Home > ブック > くらしを豊かにする > 親とさよならする前に 親が生きているうちに話しておきたい64のこと

ブック
ご希望の本を探したり、買うことができます

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS

親とさよならする前に 親が生きているうちに話しておきたい64のこと 1

クリックで拡大表示

  1. 親とさよならする前に 親が生きているうちに話しておきたい64のこと

清水晶子(著)

2016年09月27日 発売
ISBNコード 978-4-8014-0029-0
四六判 並製 208P+別冊16P 4色 束1.4cm

価格:1,300円+税

あなたは、あと何回親と話せるだろう
「その日」がきても後悔しないために


幼いころの思い出
両親のなれそめ
感謝の気持ち
介護 お墓 お金 相続 実家の片付け

いつまでも元気だと思っていた親が、段々年を重ねてきて心配な事がちょっとずつ増えてくる。
相続やお墓、介護のことなど知っているようで、じつは何も知らない。
旅行に行って昔の話を聞いたり、出来るうちに親孝行もしたい。

いつかその日がきても後悔しないように、親が元気なうちに話しておきたい様々なことを1冊にまとめました。

別冊で “「もしも」のときに役立つ書き込み式ノート" が付いています。




親が
病気になったらどうしますか?
介護が始まったら?
認知症が始まったら?
そして、死んでしまったら?
お墓は?
遺産は?

これらの問題。手をつけられないパンドラの箱になっていませんか?
この本は、親が元気なうち(生きているうち)に話しておきたいこと、やっておきたいことがわかる本です。

親と話さなきゃいけない、決めなきゃいけない。
そんなことはとっくにわかってる!
でもなかなか一歩を踏み出せない……。
そんな人に読んでいただけたらうれしいです。





【YouTubeで視聴する】

本の感想が採用されると1000円のQUOカードをプレゼント!

おまかせ本選びサービス

ジャンル別書籍リスト

通販ランキング

RSS