Home > ブック > 自分を変える > 手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

ブック
ご希望の本を探したり、買うことができます

サンクチュアリ出版 年間購読メンバー クラブS

 
手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法 1

クリックで拡大表示

  1. 手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

ミニマリストしぶ(著)

2018年05月07日 発売
ISBNコード 978-4-8014-0051-1
四六判/224P/束16mm/並製

価格:1,200円+税

最小限の生活コストを知り、自由な時間としがらみのない人間関係を手に入れる! 新世代ミニマリストが教える50のコツを公開!


最小限のお金で生きて
最大限の自由を手にする

月間100万PVの超人気ブロガーが教える、本当に豊かな人生を送るための「手ぶら」のススメ。

◎コテンンツ例
【第1章 暮らしを自由にする】
・四畳半ワンルームに家賃2万円で住む
・床で寝る
・月7万円で暮らす

【第2章 物を自由にする】
・財布は持たない
・「限定物」ではなく「定番物」を買う
・出口戦略を考えて買う

【第3章 体を自由にする】
・「1日1食」で生活する
・食欲を「腸」でコントロールする
・中毒性のある食べ物を避ける

【第4章 時間を自由にする】
・自分の時間を幸せにしてくれるものを選ぶ
・荷物はコンビニでしか受け取らない
・「物の消費=時間の消費」であると知る

【第5章 思考を自由にする】
・大切な1%のために、100%集中する
・「お金・時間・空間・管理・執着」の概念をなくす
・「顔がわかる人」からの情報を手に入れる

【第6章 人間関係を自由にする】
・60万円以上は貯金しない
・「恩の奴隷」にならない
・利益をもたらす人間としか付き合わない



編集者のコメント
「あれを買わなきゃ、あれを食べなきゃ、もっと稼がなきゃ……」
それらの望みは、本当に実現したいものだろうか?

「人からよく思われたい」「恥ずかしい思いをしたくない」という「見栄」によるものではないだろうか?

見栄を捨てないまま、自由になることはない。
見栄を張るためにお金を稼ぎ、ほしい物を手に入れたらすぐ「もっと上」の欲望が湧き起こる……。

ミニマリストしぶが、お金をかけて「強調」するものは3つ。
「健康」「能力」「時間」を伸ばす物だけ。
家やファッション、持ち物で見栄を張ることは、絶対にしない。

「なににお金を使い、なにに使わないか」を決めることは、「自分にとってなにが幸せか」を知ること。

あなたという存在を飾り立てる、余計なお金や物はいらない。
手ぶらでいこう。

この書籍のレビュー

総合評価 ★★★★☆ 4.2

レビューを書く

もも
評価 ★★★★★ 5.0
投稿日:2018/05/09
身軽さを追求して、しがらみを捨てることがミニマリストの醍醐味!
以前からブログを読んでいて、この度出版されるとのことで、とっても楽しみにしていました。
ブログで触れた内容もありましたが、より深く書かれていて、飽きることなく楽しめました。
物だけ手放し原始に戻るミニマリストではなく、時代の流れに乗って便利なシステムを導入し、生活の時間と手間も省くのが、しぶさんの良いところだと思います。
知らなかった新しいサービスもたくさん紹介されていましたので、どんどん前に進むために参考にし、ぜひ取り入れたいです。
ももさん、とても分かりやすく要約してくださってありがとうございます!
物の取捨選択をして時間を生み出すという考え方は私も目から鱗でした!
広報部 南澤香織
返信日:2018/06/06
レビュー
評価 ★★★★☆ 4.0
投稿日:2018/05/15
感想
収納のための収納用品を持たないという考えはこの本を読む前からあったけれど、収納と持ち運びの両方を兼ねての方法は新しい発見ですぐにでも家にある物で実践したくなりました。好きではなく、大好きな物を選ぶ方法や100の大好きリストで可視化するというのも面白かった。すぐに100個書き出してみたら私には100個も無いことが分かり自分自身の新しい発見でした。この本の中で紹介されていた本も何冊か読みたいと思う本もでき、最後まで楽しく読むことができました。ありがとうございました。
ありがとうございます!
早速100個書き出したなんて!ただ実際自信をもって大好きと言えるものってそうないですよね^^;
それでも自分自身を見直すとても良いきっかけになるので、ぜひ今後も続けていってください★
広報部 南澤香織
返信日:2018/06/14
レビュー
評価 ★★★★☆ 4.0
投稿日:2018/05/25
感想
色んなミニマリストの方の本は読んでいますが男性ミニマリストの方のは初めてでした。考え方とかもすごくシンプルで自分が色んなことに躊躇していることってすごくつまらないことなんだと思えました。小さなことからにはなると思いますが、この本を読んでしぶさんみたいにやりがいを持って毎日過ごせるような人になりたいなと思いました!購入して本当に良かったです。
ありがとうございます!
やはりミニマリストは女性の印象が強いですよね。
文中にあるしぶさんの言葉で「悩む暇があったらさっさと買う・捨てる」という言葉は私も日々の買い物で意識するようになりました!
この本でレビュアーさんの生活がより素晴らしいものになることを願っています^^
広報部 南澤香織
返信日:2018/06/08
レビュー
評価 ★★★★☆ 4.0
投稿日:2018/05/25
感想
手にとったきっかけはタイトルを見て少しでも楽に生きたいなと感じたからです。特にミニマリストになりたい!!という気持ちで手にとったわけではありません。しかし、びっくりするくらい意識が変わりました。時間やお金、人間関係...大切なものを見極める。私はただの主婦でミニマリストでもありませんが、いまいちど自分、家族を振り返る良いきっかけになりました。自分が家族が幸せに暮らすために行動にうつしたいと思います。ありがとうございました。
ありがとうございます!
びっくりするくらい意識が変わりましたという、その言葉がとても嬉しいです!
ミニマリスト=物がない人という風に考えられがちですが、考える、意識をもつということが何より大切だと私もこの本で学ばせてもらいました。
今後暮らしに変化があれば、ぜひ教えてくださいね^^
広報部 南澤香織
返信日:2018/06/06
レビュー
評価 ★★★★☆ 4.0
投稿日:2018/05/30
感想
「頑張って節約しましょう」という単純なことではない。私はこの本を読んでその買い物は誰のため?その時間の使い方は誰のため?自分のためになっていただろうか?と疑問を持つことを覚えた。お金、モノ、時間、人間関係、思考、行動を考える良いきっかけになった。
感想ありがとうございます!
単に「しない」「買わない」ではなく、自分軸で考える習慣をつけると、自然と必要なものだけでかたまりますよね。
私も流されず、意識するように努めます!
広報部 南澤香織
返信日:2018/06/06
本の感想が採用されると1000円のQUOカードをプレゼント!

おまかせ本選びサービス

ジャンル別書籍リスト

通販ランキング

RSS