【イベント動画】板垣雄吾・若林杏樹/やりやらんじゅ道場

1:54:20

個の力をつけて、生きていく。


■ イベント説明・内容

「経営者×フリーランス」によるトークショー&マッチングイベント!

これからの時代を生きていくために必要なことは何か。

個の力を高め強力な「矛」を手にし、税金知識をつけ自分を守る「盾」を身につけよう。

そしてイベントの後半にはマッチング会を開催。
自分のやりたくないことは、誰かのやりたいこと。自分のやりたいことは誰かのやりたくないこと。
「やりたい」と「やりたくない」をマッチングさせることで誰もがやりたいことで生きていけるようになる!
今回はそれを体感する機会にしていただきたいと思います。

ご来場お待ちしております。


■ こういう方はぜひご参加ください。
・自分の好きなことで生きていきたい方
・経営者、フリーランスに関わらず個人の力を高めたい方


■ その他告知

・板垣雄吾
著書『やりたくないことはやらなくていい』幻冬舎




・若林 杏樹
著書 『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが、税金で損しない方法をおしえてください!』サンクチュアリ出版 共著大河内 薫税理士


■ 出演者プロフィール



・板垣雄吾
1980年2月21日生まれ。青森県弘前市出身。
レディオブック株式会社代表取締役/CEO。二児の父。
?学在学中はバンドマンとしてインディーズデビューを果たす。
卒業後は田村潔司氏の主宰するジム「U-FILE CAMP」へ弟子入りし、プロ格闘家としてデビュー。
さらに個人事業主を経て、株式会社レディオブックを立ち上げる。
日本で初めてTSUTAYAにiPhone修理サービスを導入し、その後法人化。
2015年にオンデマンドiPhone修理ブランド「i+Remaker (アイリメーカー)」を?ち上げ、単独店舗で年商1億を達成。現在もエリアを拡大している。
また、独立希望のフリーランスを多数抱え、彼らの独立支援も行っている。





・若林杏樹
昭和63年生まれ、漫画家(フリーランス)。
元大学職員で入試広報を担当。5年間勤め脱サラ。コネなし実績なしからSNSを通じて仕事を得て、1年半で共著での書籍出版。自称「天才美少女漫画家」。趣味は麻雀。
担当書籍は、『学校は行かなくてもいい』著者小幡和樹 健康ジャーナル社 / 『ネットが面白くてナニが悪い!!』(kindle)著者永江一石 プチ・レトル など。

この動画のみを単品視聴する
1,500円