サンクチュアリ出版 スタッフブログ::ドラマの秋!

Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ::ドラマの秋!

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

ドラマの秋!

こんにちは。デザイナーのしんぱちです。
もう秋ですって。びっくりしますね。もう今年もおしまいです。
また何にもしないまま1年終わっちゃうな〜と悲しくなってきます。

今年何してたか?
うーーーん、テレビ見てたくらいですかね。したことと言えば。
書くことが何もないので、今期のドラマについてでも書いておきます。
一応、いま見てるドラマのひとこと感想です。
まだ見れてないドラマもあって、ヌケ落ちが少しあります。すみません。
順番に意味はないです。思いだした順です。

「本気のしるし」
今期ダントツで面白いです。「淵に立つ」「よこがお」など生きているのが怖くなる傑作映画を撮り続ける深田晃司監督によるテレビドラマです。なので間違いないです。一見誠実そうだけど社内で二股かけてるクズ男と、がさつで何を考えているのか分からないけど、不思議と男を引きつける女との泥沼恋愛劇。ドラマ然としていないゆったりして、ぬめっとした展開がいいです。森崎ウィンの陽性っぽいけど、どこかけだるい感じがすごくいい。森崎ウィンは「レディ・プレイヤー1」の“俺はガンダムで行く”の俳優さんです。最近は「蜜蜂と遠雷」でマサル・カルロス・レヴィ・アナトールという役名のさわやか全開キャラを炸裂させてました。そんなウィン以上にすごいのが、ヒロインの土村芳です。お金にも酒にも男にも、すべてにだらしなさすぎて、関わったら絶対不幸になりそうなあやうい存在。これがもう絶妙なのです。うわーこれは沼だっていう。この感じを引き出す演出のうまさ!!最高です。

「大富豪同心」
土曜時代劇です。金持ちぼんぼんが町奉行所の同心見習になるって話。生まれた時から金持ちすぎて、世間離れしていて、ひょうひょうとしてる感じが奉行所では浮きまくるのだけど、人脈が豊富だったり、人望もあって、ひ弱な男が周囲の助けで英雄的な存在になっていくって話。非力なヒーローもの設定を時代劇でやるのがけっこう新しい気がする。作りはベタな時代劇なんだけど、ワンアイデアできちんと面白くなっている。チャンバラがはじまると気絶する主人公っていうゆるい設定とか、出演者たちが恋ダンス的なのを踊るエンディング(HPで見れます)とか、ようするにクセになるヤツです。

「同期のサクラ」
いいです!これ面白い。空気を読めないまっすぐな主人公が、周囲を変えていくって話。主人公サクラが倒れて入院したところから始まって、話は彼女が会社に入社した10年前にさかのぼる。それから1話で1年ずつ時間が進んでいく作り。舞台は大手建築会社。理不尽なオトナ社会の中で、言いたいこと言って信念を曲げない主人公。そのことで周囲が少しずつ変わっていくけど、主人公自体は社史編纂室に回されたり、子会社に出向させられたり散々な目にあっていく。こういうまっすぐ生きる系ドラマはやっぱ強いです。毎回、猛烈に涙腺を刺激してきます。仕事しながら見てますが、もう途中から涙でぐっしょぐしょになって画面が見れなくなって、仕事どころではなくなると…。メインキャストが好きな俳優ばっかりで、今年主演ドラマ目白押しの岡山天音とか、みんないい仕事してます。

「俺の話は長い」
最近めっきりなくなったホームドラマで、しかも1話30分の1回2話構成という作り。会話劇というか、ニートの屁理屈こねくり回しドラマなんだけど、テンポがよくて楽しいです。個人的には清原果耶が出てるのでかなりポイントが高いです。

「リカ」
自称28歳のストーカー女が主人公のサスペンス。「28歳」高岡早紀がすごすぎます。この人って、こんなにヤバい人だったんだっけ…。とにかく分かりやすくアウト!な感じがいいです。

「グランメゾン東京」
日曜劇場フォーマット×キムタク×グルメ×豪華キャスト 全てが揃った最強布陣。これが面白くないわけがない。実際面白いです。4話目でボロボロ泣いちゃいました。弱ってるみたいです、自分。

「シャーロック」
かっこよすぎるディーンフジオカ。何でもできる万能の男ディーンを堪能できます。もうここまですごいとイヤミにすら感じないというか、人ではないものを見ている気分です。

「左ききのエレン」
スピード感がすごくいいです。石崎ひゅーいとか意外性のあるキャスティングもうまく効いてると思います。広告デザインのクオリティとか細部も嘘くさくなくていいです。

「時効警察はじめました」
ゆるみ。12年経ってまたこのゆるみを味わえるとは思いませんでした。ありがたい話です。

「少年寅次郎」
年末公開のオカエリ寅さんの前に寅ちゃんの生い立ちをしっかりおさらいしておきたい、そんな需要にこたえたドラマ。

「まだ結婚できない男」
キャスティングに不満がある人が多いみたいですが、相変わらずの感じがステキ。ずっと続いて欲しい。

「ハル〜総合商社の女〜」
心くんナイスプレーを楽しむドラマ。

「G線上のあなたと私」「4分間のマリーゴールド」
どちらもマンガ原作。同じ局だし、いつの間にか主演俳優が入れ替わっているという奇跡が起きたらいいな〜。

「相棒18」「ドクターX17」
テレ朝力!!!安定感。そしてシリーズを重ねるごとに過剰になっていくゲストてんこ盛りサービス感。

「特命刑事カクホの女2」
まさかのパート2!すっごく嬉しいです!!!

「チート 詐欺師の皆さんご注意ください」
ばっさー!ゲーム実況の合間にちゃんと女優業もやるエラさ。そしてかわいさ。たまらない。

「決してマネしないでください。」
科学うんちくが毎回けっこうためになります。

「ニッポンノワール刑事Yの反乱」
シリアスなん?ギャグなん?ある意味、楽しんでます。

「孤独のグルメ8」
飯テロが過ぎる。ロールキャベツ!!!肉汁うどん!!!殺す気か。

「モトカレマニア」
高良健吾、連ドラ久々!で、あえてこれに出る!!!!

「ミス・ジコチョー」
失敗学がテーマの事故調査もの。けっこう軽め、案外好きです。

「歪んだ波紋」
「誤報」をめぐる話。重い。マツケンと龍平。しぶい!

「ミリオンジョー」
途中から見始めたんだけど、おもろいですね、これ。最初から見ようと思います。
2019,11,14, Thursday| 09:19 PM スタッフ日記

RSS


サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS マイページ

■ニュース

■ブック
ブック
私が著者になるまで
新刊のコラム
本のソムリエ
おすすめ選書サービス無料
本のレビューを書く
■イベント
今後のイベント情報
イベントレポート
イベント動画SHOP
公式YouTubeチャンネル
■サポート
通信販売について
よくあるご質問
お問い合わせ
書店営業代行・流通代行
印刷代行
企画・原稿募集
海外自費出版サービス
本を出して欲しい人募集
パートナーズショップ
プライバシーポリシー
サイトマップ
■サンクチュアリ出版とは
会社案内
求人情報
スタッフブログ
屋上みつばち
年間購読メンバーズクラブS
スナックサンクチュアリ
サンクチュアリ出版公式note
メールマガジン登録・解除
アクセス・地図
© sanctuary publishing inc .all rights reserved このサイトに掲載している記事・画像等あらゆる素材の無断転写・転載を禁じます。