Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ::「体調悪い」をデフォルトにするな

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

「体調悪い」をデフォルトにするな


編集長の橋本圭右です。

なにはともあれ、たったいま、
サンクチュアリ出版 公式noteの記事をアップしたばかりです。
https://note.mu/sanctuarybooks
[僕が良いと感じるタイトルの本が、なぜか売れてしまう、たった一つの理由]
営業部・イシカワトオル

サンクチュアリ出版 公式note
まだ読んだことがない人は、ぜひ読んでください!
なにか役に立つのかと思いきや、そうでもありませんが、
このページにくるような皆さまなら、
きっと面白がっていただけると思います。



さて、ここからは駄話。

ずっと成長感のないまま、
どこで玉手箱をあけてしまったのか、私も気づけば45歳。
この年になると、いろいろあるもんですね。
3年くらい前から、
急にフラフラしたり、体がほてったり、
意味もなく落ち込んだり、人の話が耳に入らなくなったりして、
困ったなあと思ってました。
最初はただ疲れが溜まってるんだろう、
くらいに軽く考えてたんですが
いくら寝ても、休んでも、甘えても、つらさが取れない。

で、いろいろ調べた結果、
「若年性更年期障害」
なんじゃないか、っていうところに行き着きました。
(普通は女性がよくなるものらしいけど)
すがるような思いで泌尿器科へ行き、
男性ホルモン(テストステロン)の値を調べてもらったら、
案の定、普通の男性の半分以下。
ショックでした。なんか男とした終わった感。
い、いやだ。おれの闘争心を返してくれ!

でも、原因がわかれば、対処ができる。
というわけで、
いまは注射を打ったり、筋トレをしたり、
誰もいないところで、オラア!と呟いてみたりしながら、
男性ホルモンを増やそうとがんばってます。
おかげで、
超良くなってる! というほどではしませんが、
徐々にマイナスからゼロに戻っているような気がする。
少なくとも、晴れた日は気分がいいし、
知らない人と話すのも楽しいし、
息子から足元にタックルをくらっても、崩れなくなった。

40歳過ぎの同年代の人たち、いかがでしょう。
なんとなく、ずーっとしんどい感じがするけど、
疲れてるなとか、飲み過ぎかとか、睡眠不足だしとか、
無理やり自分を納得させてる人って、意外と多いんじゃないかしら。

でもけっこう毎日嬉しいことがあるのに
なかなか気分が晴れないなーって人は、
ちょっと更年期を疑ってみてもいいかもね。
(泌尿器科って、EDとか性病の感じがあって敷居高かったけど)

いっしょに楽しく、人生折り返そうぜ★
2019,05,15, Wednesday| 05:27 PM スタッフ日記

RSS