サンクチュアリ出版 スタッフブログ::I❤SONGS Little Richard

Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ::I❤SONGS Little Richard

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

I❤SONGS Little Richard

絶賛、テレワーク中の経理部 ナリです。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
最近はテレワークで自宅にいるせいかTVを見る機会が増えてきて、 EXITのかねちーに心奪われています。



さて、みなさんは哀しみと感謝で胸がいっぱいになったことがあるだろうか?
先日、私は泣きじゃくりました。そして、ほほえみました。
2020年5月9日に私の敬愛するアーティストLittle Richard(リトル・リチャード)が天国へ召されてしまいました。
骨肉腫だったようです。

はっきり言って哀しい。
同時に素晴らしい彼の音楽に感謝で溢れているのです。



★Little Richard(リトル・リチャード)

リチャード・ウエイン・ペニマン(本名)1932年12月5日アメリカ生まれ。
12人兄弟のひとりで一家は大変熱心なクリスチャンで、祖父と叔父は説教師だったようです。
兄弟でゴスペル・グループを結成していて、彼の人生は教会と切り離せないものになるのです。
リトル・リチャードは、メイコン市の公会堂でアルバイトを見つけて、そこにライブにやってくるリズム&ブルーズとゴスペルの有名アーティストをたくさん観て感動したんでしょうね。
その中でも女性シンガーに大きな影響を受けたようで、特徴的なピアノの弾き方はたくさんのアーティストからインスパイアされたのかもしれないですね。
彼は自由奔放で同じ日常生活を嫌い、しかも同性愛者だったので、父とうまくいかず14歳で、メディシンショウの一座に養子に出され、
15歳でミンストレルショウの初舞台を踏んだときからリチャード・ペニマンは、リトル・リチャードになったようです。
偉業を達成する人は色んな体験をたくさんしなければ、ダメなのかもしれませんね。


■Little Richard - Tutti Frutti [Screen Test]

■Little Richard - Lucille (1957) [Long Version, High Quality Sound]

■Little Richard - Good Golly Miss Molly** (LIVE)

■Little Richard - Lucille LIVE 1973

■Little Richard - Whole Lotta Shakin' Going On - It's Little Richard 1963

リトル・リチャード ミックスリスト


少しずつではありますが新型コロナウィルスが落ち着きを見せていますね。
弊社の社長も会社で一人ぼっちで寂しそうなので6月には元気に出勤できるのを祈りながら
手洗いやソーシャルディスタンス、三密を避けながらこの時期を乗り越えたいと思います。

2020,05,18, Monday| 02:51 PM スタッフ日記

RSS


サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS マイページ

■ニュース

■ブック
ブック
私が著者になるまで
新刊のコラム
本のソムリエ
おすすめ選書サービス無料
本のレビューを書く
■イベント
今後のイベント情報
イベントレポート
イベント動画SHOP
公式YouTubeチャンネル
■サポート
通信販売について
よくあるご質問
お問い合わせ
書店営業代行・流通代行
印刷代行
企画・原稿募集
海外自費出版サービス
本を出して欲しい人募集
パートナーズショップ
プライバシーポリシー
サイトマップ
■サンクチュアリ出版とは
会社案内
求人情報
スタッフブログ
屋上みつばち
年間購読メンバーズクラブS
スナックサンクチュアリ
サンクチュアリ出版公式note
メールマガジン登録・解除
アクセス・地図
© sanctuary publishing inc .all rights reserved このサイトに掲載している記事・画像等あらゆる素材の無断転写・転載を禁じます。