サンクチュアリ出版 スタッフブログ::返品率3.6%、アメリカの出版事情について

Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ::返品率3.6%、アメリカの出版事情について

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

返品率3.6%、アメリカの出版事情について

みなさんこんにちは。
サンクチュアリ出版の市川です。
営業部長をさせてもらってます。

私は書店さんを通して読者の皆様に
本をお届けする仕事をしているのですが、
実はもう一つの顔がありまして、
アメリカにある関連会社One Peace Booksの
版権担当もやらせてもらってます。

版権担当とは簡単に言うと、
日本の別の出版社さんから
「作品を英訳して北米で出版する権利」
を買い付けてくる仕事です。


アメリカの出版社を同時に運営していると、
日本とは違った出版業界の事情がわかり
参考になることが多いです。


なぜアメリカでは発売の半年以上前に
装丁デザインと中身の概要を完成させないと
いけないのか。

なぜアメリカの書店は日本に比べて
マージンが高く、返品率が低いのか。

ちなみにOne Peace Booksの返品率は3.6%です。


アメリカはでは半年以上前に
装丁デザインと内容を完成させ、
セールスレップ(営業スタッフ)が
向こう半年のラインナップを載せた
カタログを全国の書店さんに案内します。

書店さんはカタログを吟味して
仕入れてくださいます。

もちろん返品はできますが、
売れなければ返品せずに
値引き販売することも多いそうです。

当然ですが値引き販売しても
ちゃんと利益が出るくらい、
書店さんのマージンも高いです。

日本とアメリカ、
ビジネスモデルは違いますが、
他国のやり方を知ることで、
ビジネスの視野はとても広がります。

私たちも日本で時限再販
(発売から一定期間が経つと値引きできる仕組み)
など試してみたりしました。

よかった点、反省点などありますが、
これからもサンクチュアリ出版らしく
新しい取り組みにチャレンジし、
出版業界を盛り上げていけたらうれしいです。

市川でした。
2021,04,15, Thursday| 01:36 PM スタッフ日記

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS マイページ

■ニュース

■ブック
ブック
私が著者になるまで
新刊のコラム
本のソムリエ
おすすめ選書サービス無料
本のレビューを書く
■イベント
今後のイベント情報
イベントレポート
人生を変える授業オンライン
公式YouTubeチャンネル
■サポート
通信販売について
よくあるご質問
お問い合わせ
書店営業代行・流通代行
印刷代行
企画・原稿募集
海外自費出版サービス
本を出して欲しい人募集
パートナーズショップ
プライバシーポリシー
サイトマップ
■サンクチュアリ出版とは
会社案内
求人情報
スタッフブログ
屋上みつばち
年間購読メンバーズクラブS
スナックサンクチュアリ
サンクチュアリ出版公式note
メールマガジン登録・解除
アクセス・地図
© sanctuary publishing inc .all rights reserved このサイトに掲載している記事・画像等あらゆる素材の無断転写・転載を禁じます。