サンクチュアリ出版 スタッフブログ

Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

2020年、抜きます☆

この前なんか歯が痛い気がして超久々に歯医者行ったら、親知らずと隣の歯が虫歯になってるから抜いたほうがいいですねーって、

いや

こえーよぉぉぉおおおおおお

痛くなくてすぐ終わる腕の良い歯医者知ってたら教えてください(;_;)

イベントチーム・筑田















2019,12,13, Friday| 07:21 PM スタッフ日記

バチッ!!

スタッフブログ

こんにちは。
営業部の内山です。

ここのところ朝晩、寒くなってきましたね。
私は暑いのがニガテなので、寒い方がテンション上がります。
年々風邪をひきやすくなっているのは否めないのですが、やっぱり冬の方が好きです。
(苦手な虫もいないし!)

しかし、ひとつだけ、ひとつだけ憂鬱なことがあります。
それは「静電気」
あのバチッ!がとても恐怖です。

特に布団乾燥機をかけた後、ダニとりのために布団に掃除機をかけるのですが、
これが静電気のオンパレード。
掃除機からかなり強めの「バチッッ!!!」がくるので、
その度に悲鳴を上げてます。

ためしにネットで買った静電気防止の手袋を使ってみましたが、
手袋の性能を超える電気量らしくあまり効果がありません。
仕方なく手袋をはめずに両手袋を二つ折りにし、
掃除機の持ち手に巻いて4重構造状態で使用しています。
こうすると「バチッッ!!!」
「バチッ!」くらいになるので、
まだましなのです。

日頃、夕方にスマホの充電が無くなりそうになると、
あの不快な静電気、せめてこの充電の足しになればいいのに!
いや、すでに家電量販店にあるかも! などなどこう思う日々を過ごしております。
2019,12,10, Tuesday| 11:21 AM スタッフ日記

秩父夜祭

経理部の鎌野です。


先日、秩父へ秩父夜祭を見に行きました。


秩父夜祭は「京都の祇園祭、飛騨の高山祭と並んで日本三大美祭及び日本三大曳山祭の一つ」

だそうです。


それほど遠くない場所で、そんなに大きなお祭りがあるなんて初めて知りました。


この日は仕事を早めに終わらせていただき、池袋から特急に乗り1時間半ほどで

西武秩父駅に到着しました。




朝からユニクロの『超極暖』を上下着込み、日中は汗ばみながら仕事をしていましたが

おかげで外での観覧にもかかわらず手袋をしていなくても全く寒さを感じませんでした。




4時間ほど曳山と花火観覧。今年春に買ったミラーレス一眼を持って写真を撮りました。


写真ではわかりずらいですが豪華な装飾と、ぼんぼりの灯りが美しい…。




パチリ。なかなかいい感じに取れている…と思っていましたが、

帰りがけに歩きながらiPhoneで撮った花火の写真を見てみると



「…こっちでも意外とよく撮れてる?」


せっかく買ったカメラもまだまだ使いこなせていないことがわかりました。


来年はもうちょっとテクニックを身につけてカメラを楽しみたいと思います。

2019,12,10, Tuesday| 10:28 AM スタッフ日記

おしっこガッツリもれたろう

どうも!営業部の吉田です。

先月、七五三の撮影で写真館へ行ってきました。
七歳の娘と五歳の息子のダブルパンチで、お金がヒラヒラと飛んでいきました笑。

カメラマンに誘導されながら色々なポーズを撮り進めている中、息子の表情がなんかおかしいぞ??

あれ、足下に水溜りだ!!

素敵な袴の上から、おしっこガッツリもらしてくれました。


そぉいえば、
僕も小1の合唱コンクールの時に歌いながらもらしてたなぁ〜と、苦い思い出がフラッシュバック。


ゆるい親子ですね!
2019,12,03, Tuesday| 05:28 PM スタッフ日記

今の出版社に、どうしてコミュニティが必要なのか考えてみた。

みなさんこんにちは。

サンクチュアリ出版副社長と
スナックサンクチュアリのママを
兼任している金子です。

スナックサンクチュアリとは
サンクチュアリ出版が運営する
月額100円のオンラインコミュニティです。

今年3月にめでたくオープンした
スナックサンクチュアリ。

お陰様でパトロンさんの熱いご支持を受けて
大変な盛り上がりをみせています。

登録してくれたパトロンさんの数は
なんと300人超え!

準備に半年かけて、
どうすればパトロンさんにとって
有意義なコミュニティが作れるのか?
を真剣に考えました。

スナックサンクチュアリに共感頂いた皆様
本当に有難うございます!

そもそもなぜ?
スナックをやることになったのか。

今日はそのお話をしたいと思います。

きっかけとなる事件がありました。

それはキングコング西野さんが書かれた名著
「革命のファンファーレ」を読んだこと。

この本マジで名著なんです!
私の出版人生を
大きく変えてくれた一冊なんです!

名著「革命のファンファーレ」は、
西野さんの絵本「えんとつ町のプペル」を
どうやってベストセラーにしたかを
解説したビジネス書です。

そのマーケティング手法が
とっても新しいものでした。

SNS
ブログ
Webニュース
クラウドファンディング
オンラインサロン
炎上マーケ
などを駆使して絵本をベストセラーにしていく。

これらは長い出版史において
どれも存在しなかった手法です。

20年間ずっと本をどうやって売ろうか?
を考えてきた私にとって
全てが新鮮で衝撃的なものでした。

その西野さんの画期的なマーケティングのなかに、
スナックというコミュニティ作りがあったのです。

スナックにはママが存在します。
ママを中心にコミュニティが構成されていて
お店が運営されています。

これはSNS全盛の時代に
とてもマッチしたコミュニティだという考えです。

これですよ!
これですよね!
今の出版に必要なのはこれですよ!

残念ながら本は
どんどん売れない時代になってきました。

そんな中、
良い本を作るために必要な事は
出版社独自のコミュニティだと気付きました。

いい本を作ったら、売れる。
そんな時代は既に終わっています。

だからサンクチュアリ出版が好きな人たちが集まって
飲んで騒いで一緒に読みたい本を作っていく。

これがサンクチュアリ出版の新しい
カタチなのではないかと思っています!

つまりスナックサンクチュアリから生まれる一冊が
新出版時代の幕開けなのだと考えているのです!

少々ヒートアップをしてしまいましたが、
これがスナックサンクチュアリを始めようとしたきっかけです。

またパトロンになると
本作りを一緒に出来るだけではありません。

本が貰えたり、
ニューヨークのお土産が貰えたり、
お得な特典も満載ですので
ぜひ皆さん登録してくださいね。

月額100円スナックサンクチュアリ
https://www.sanctuarybooks.jp/snack/

それと本家スナックキャンディママの小谷さんとの対談もしています。
YouTubeインタビュー
https://www.youtube.com/watch?v=oQ6IRcHKwKc&t=174s


2019,12,03, Tuesday| 04:44 PM スタッフ日記

シーズンオフ

営業部の加藤です。
12月ですね。今年もあっという間でした。

先日はジャイアンツのファンフェスタに行ってきました。
ファンフェスタとは選手と写真を撮れたり、選手とハイタッチしたり、選手とキャッチボールをしたり…と
いわゆる選手とファンの交流イベントです。

普段遠い観客席から見ている選手たちがもうすぐそこに!!!
終始テンション上がっていました。

イベント後半には阿部慎之助選手の引退セレモニーがありました。
3人のお子さんと手を振りながら場内を一周する姿には涙腺が緩みました。
盛り沢山のイベントでした。

今年の前半は首位を独走していましたが後半に大失速。
何とかリーグ優勝したものの日本シリーズでは1勝もできずに終戦。
振り返ってみれば色んなことがありましたが最後まで楽しませてくれたジャイアンツには感謝しかありません。

来年こそは日本一に!!!



2019,12,02, Monday| 07:38 PM スタッフ日記

この世で一番ムダなお金の使い方

宣伝チームの岩田です。
最近うちの息子(5歳)が、ゲームセンターにハマってしまいました。

夫が元ゲームオタクで、ゲームにハマりすぎて身を持ち崩す様子をこれまで何度も目の当たりにしてきたので、(現在は強制停止中) なるべく息子にはゲームをやらせたくない…と自宅にゲーム機器は一切置いてないのですが、ショッピングセンターや映画館に行った帰りにちょこっと寄ったりしているうちに、だんだんハマってきて、週末になると
「今日どこ行きたい?」
「ゲームセンター!」
と言うようになってしまいました…。

ところで、皆さんは最近ゲームセンターに行きましたか?
昔と違って、100円ではなく200円、300円払わないとできないゲームが増えており、UFOキャッチャーなどはバリエーションがものすごいことになっています。
おかげで、ひとたび店内に足を踏み入れるや、えげつないくらいにお金がびゅんびゅん減っていきます。

特にムダだな〜と思うのがUFOキャッチャー。
昨日は、アナと雪の女王のフギュアをGETしようと、夫がやっきになって3000円ほどお金を突っ込んでいましたが結局GETならず。
というかGETできたところで、ぬいぐるみだの人形だのはもうおもちゃ箱に入り切らないほどあるのでぶっちゃけいらない…。

いらないよな〜…と思いつつ「もう○○円も使ったんだから、ここでやめたら損」という心理が働きどんどんお金を使わされてしまうのです。
この世で一番ムダなお金の使い方=UFOキャッチャー で浪費することだと思うのは私だけでしょうか。
虚しさしか残らないのでやめさせたいのですが、夫のゲーマーの血が息子にも流れているのでしょうか…。
もういっそのこと、ゲーム機を買ってあげたほうが経済的なのでしょうか…。

それにしても最近の子たちはゲームばっかりやっていますね。
うちのマンションの子たちも週末、午前中に我が家が出かけるときにエントランス付近で集まってゲームをしてるな〜と思っていたら、夕方に帰宅したときも風景が全く変わっていない、なんてことがしょっちゅうあります。

子供たちには、ゲーム以外の楽しさも知って欲しいな〜なんて思ってしまいます。
先日、会社でBBQをやった際に昔懐かし、「割り箸鉄砲」を作って持っていったところ、子供たちがハマって何時間も遊んでくれて嬉しかったです。
こういうレトロな遊びは、自分でゴムの位置を調整して工夫したりできるのが良いんですね。
既成品だと、自分で工夫したり改良する余地がないですから。

写真は的として用意してきた紙コップを、大人は何も指示していないのに自分たちで工夫して並べている様子。


まだ5歳の息子。
あと何年かしたら、ゲームを買って欲しい息子VS買いたくない母の、仁義なき戦いが待っているでしょう。。。
せめて、小学校に入るまではもっといろんな楽しい遊びを体験させてあげたいと思う母です。
2019,11,25, Monday| 10:21 AM スタッフ日記

RSS