サンクチュアリ出版 スタッフブログ::絶対に手に入れたい激カワ文具がやってくる!

Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ::絶対に手に入れたい激カワ文具がやってくる!

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

絶対に手に入れたい激カワ文具がやってくる!

こんにちは!
編集部のミヤザキです。

書籍、電子合わせて13万部突破のこちらの本。


な、な、なんと!
文具化されます〜〜〜!



さかのぼること2年前。
この『気くばり帳』
たくさんの人に取材をして作り上げました。

著者はおらず、足でネタを集めた
本当に思い出深い一冊。
制作に携わってくれたスタッフが「全員おかっぱ」という共通点もありました。


この本の魅力のひとつは
なんといってもますこえりさんのイラスト。
昭和レトロでどこか懐かしくほのぼのしたイラストは
本の内容と相性抜群で
鼻血レベルのかわいさとなりました。






まあ、でもぶっちゃけ
作るのめっちゃ大変だったんすよ。
耳から血が出るレベルでしたよ。
なにせイラストのカット数が膨大。
描いても描いても終わらないカットをイラストレーターに依頼しつづけるのって
地獄の沙汰です。


そしていつも本を作るたびに思うんですが
これ、「本だけで終わらせるのもったいなくない?」ってこと。
執念っていうか、もはや呪いにも近い精神状態で作り上げた世界観が
本だけで完結するなんて
「正直、やってらんねーな」って思うときがあります。



で、「これ文具にできない?」ってなったんですよ。
もともとわたし、文具が好きで、
マスキングテープとか、一筆箋とか、いっぱい持ってるんです。
こちら↓は所有するマスキングテープのほんの一部。



デスクの一番下の引き出しは文具でパンパン。
でもついつい買っちゃう。
著者やスタッフさんに何かを送るとき、
その人のことや季節を思い浮かべながら
「どれにしようかなー」って考えるときがいちばん幸せなひと時です。


で、社内チームで文具の展示会行ったり、唐突に見積もりとってみたりして
「んー、難しいね」とか
「んー、全然儲からないね」とか
ブツクサ言って2年経ったある日、営業部長の市川さん経由で
紙製品の老舗メーカーを紹介してもらい
一気に商談が成立!!!


なんと7月から文具のロフトさんで先行販売開始。
パチパチパチ。
秋頃から全国の文具店、書店でも拡販予定です。


少しだけお見せしちゃいますね。



ぎゃー!
かわえええええええええ。
失神。
アーメン。
南無阿弥陀仏。

こちらは付箋。
なかなか言えないユーの気持ち、この付箋で伝えちゃいなよ!


そんでもって、マスキングテープ。
6種類もあるんだってばよ!



この一筆箋はスリップ型で、本に挟んであるスリップみたいに使えます。
これ考えた人、天才じゃない?




本のなかで華麗に舞っていた気くばり妖精たちが
文具になってもう一度鮮やかに空を舞っています。
それはもう、水を得た魚のよう。もう一度羽の生えた蝶のよう。

ところどころに仕込んだ、ぷっと吹き出すつぶやきも
本から抜き出して、文具に散りばめています。
本を編集しているあいだ、朦朧とした意識のなか、
ときにはスタッフと、ときには一人でノリツッコミをして
つぶやきを考えていたフレーズがこうやってまたスポットライトを浴びることができて
お母さんは嬉しい……!


完成したらまたレポートさせてくださーい!
文具からも、この本の存在を知ってもらえたらうれしいな〜。





2019,06,07, Friday| 06:34 PM スタッフ日記

RSS