サンクチュアリ出版 スタッフブログ

Home > スタッフブログ > サンクチュアリ出版 スタッフブログ

サンクチュアリ出版スタッフの日記です

くすぐったいのは、最初だけ。

どうも!営業部の吉田です。

家の近所にある床屋に通い出して3年が経ちました。
毎月行ってるのですが、その床屋の良いところは、上手い!早い!安い!
そして最新機種のオートシャンプー!


(↑顔部分に丸いカバーが付きます)

毛穴の奥深くまで綺麗になっている感覚があり、僕はもうこの刺激の虜です。


【オートシャンプーの良いところ】
キューティクルの保護効果
抜け毛防止・育毛効果
皮脂を強力に除去

らしいです。

オートシャンプー機器の歴史は、かれこれ30年近く経つようですが、
改良に改良を重ね、現代の機種は素晴らしいクオリティです!
(昔の機種を体験したことないですが)

みなさまも、ぜひお試しくださいませ!
2020,01,27, Monday| 08:07 PM スタッフ日記

ねんざ。

こんにちは。
総務部の尾島です。

年末、転びました。。。
夜道でちょっとした段差に気づかず、バランスが取れなくなったのです。
派手に転ぶというよりは、静かにフワッと崩れ落ちました。

そして、左手首と右足の甲を負傷、、、 「ねんざ」です。(たぶん...)
どちらも黒に近い真っ青な痣ができ、見事に腫れ上がりました。

まさかあんな静かな転び方で、こんなにダメージを受けることになるとは思いませんでした。

しかも、運悪く年末。
病院?救急?と、どうしようか迷いましたが、足の甲や手首の痛みはあっても指先が動かないとか痺れるとかはなかったので、ひとまず、湿布を欠かさないようにして、できるだけ動かさないように過ごして様子を見てみようかということに、、、

とはいえ、両手首の太さの違いがあまりに大きくて、おデブちゃんになった左手首を見るたびに

「ずっとこのままだったらどうしよう ... (´・ω・`)」

と、日々密かに落ち込んでいました。

約1ヶ月後の今はというと、手も足も痣は消えました。
足はなんともありません。
まだ若干太めの左手首は回復に向かっていたのですが、1週間ほど前に、落としそうになった食器を慌ててかばおうとしたときにまた捻ってしまったらしく、新たな痛みがジワジワと、、、

会社に湿布&ネット包帯をしていくと目立って恥ずかしかったので、それまでは昼間は湿布を我慢していたのですが、さすがにキーボードを打つのがちょっと辛くなってきたので、とうとう会社での湿布を解禁しました。


ということで、、、
周りのみなさん ごめんなさい!!
すれ違いざまに 『スーーーッ』 とした香りがしたら、犯人は私です。

もうすぐ治る(と思う...)ので、もう少しだけお付き合いください。。。

そして、くれぐれも夜道の足元には気をつけてくださいね。
ちょっとした段差、侮れません... (ToT)



2020,01,27, Monday| 06:29 PM スタッフ日記

目の充血!放っておくと大変かも!?

総務部の田中です。

先週1週間会社をお休みすることになってしましました。

元をたどると、2週間前に左目の充血とまぶたの腫れが発生しました。

これまで充血するとはあってもまぶたが腫れたりしたことがないので「只事ではない!?」と思い眼科を受診しました。
診察結果は「結膜炎」とのことでした。抗炎症作用の目薬を処方してもらい様子見となりました。(1月16日)

翌日はいつも通り出社して、普通に仕事して帰宅。もちろん充血と腫れで目は痛い。(1月17日)

土日はいつも通りでした。掃除したり買い物したり。もちろん充血と腫れで目は痛い。(1月18日~19日)

16日に診察してもらってから症状が改善するどころか、まぶたの腫れがひどくなり、自慢のパッチリお目々が普段の3分の2くらいしか開かなくなってきました。
痛みも増してきて辛くなってきたので、月曜日にお休みをいただき、再び眼科で診察してもらったら「ヘルペスかも。一応皮膚科でも診察してもらって」と言われたのでそのまま皮膚科へ。
皮膚科の診察結果は「これはヘルペスじゃないよ」の一言。。。細菌感染で可能しているようなので抗生物質を処方してもらう。
その足でさっきの眼科に戻って↑を伝えると「そうでしたかー。別の目薬出しておきますね」で終了。
ついでに右足の股関節付近が年末から痛かったので整形外科に行ったら「椎間板ヘルニアですね」と。股関節の異常じゃなくて良かった!

そして変化はこの夜に起きました。
激しい頭痛が発生。寝ても起きてもずーっと痛い。こめかみの辺りを強く鷲掴みされているような感覚とでもいいましょうか。
痛みで一睡もできないのは10数年前に最初の椎間板ヘルニアやったとき以来でした。(ここまで1月20日)

とりあえず朝まで我慢して、熱を測ってみると37.5分(平熱+1度)。食欲なし、寒気あり、頭痛あり、目が痛いとかなり最悪な状態。
左目の腫れもますますひどくなり3分の1くらいしか開かない。
仕事ができる状態じゃないのでお休みをいただき、鼻の奥も痛いので念の為に耳鼻科へ。
耳鼻科へ行くだけでも相当辛い。家の近くになかったのでバス移動です。
花粉シーズン前のためか受付からすぐ診療してもらえることに。。。結果は「軽い鼻炎かな」程度の症状でした。
でも、痛みを訴えたらロキソニンを処方してもらえたのは幸いでした。
頭痛はロキソニンでかなり緩和できました。(でも目の痛みには効果が薄かった)
この頃には食欲がほとんど無くなる。奥さんに買ってきてもらったポカリとかプリンでなんとか栄養補給。
ロキソニン飲んでも結局ほとんど眠れず翌朝に。(ここまで1月21日)

もう今週の出社は無理と諦めて金曜日までお休みをいただくことに。
家のすぐそばに眼科が開業していることを発見したので、改善の可能性に掛けて診療してもらうも、やはり「結膜炎ですね」。
幸いウイルス性のものでは無いようなので周りに移してしまう危険はなさそうなので一安心。
目に直接塗る抗炎症の軟膏を処方してもらう。これを入れると左目がボヤーんとしてよく見えない。
体調悪過ぎでスマホどころかテレビすら見る気が起きないのであんまり関係なし。
この軟膏の効果かはわからないけど、頭痛がかなり改善されて少しずつ眠れるようになってきたのは幸いでした。
でもまだ微熱は続いているので、ひたすら体を休める。(ここまで1月22日)

翌朝、頭痛はほとんどなくなりました!
あーなんという快適な気分。目は腫れているし痛いけど。
これまでの分の睡眠をとりひたすら体力の回復に努める。
久しぶりに普通の晩ごはん(お米と肉豆腐)を食べることができた。(1月23日)

更に次の朝、微熱も平熱にもどり、前日ほとんど寝てたので体力がかなり戻ってきたのを感じる。
月曜日からほとんど一切仕事していなかったので、リハビリを兼ねて朝から自宅作業することに。(テレワークバンザイ)
ちょっとだけのつもりだったけど、結局フルタイムで作業できたので、翌週から本格復帰できると確信。
目の痛みはかなり治まって、腫れも引いてきて、3分の1→3分の2まで開くように。
晩ごはんは、我家の定番スパイスカレー。料理もできるようになってきた。(1月24日)

土日はいつも通りでした。掃除したり買い物したり。車の運転もできるほどに改善。(1月25日~26日)

で、今日から出勤しています。(1月27日)


何が原因で結膜炎になり、そして劇症化したのかは結局不明です。
ですが、目の充血とまぶたの腫れを見つけたら早急に眼科検診することをオススメします。
ヒドくなってからだと回復にも時間がかかってしまうかもしれませんよ!?

私以外の方がこの苦しみを味わうことがありませんように。
2020,01,27, Monday| 06:16 PM スタッフ日記

大晦日の高尾山

みなさんこんにちは。営業部の市川です。

年末年始休暇、みなさんはどんな過ごし方をされましたか?

私は12/31、朝から友達ファミリーと11人で高尾山に登ってきました。
子供6人のプチ遠足です。

昼に登り、降りてきてからちょっと早い年越しそばを食べようと思っていたのですが、
せっかくだから山頂で自分たちで茹でた方が子供も喜ぶだろうということになり、
カセットコンロとお蕎麦グッズを持って山頂へ。

ザルがなかったので、汁に乾麺をそのまま突っ込んで煮込むという豪快料理でしたが、
紙コップで食べた少ししょっぱいお蕎麦は、大人も子供に忘れられない思い出になりました。




2020,01,27, Monday| 11:21 AM スタッフ日記

あさぽんが好き。

こんにちは。営業部津川です。

皆さんは好きな調味料ありますか?

わたしは「旭ポンズ」が好きなんです。
ご存知でしょうか。

大阪の旭食品さんというところが製造されているポン酢です。
関西のかたにはポピュラーかも。

一般的なものよりちょっとお高めではあるのですが、
柑橘感がちょっと強めで、味わいが深〜い感じの味です。
見た目も好きな雰囲気です。

我が家では勝手に「あさぽん」と呼んでます。

以前「探偵ナイトスクープ」で、
イギリスの方が旭ポンズが大好きで、
そのまま飲んだり、焼酎で割ったりしてたのを見まして、
どれほどなのか気になって買ってみてから、
いまや「冷蔵庫にこれがないと!」というくらいになりました。

流石に飲みませんけど。

やっぱりお鍋が一番ですが、唐揚げにかけたり、サラダにかけちゃったりしても美味しいです。

歳を重ねるごとにお鍋が美味しくなりますよね。
個人的には毎日鍋でいいです。


2020,01,23, Thursday| 02:48 PM スタッフ日記

建築と読書

総務部の赤嶺です。

学生の頃から絵画やインスタレーション・書道などを観るのが好きで最近は建築にはまっています。
抽象画やインスタレーションのようなふわふわした感じを経て(観てきて)なんとなくでは成立しない建築に魅入るというのはこれまで観てきたものの味わいも深まりとても有意義で心地のいいものです。

昨年観た建築物を紹介させていただきます。


【直島町立 直島小学校】



石井和紘の処女作。これが高く評価され直島町の公共施設を一手に任されます(「直島建築」)直島へは瀬戸内国際芸術祭目当てで行ったのですが直島町の公共施設はなぜこんなに研ぎ澄まされているのだろう?
安藤忠雄さん(直島の建築に結構携わっている)の作品ぽくないのにと思っていた矢先直島小学校をみて震え思わず調べてみるとどれも石井和紘さんの作品でした。保育園も中学校も傑作です。


■瀬戸内国際芸術祭と本屋さん■

瀬戸内国際芸術祭の旅ではまず出発前に品川駅の新幹線改札内にある『 三省堂書店 品川駅店』さんへ、岡山を経由したので『本の森セルバ』へ。サンクチュアリ出版の拡材(POPやパネルなど販売促進ツール)をいろいろと使用いただいていて感動しました。この時『本の森セルバ』さんの店舗を全て制覇しましたが、後日『本の森セルバ ブランチ岡山北長瀬店』さんがオープンしたのでお盆の帰省に併せて訪問しようとしましたが吉備路文学館の休館日にぶつからないよう『今井ブックセンター』さんがある島根に立ち寄っていたら台風にぶつかり急遽京都まで戻り京都書店巡りをしました。
京都ではまだ逃げ足りておらず風で日傘が逆さまに曲がる中お昼過ぎまでとリミットを設けての書店巡りでしたが念願の『ホホホ座 浄土寺店』さん、『京都天狼院』さんに訪問することが出来ました。その後年末年始の帰省の際に『本の森セルバ ブランチ岡山北長瀬店』さんにも訪問出来ました。
台風であまり巡れなかった京都の書店さんも11~12月に美術館「えき」KYOTOで開催されたtupera tuperaさん(木を使った作品シリーズがmille booksさんから出ています『WONDER WORLD tupera tupera wood works』)の展覧会に行った際に巡れました。

直島で書店は見つけられませんでしたが小豆島では『宮脇書店 マルナカ土庄店』さんへ、わたし史上多分きっと最初の島の本屋さん、感動しました。高松『宮脇書店 総本店』さんの風格にはやられちゃいますね。ぞくぞくしました。観覧車がある本屋さん(現在観覧車の営業は終了)。本を購入すると乗車券を貰えたのでオープン当初から通っている『ジュンク堂書店 池袋本店』さんで観たパネル展で興味を持ったライツ社さんの本を購入し観覧車に乗りました、とてもいい思い出。




【旧岩手医学専門学校附属岩手病院診療棟 】



岩手病院を宮沢賢治初恋の地と位置付けるだけでは非常に勿体ないです。
東京駅を設計した辰野金吾と建築設計事務所を共同経営した葛西萬司が設計しています。

辰野金吾と葛西萬司が共同設計した岩手銀行赤レンガ館(旧盛岡銀行本店本館)を楽しみに岩手に向かいましたが岩手の建築物で1つ挙げるなら葛西萬司が設計した盛岡信用金庫本店(旧盛岡貯蓄銀行)も息を飲みましたがそれでもダントツで岩手病院診療棟です、惹き込まれました。

佐藤功一設計の岩手公会堂は見学ツアーにも参加し現在は公開されていない場所にも立ち入れ、ってことは現在ではあり得ない角度の階段を登るわけで現在進行形で筋肉痛になる体験までくらわせていただきました。
東京を出る前は辰野金吾が手掛けた東京駅を眺め、東京に戻って最初の週末、佐藤功一設計の日比谷公会堂を拝んで岩手建築と書店巡りの旅完結。


■岩手 建築と本屋さん■

旅の本は『ジュンク堂書店池袋本店』副店長 田口久美子さんの『書店繁盛記』、サイン本です。岩手では『さわや書店』さんで長江貴士さんがさわや書店時代に書いた『書店員X: 「常識」に殺されない生き方』を購入。
さわや書店のエプロンで作った限定ブックカバーはなかったけれど、『浅沼醤油店』と『さわや書店』が開発した『減塩新書 いわて健民』は手に入りました。『東山堂』さんでは絵本でみていた人気者とハイタッチ、童心に返りました。『ブックスアメリカン北上店』さんに行ったらここにも観覧車があってビックリ(書店さんがあるアメリカンワールドさんが運営している観覧車でした)とても綺麗でした。

岩手旅の話は10年前からありました。
友だちの療養旅に着いて行くもので友だちが療養を終えるまではひとり。
全都道府県を巡りたいからとりあえず同行したいと言った10年前のわたしに建築と本屋さんの旅をしてますよと語りかけました。



建築といえば

春の『インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史』未完成の建築にも物語がある。監修された五十嵐太郎さんと館長の建畠晢さんのトークは建築家の人となりも知ることが出来る興味深いお話でした。
夏の板橋区立美術館(設計:村田政眞)リニューアル記念の建築に焦点を当てたシンポジウムも素晴らしい構成でした。
秋に国指定重要文化財に認定されたばかりの神奈川県庁舎を見学出来たのも良かった。
冬に観た設計:安田臣・大分市庁舎/設計:辰野金吾・大分銀行赤レンガ館も凛々しかった。



■佇まいが素敵☆な本屋さん■

群馬県:『天華堂書店』さん
東京都:『書泉グランデ』さん、『蔦屋書店 多摩永山店』さん
神奈川県:『進行堂書店』さん
長野県:『王様屋 坂城店』さん、『平林堂書店』さん、『タカノ書店』さん、
『栞日』さん、『BOOKS & CAFE NABO』さん
静岡県:『江崎書店 富士店』さん、『あおい書店 富士店』さん
福岡県:『やず本や』さん



■本屋さんが入居しているビル■

京都『メリーゴーランド』さん
壽ビルディング
登録有形文化財

静岡『BOOKS AND PRINTS』さん
KAGIYAビル
50年代建築をリノベーションしたクリエイタービル
(訪問したらお留守でした)

東京『丸の内リーディングスタイル』
KITTE丸の内
設計:三菱地所設計/内装環境デザイン:隈研吾


まだまだ、まだまだ
訪問したい本屋さん、建築物がいっぱい
まだまだ旅の途中といった感じです。


続き▽
2020,01,23, Thursday| 11:58 AM スタッフ日記

空手

イベント担当 山口です。

うちの子は空手を習っている。

時間があれば練習に付き合っています。

格闘技とは無縁な私ですが

一緒にやる練習はとても充実した時間。

トレーニングの道具がどんどん増えてしまったが

大変満足です。

2020,01,20, Monday| 02:54 PM スタッフ日記

RSS