですから、何も考えていない…というか、もう「ノリ」で決めちゃったような感じでしたでしょうか。よく覚えていませんが。

平成を振り返ると、ある意味「あの頃の自分最強だったな!」みたいなこともちょっと思います。

もちろん、「今が一番最強」だと思って生きていますが、でも25歳のときの決断がなければ、今の自分がないというのも事実です。

そこに行き着くと、ある意味今の自分があるのはノストラさんのおかげなんではないかと。
そんなことを考えた10連休でした(笑)

いま25歳を迎えているみなさんの将来が素晴らしいものになりますように♪

2019,05,15, Wednesday| 02:00 PM スタッフ日記

RSS