サンクチュアリ出版 スタッフブログ::「いつも」とは何か 〜猫を添えて〜

Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ::「いつも」とは何か 〜猫を添えて〜

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

「いつも」とは何か 〜猫を添えて〜

どうも、編集部の鶴田です。

このブログを書こうと近所のチェーンの喫茶店に来たところ、注文する前に
「いつものでいいですか?」
と聞かれ、はいと返事することしかできませんでした。

チェーン店で「いつもの」で注文するのめっっっっちゃ恥ずかしい…
絶対裏で変なあだ名付けられてる…

そして出てきたのがアイスコーヒー。
いやそれ“3ヶ月前”のいつもの!!
ここのところはブレンドコーヒーしか頼んでないのに!!


猫を使うだけで伸びると聞いたので、我が家の猫とともにお送りします。伸びろ。

そんなことがあって、「いつも」って何だろうと考えてしまったので今回の題材にします。
コロナ禍の今、色々なものが今までの「いつも」と変わりました。

先日の弟の成人式は中止になってしまいました。
男塾名物にも負けない松戸市名物、成人式会場でのイッキ飲みと、改造車で煽りに来る先輩が見れないなんて本当に可愛そう。
僕自身も一年前の今頃はパチンコで生計を立てていたのに、今ではちゃんと働いています。


元は友達の彼女の家に通っている野良猫の子供。車で受け取りに行ったときの弟と友人の彼女の初対面で何とも言えない空気が面白かった。

考え方や行動、興味などはいつものままだとも思います。
髪型も、読む本のジャンルも、聴く音楽もそんなに変わらない。
アレクサにいつもの曲かけてって言えば通じるくらいにはいつも同じのを聞いています。
「いつも」って楽だし落ち着くし、いいですよね。

でも仕事柄、いつもどおりに落ち着くのはよくないはずです。
興味を広げて本のネタを探さなければいけませんし、読者は新しいことを知りたくて本を買うのです。
それにいつも同じような仕事をして、飽きて仕事と熟年離婚したくないですし。
元々新しい人に会うのを面倒に感じてしまうのですが、今年は外に出ないから本当に出会いがありませんでした。
今年の目標は、いつもより人に会うです。もっとSNSとか活用していかなきゃなぁ…


よく噛んでくる。脱毛より痛いけど、かわいいから許す。

生活に変化を強いられ大変な時期ですが、過去もペストのときにニュートンが三大業績を発見するなど、色々な偉業が成し遂げられているのはこういった時期らしいです。
変化に対応して、自分から、小さいことでも新しいことをはじめてみるのもいいかもしれませんね。
例えばサンクチュアリ出版の本を読むとか。
いつもと違う道で通勤するだけでも脳が活性化されるらしいですよ(ブレインメンタル強化大全に書いてあった。本を読めばこんなことも知れる!)。
ということで僕はこのあと何かはじめます。


モフモフしててかわいい。毛の一本までかわいい。自分の毛がこれだったら脱毛してない。
2021,01,27, Wednesday| 05:53 PM スタッフ日記

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS マイページ

■ニュース

■ブック
ブック
私が著者になるまで
新刊のコラム
本のソムリエ
おすすめ選書サービス無料
本のレビューを書く
■イベント
今後のイベント情報
イベントレポート
人生を変える授業オンライン
公式YouTubeチャンネル
■サポート
通信販売について
よくあるご質問
お問い合わせ
書店営業代行・流通代行
印刷代行
企画・原稿募集
海外自費出版サービス
本を出して欲しい人募集
パートナーズショップ
プライバシーポリシー
サイトマップ
■サンクチュアリ出版とは
会社案内
求人情報
スタッフブログ
屋上みつばち
年間購読メンバーズクラブS
スナックサンクチュアリ
サンクチュアリ出版公式note
メールマガジン登録・解除
アクセス・地図
© sanctuary publishing inc .all rights reserved このサイトに掲載している記事・画像等あらゆる素材の無断転写・転載を禁じます。